赤ちゃんとママの1か月検診へ先輩ママからのアドバイス。早めの準備で不安を解消!

1ヶ月検診

そろそろ1か月にもなると家に赤ちゃんがいる環境にも慣れてきている頃ですか?

ママの体調も徐々に回復してきているのではないでしょうか。

出産直後は歩くのが精いっぱいだったのがすたすた歩けているのでは?

そんなママの体調と赤ちゃんの体調を診る大切な1か月検診があります。

これは、必ず受けるものです。

ママ、赤ちゃんともに少しでもスムーズな検診になるように、こちらでまとめていきたいと思います。

ぜひ、参考にしてくださいね。

検診の日程はいつ?

検査の日程

検診の日程ですが、退院時に医師や看護師と決めることが多いようです。

忘れないようにカレンダーなどにメモしておきましょう。

日程を自分で決めるわけではないので、そんなに時期は気にしなくてよいでしょう。

ですが、もしやむを得ない事情で日程変更したい場合はなるべく早く病院に電話しましょう。

日程を変えてくれますよ。

 

どこで受けられるの?

大体、産んだ病院で受けることが多いようです。

私もそうでした。

知っている医師や看護師がいて、安心ですよ。

 

気になる検診の費用は?

検査の費用

こちらは、自治体や病院によって違います。

病気ではないため、保険がきかないのです。

その自治体の補償があるかないかで金額は大きく違ってきます。

赤ちゃんの補償は出るところが多いみたいですね。

検診時は、念のため、多めにお金をもっていくと良いかと思います。

そして、検診の結果にもよりますが、診察をすることもあります。

そうなると保険証が必要になってきます。

保険証や乳児医療証は早めにとっておきましょう。

もし間に合わなければ、その場は自費になってしまいますので、電話で日にちをずらすか、自費で一旦支払いをし、のちほど保険証を提示して、差額分の金額を返却してもらいましょう。

 

検診はどんな内容なの?

検診の内容

検診は赤ちゃんとママの健康状況をチェックするものです。

これにより、ママは入浴やパーマ、夫婦生活など日常生活に戻ることができます。

病院によっては別々の日に検診がおこなわれるところがありますが、ほとんどが一緒に受けます。

体の負担を考えての日程でしょう。

一緒の検診ですと、ママの検診の際、看護師さんが赤ちゃんを見ていてくれます。

ですが、それが心配なときは、パパやおばあちゃんなど一緒に連れていくと良いでしょう。

①内容

【赤ちゃん】

・体重・身長・頭囲・胸囲の測定
・モロー反射をはじめ、原子反射のチェック
・先天性の病気の有無
・斜視や視覚の異常の有無
・股関節脱臼の有無
・黄疸の程度
・乳児ビタミンK欠乏性出血症を防ぐためのK2シロップ
・母乳やミルクの摂取量や睡眠、排泄などの問診チェック

【ママ】
・尿・血圧・血液検査
・体重測定
・子宮の状態を確認するための内診
・悪露の量や状態チェック
・母乳の場合はおっぱいの状態チェック
・不安な事や気になることの問診

こちらにあげたものは、一般的な内容ですが、内容は病院によって違ってきます。

これだけのことをしますので、かなり時間がかかります。

それはあらかじめ覚悟しておいててくださいね。

②持ち物

・母子手帳
・診察券
・保険証(ママ、赤ちゃんの分)
・乳児医療証
・自治体で配布される乳児健診無料券
・現金(多め)
・赤ちゃんの着替え(最低でも一式)
・おむつ、おしりふき、ビニール袋(多め)
・授乳用品(授乳ケープ、ミルク、お湯)
・ガーゼやタオル、バスタオルなど

こちらも基本的な持ち物ですが、病院によっては違うかもしれませんので、ご確認お願いします。

赤ちゃんの着替えは何枚あっても足りません。

うちの子はげっぷが出なく、ミルクを吐くのが日常でした。

なので着替えは多めに持っていきました。

そして便利だったのがタオルハンカチです。

これは、枕代わりにもなりますし、汚れをふくこともできます。

また、ポッケに入るので荷物にならず、サッと取り出せますよ。

そして、ママの水分も持っていきましょう。

病院は乾燥し、暑いです。

病院で買うこともできますが、いつ呼ばれるかわからず、しかも赤ちゃんがいるため手が離せないと思います。

あらかじめ用意しておきましょう。

 

早めの準備で、余裕をもって検診にのぞみましょう

検診は疲れる

生まれてから初めての長時間のお出かけになる方も多いと思います。

育児で睡眠がとれていない中、病院に行くのはつらいものがありますが、病気が発見されることもある大事な検診です。

早め早めの行動を心がけましょう。

焦るといいことがありません。

事前に準備し、持ち物を確認しておきましょう。

私もそうでしたが、一人で行く方はすごく不安だと思います。

ですが、大丈夫です。

周りはみんな同じ気持ちですよ。

看護師さんも、そんな私たちの気持ちを理解し、優しく答えてくれます。

何か困ったことがあったら、遠慮せずに看護師さんに伝えましょう。

無理せず、安全に検診を受けることができるよう、少しでも参考になると嬉しいです。







1ヶ月検診