おめでとう! やっと1歳?まだまだ1歳? 赤ちゃんの成長は止まらない!

1歳の誕生日

お疲れ様です。
ようやく1年経ちましたね。

もしかするとあっという間でしたか?

生まれたての写真を見るとすさまじい成長が目に見えてくるかと思います。

ママも大変な時期を過ぎ、ホット一息つける頃ではないでしょうか。

ですが、まだまだ赤ちゃんの成長は止まりません。

そんな赤ちゃんの1歳の特徴をまとめてみました。

この時期の特徴

身長・体重

男の子は身長70~79.5cm、体重7.5~1kg。
女の子は身長68~78cm、体重は7~10.5kgほどになります。

あくまでも目安なので気持ちを大きくもっていきましょう。

しつけ

この頃から徐々にしつけをしていきます。

もう赤ちゃんは言葉を理解しています。

行動範囲が広がることで悪いこともたくさんします。

危なさを教えるためにもしつけは大切です。

注意するときは真剣に向き合い、低いトーンの声でダメと伝えましょう。

目を見てしっかりと言うことで伝わり、理解することができます。

ただし、繰り返すことが重要です。

1回では理解できないかもしれません。
何度も冷静にしつけるのがコツです。

歩き

つかまり立ちから徐々に手を放し1歩ずつ歩くようになります。

嬉しい第一歩ですが、同時に急に足の力が抜けたようにガクッと転ぶことがあります。

机にあごや頭をぶつけることも多くなります。
うちの子もそうでした。

なので、テーブルの周りや角は保護していました。

ちょっと邪魔でしたが、けがを防げると思えばどんとこいです。

歩くことで靴も必要になってきます。

選び方としては、足のサイズもそうですが、形に合っているかを見ます。

うちの子は、足の甲が高かったのでサイズがあっていても入らないことが多くありました。

靴によって履きやすくなっているものもありますので、よく足にあてて選んでください。

個人的にはテープを外すとガバっと大きく開くタイプがおすすめです。

履かせやすく、脱がせやすいです。

睡眠時間

昼間も活発に動く為、夜もぐっすり寝てくれることが多くなります。

お昼寝も1日1回で2時間以内に収まるようにしましょう。

それだけでぐんと夜寝やすくなります。

夜泣きをしてしまう赤ちゃんもいます。
うちもそうでした。大変ですよね。

これは、夢を見たり昼の記憶がよみがえり刺激をあたえているためかもしれません。

どちらにせよ、ママのぬくもりを求めています。

近くによってトントンするなどスキンシップをしてあげましょう。

ぬくもりに安心して寝付いてくれますよ。

言葉

色々な言葉も覚えてきます。

「マンマ」や「ブーブ」など簡単な言葉を1・2個言えるようになるでしょう。

たくさん話しかけてコミュニケーションを図りましょう。

そうすることで言葉を覚えていきます。

1歳になると上下の歯が生えそろっている子も増えてきます。

離乳食も大人と同じ形状になってきているので歯磨きは十分にしてあげましょう。

ですが、嫌がる子もいます。

そんな子は、歌を歌いながら、話しかけながらするとよいでしょう。

気持ちをそらすと意外とスムーズにできますよ。

終わったら存分にほめましょう。

そうすると次回はすんなりとさせてくれるかもしれません。

離乳食

1歳にもなると、卒乳する子も出てきます。

無理やりする必要はありませんが離乳食中心の生活にしましょう。

おやつとして牛乳をあげるのも手ですね。

1日3回、大人と同じように食事をとります。

かむことは難しいですが、噛むことを覚えさせるためにも徐々に硬くしていきましょう。

指でつぶれるような硬さがベストです。

また、腎臓機能が発達していないため味付けは薄めにしましょう。

食べない場合は味付けや形状を工夫し、赤ちゃんに合った離乳食を食べさせましょう。

1年間お疲れ様です。一区切りですね。

初めての誕生日はどのように過ごしますか?

色々な風習がありますよね。

私は、1升餅を背負わせました。

だいぶ重そうでよたよたしていましたが、そんな踏ん張っている力強さが感動でした。
一升餅を背負う赤ちゃん

他に選び取りなどする人もいるのでしょうか。

色々試してみたくなりますよね。

まず、健康に育ってくれたことに感謝して、これからの健康にも気をつけて楽しく過ごしていきましょう。

これからは言葉や歩行もしっかりし、赤ちゃんから子どもになっていきます。

ますますの成長を楽しみながら赤ちゃんとの時間を大切にし







1歳の誕生日