赤ちゃんの3~4か月検診はいつから? どんな内容? を予習しておきましょう。

3~4ヶ月検診

そろそろ赤ちゃんの着替えやおむつ替えにも慣れてきて、赤ちゃんがいる生活リズムにも慣れてきた頃でしょうか。

赤ちゃんの身長、体重も増え見た目も大きく変わってきていると思います。

予防接種も始まり、違う忙しさでてんてこ舞いかもしれません。

そんな中、そろそろ検診の時期です。ここでは、そんな忙しいママのために検診について紹介していきます。

検診の時期

今回の検診の大きな目的は首が座っているかどうかです。

ですから、3か月後半から4か月にかけてが多いです。

3か月の初めに検診してしまうと、首が座っておらず再検診になってしまうことがあるからです。

実施日程が近づいてくると市役所などから受診票が送られてきます。

早めにわかるものなので、日程は調整しやすいかと思います。

何らかの理由で行けない場合は、早めに電話をして日程をずらしましょう。

 

どこで受けられるの?

自治体から届く受診票で検診の場所はわかるようになっています。

たいてい、保健センターや子育て支援機関のある施設を利用してのケースが多いようですが、同じ地域でも場所が異なることがありますので、必ず確認をお願いします。

集団検診ですので、他の同じくらいの赤ちゃんが集まります。

 

気になる費用は?

こちらは、自治体が義務づけているものですので無料で受けることができます。

家計にも助かりますね。

 

検診の具体的な内容は?

① 内容

たくさんの赤ちゃんを一気に診るため、いくつかの班に分けます。そして、班ごとに順番に呼ばれ内容の異なる検診を受けていきます。

・保健師の面談: 事前に書く問診票をもとに気になることや不安な事を聞きます。

・栄養士による面談: 授乳の量やペースなどを相談します。

・計測: 体重・身長・胸囲・頭囲を測ります。裸でおこなうため、バスタオルなどで包んであるといいでしょう。

・医師による診察: 赤ちゃんの発達に異常がないか診察します。うつ伏せにするため、授乳はできるだけ早めに済ませておきましょう。

これが平均的な内容です。自治体によっては多少違ってくるかと思います。
ですが、大きくは変わらないでしょう。

この日に不安な事を相談できるようにまとめておくのもいいかもしれません。

 

② 持ち物

・母子手帳(3~4か月の記録は書いておくこと)
・受診票
・おむつ、おしりふき
・赤ちゃんの着替え
・バスタオル、タオル
・飲み物(ミルクなど)
・ビニール袋 数枚
・授乳ケープ(母乳の場合)

検診時は、授乳場所が他につくられていると思いますが、多数いるため授乳ケープがあると楽ですよ。

また、タオルハンカチがあると便利かと思います。

汚れもふけますし、肌触りもいいですし、赤ちゃんの遊び道具にもなります。

持ち物は、ほかに自治体で持ってくるものがあるかもしれないため、受診票をしっかりと確認してください。

③ 服装

裸になる機会が多いため、前開きのカバーオールがおすすめです。

肌着も前開きのものにするとよいでしょう。

赤ちゃんにも負担が少なく、ママも大変な思いをしなくて済みますよ。

脱がせる時も、重ねたままにすると着やすくなります。

ママは、授乳のしやすい恰好がGOOD。スカートなど動きに支障が出るものは避けましょう。

 

大変だけど、がんばって検診をうけましょう。

3~4か月は予防接種も始まり、首が座る時期でもあり一区切りつく時です。

新生児とは違い、人間らしくなってきたわが子に手を焼いているママも多いでしょう。

ですが、検診はすごく重要なものです。

大変なのはわかっていますが、必ず受けましょう。

今後の赤ちゃんの成長に欠かせないアドバイスがもらえます。

私も母乳の量がわからなく困っていました。

栄養士さんに相談し、解決することができました。

一番不安だったことが検診によって取り除かれ、心が晴れました。

先にも述べましたが、相談したいことをまとめていくと聞きやすくなると思います。

少しでも不安をなくすように遠慮なく聞きましょう。

優しく教えてくれるので大丈夫ですよ。

検診に対しての不安が少しでも取れたでしょうか。

これからの生活を母子ともに健康に過ごせますように。







3~4ヶ月検診