いよいよ離乳食へ!生後5ヶ月の赤ちゃん

5ヶ月の赤ちゃん

こんにちは。1児のママです。

5か月と言えば、そろそろ離乳食が始まります。

ほっと一息できたのもつかの間。離乳食づくりやいっぱい動く赤ちゃんに翻弄される時期でしょう。
でもたくさんの成長が見ることができる時期でもあります。

ここではそんな成長の一部を紹介します。

この時期の特徴

身長・体重

厚生労働省の成長曲線によると身長60~70㎝、体重5740~9200gです。
この頃から段々と男女差や個人差が出てきます。

体型はまだムチムチしていますが、体重増加は緩やかになっていきます。
これは赤ちゃんの運動量が増えたからです。

また、母乳の分泌が減ったり満腹がわかり飲みすぎもなくなる為です。

寝がえり

この頃に寝がえりをする赤ちゃんもいます。

しかし、冬など厚着をしていると寝返りがしにくいですので季節によるかもしれません。薄着で動きやすい方が赤ちゃんも寝返りしやすいのでしょう。

寝返りが始まると知らぬ間にうつ伏せになっており窒息の危険が出ます。
なるべく目を離さずに過ごしましょう。

五か月になると初めての歯が出始めます。
最初に下の前歯が二本出ます。
出始めたら歯磨き開始です。
赤ちゃん用の柔らかい歯ブラシで磨いてあげてください。

奇声

突然奇声を発してびっくりするママもいるのではないでしょうか。
でも大丈夫です。
赤ちゃんが自我をもち始めた証拠です。

5か月になると泣き方が変わってきます。
奇声を上げても機嫌がいい時は自分の声を聴いて楽しんでいたり、奇声を上げて泣くときはお腹がすいたなどの欲求の場合が多いです。

喃語

今までの「あー」「うー」だけではなく、音を真似して出します。
それを真似してママが返してあげると赤ちゃんも喜びますし、コミュニケーションにもなります。

睡眠時間

夜にまとめて寝るようになります。
長い子ですと5~8時間寝るでしょう。

朝の日光を浴びると一日の生活リズムが整いやすくなります。
日中はよく遊びお風呂の時間を決めるのが生活リズムを整えるコツです。

授乳回数・間隔・離乳食

母乳・ミルク

授乳間隔はかなり安定してきます。4時間以上間隔があくことも多くなってきます。

1回の授乳の時間も格段に短くなります。

ですが、体に合わせて飲む量は多くなっています。
ミルクだと1回200ml、1日に4~5回が目安です。

また、夜中の授乳も1回ないしはしなくても良いこともあります。
ほんと楽になりましたよね。

母乳・ミルクの量は離乳食が進むにつれ量が少なくなっていきます。

離乳食

始めるタイミングは大人が食べているのをじっと見ている。
口をモグモグしているなどが見られたら開始です。

初めはスプーンのみ口に入れる練習をしましょう。
嫌がらなければOKです。

野菜やコメを裏ごししお湯で伸ばしたものをあげましょう。
アレルギーの心配もあるので初めて食べさせるものは一口から様子を見ます。
大丈夫そうなら徐々に増やしていきます。

スプーンを嫌がる子もいれば、食べない子もいます。
ですが、焦らないでください。

無理に始める必要はありませんが、「周りの子が始めているのに」と思ってしまいますよね。

でも大丈夫、5か月では早い赤ちゃんもいるのです。
ゆっくり焦らず見守りましょう。

どんな遊びを好む?

おもちゃ

脳の発達が急に進むため与えられていただけのおもちゃも自ら掴もうとします。

手に取ったものは口に入れてしまいます。
ですから、おもちゃの消毒や材質に気を付けましょう。

うちでは音の出るおもちゃがお気に入りでした。
タグが付いたカシャカシャなるものや、布のマラカス風のもので中に鈴が入ったものです。かじったり吸ったり振り回したりとお気に入りでした。

体を使う遊び

うつ伏せ寝にし、近くにおもちゃを置いて手を伸ばして取ろうとします。
取れると舐めたりじっくりと眺めたり。
その様子がかわいくてずっと見ちゃいます。

また、いないいないばぁもおすすめです。
まだ笑わないかもしれませんが、段々と成長によって反応が変わってきます。

その変化を感じるのもいいものですよ。

散歩

生活リズムを整えるためにも散歩は大事です。
赤ちゃんの紫外線対策をしっかりとし、30分~2時間程度にしましょう。
赤ちゃんの体調や気温など考慮して無理のないように楽しみましょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。
ここで紹介したのはほんの一部です。

赤ちゃんによって性格や状態は変わってきます。
悩んだら、ネットを参考にしつつ相談窓口などで相談しましょう。

私の子は体重が多かったせいか寝返りが遅かったです。
どうしても気になりましたが、焦らず子供と楽しくなるように接していました。

奇声を上げ、病気ではないかと悩んだ時期もありました。
ですが、今は健康にすくすく育っています。

気にしすぎるのもママの体に悪いですよ。
赤ちゃんも大事ですが、ママの健康にも気を付けましょう。

今しかない時間を楽しく有意義に送れますように。







5ヶ月の赤ちゃん