首もすわって、ようやく楽に。 赤ちゃんの3ヶ月目はこんな感じ。

3ヶ月目の赤ちゃん

ようやくバタバタしている生活にも慣れてきた頃ではないでしょうか。
赤ちゃんも段々と人らしくなってきて色々な表情をしたり反応したりと、こっちまで楽しくなっちゃいますね。

赤ちゃんの成長に合わせてやれることも多くなってきます。
服もこの頃から割と自由に選べてくるのではないでしょうか。

ここでは3か月の赤ちゃんについて少し書いていきたいと思います。

この時期の特徴

身長・体重

厚生労働省による発育曲線での生後3か月の赤ちゃんの平均身長は56~67㎝、体重は5,000~8,000gです。
3か月になると体重は大体出生時の2倍にもなっています!

この体重の成長は見た目でもわかりますよね。
腕や足、ほっぺにもお肉がついて食べちゃいたくなります。
今後徐々に体重の増加は緩やかになっていきます。

真ん丸とした体型はこのくらいがピークですね。よく目に焼き付けといてください。

首座り

体重が増えるにしたがって筋肉もついてきます。
首が安定してくる時期です。
これまでカクカクだった首も段々としっかりしてきたのを感じているのではないでしょうか。

しかし、首が座ったのかどうかは初めてだと判断しづらいものです。私もそうでした。
首座りの見分けるポイントを紹介します。

・腹這いの状態にすると自力で頭を持ち上げることができる
・仰向けに寝かせ、両手をもって引き起こすと首がついてくる
・縦に抱き体を預けた際に首をまっすぐに保つことかできる

この3つのポイントができていれば首が座ったと言っていいでしょう。

首が座ると抱っこやおんぶができるようになる為とても楽になります。
両手が空き、家事や買い物も今までの半分の時間で終わるかもしれません。
抱っこひもで抱っこしていれば赤ちゃんもママの体温で安心し寝やすくなりますし、一石二鳥ですね!

また、お風呂や着替えの際も首をいちいち支えなくていいので相当楽になります。

平均的に首座りは3~4か月といわれていますが5か月の赤ちゃんもいます。
「うちの子はまだ」と思っていても個人差だと思って気にしないようにしましょう。

といっても気になるものですよね。
どうしても気になるようでしたら病院に一度確認をとってみるのも一つの手です。

睡眠時間

この頃の平均睡眠時間は約13~17時間です。
まだはっきりとはしませんが昼夜の区別がつくようになっています。

睡眠の間隔、時間、回数は赤ちゃんそれぞれ違います。
赤ちゃんのリズムに合わせて生活リズムを整えるようにします。

無理やり起こすのはNG!
お風呂の時間を決めるなど少しでいいので工夫しましょう。

これからの時期、昼と夜にまとめて寝るようになっていきます。

授乳回数・間隔

生後3か月になるとあごの筋肉がつき、一度に飲む量が増えます。
また、赤ちゃんの満腹中枢が発達し授乳ペースができてきます。
授乳間隔は1日6~8回です。
母乳、ミルク、混合の赤ちゃんに分けて紹介します。

完全母乳

1回あたり左右10分が目安です。
1回でお腹いっぱいになるまで飲む子もいれば、少しずつ飲む子もいます。
これは個人差ですので気になさらず。

混合

母乳の出る量も増えてきているのではないでしょうか。
完母にうつりたいママも多いはずです。移りたい方は体重に気を付け徐々にミルクを少なくするか、思い切ってやめてみるのも手です。

私は、子供の体重が少し重かったのでミルクをいきなりやめました。
それでも体重は増えていたので思ったより母乳が出ていたみたいです。
最初はわからないですよね。
気になるようでしたら、子供の事の相談窓口が市役所にあるはずですから、そこに相談してみてもいいかもしれません。

完全ミルク

食欲が激しく旺盛な時です。
ミルクは栄養価が高くおいしいため、あげればあげるだけ飲んでしまうでしょう。
すると余分に脂肪がつき体に悪い結果となってしまいます。
なのでミルクの缶に書いてある通り適量を飲ませてあげてください。

絵本・おもちゃ

追いかけ遊び

この頃になると腕も上がり、追視もできます。
なので、フェルトのボールや紙風船などを赤ちゃんの見えるところで動かし、取ってもらいましょう。
指先を使うことは脳にも刺激になりとても良いことです。

ガラガラ

振るとガラガラと音がするおもちゃです。
聴覚も発達してきているので左右でならしてみてください。
首が動いたり、目が動いたりと反応が見えるはずです。

絵本

この頃の赤ちゃんの視野は狭く、色の区別もできません。
白と黒が見えるそうです。
なので、小さめの黒と白、この2色を引き立たせる赤の本を選びましょう。

また、輪郭がはっきりしていて本自体が角丸になっているものがよいです。

その他、赤ちゃんに持たせても害がないおもちゃ、絵本は良いと思います。
ただ、この頃は何でも口に入れて確かめたい時です。口に入れても大丈夫なものを選びましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
私もバタバタだったのが首が座るようになって格段に楽になった記憶があります。

親としては早く子供の成長が見たいですよね。
しかし、焦らず前向きに接していくことが大事だと思います。

ママが心配していると赤ちゃんにも伝わってしまうものです。
どうしても心配なら病院や子育て窓口に相談してください。
不安なまま過ごすより格段に赤ちゃんに接する態度がちがってきます。

ママも人間ですからね。
悩みすぎず、有意義な時間をかわいい赤ちゃんとお過ごしくださいませ。







3ヶ月目の赤ちゃん