お座りできたね 寝返りゴロゴロ 生後6ヶ月の赤ちゃん

6ヶ月の赤ちゃん

 

生後6か月といえばこの頃から成長が目に見えて実感できる時です。

歯が生えたり、座ったり笑ったり。楽しいことが増えていきます。

わが子の成長ってすごく嬉しいですよね。

ですが、成長も個人差がありますので、不安になる方もいるかもしれません。

ここではそんな不安が少しでも軽減されればと6か月の成長について書いていきます。

この時期の特徴

身長・体重

厚生労働省の成長曲線によると身長62~72㎝、体重6,060~9,570gです。
すごい差ですね。

それだけ個人差があるのです。

生後6か月の体重増加は緩やかになっていきます。
寝返りで運動量が増えたり、授乳から離乳食へと変化が多い時期です。

それにより体重が増えたり増えなかったりしますが、赤ちゃんが元気なら心配ないでしょう。

お座り

筋肉が発達しお座りができるようになります。

これにより赤ちゃんの視野は格段に広くなります。

しかし、お座りは安定していないため、クッションで囲み、家具のそばに座らせないなどの工夫が必要です。

私の子もいきなり後ろに倒れることもあり、いつもヒヤヒヤしていました。

睡眠時間

よりまとめて寝るようになります。

昼寝が1時間ほどで目覚めていた赤ちゃんも2~3時間寝るようになります。

6か月になると寝返りでゴロゴロするため、クッションでガードするなど、危険が無いようにしましょう。

夜もまとめて寝るようになります。
5~6時間寝る子もいます。

しかし夜泣きに悩まされる時期でもあります。

お腹がすいているわけでもない、おむつでもない、なんなのー!と悩むママも多いはず。

私も毎日格闘していました。

夜泣きの原因ははっきりとしていません。

しかし、みなさん通る道です。

それだけ成長したと思って見守りましょう。

一定時間泣き、寝ることがほとんどです。

反抗期

6か月になると自我が芽生え始めます。

おもちゃを取られたり、気に食わないことがあると泣き、手足を振り回すこともあるでしょう。

初めてのママはなぜ泣いているのかわからなく、こっちが泣きたくなります。

ですが、冷静になり考えると思い当たる節があるはずです。

風邪

この頃になると段々とママからもらった免疫が切れてきます。

また、外出の機会が増え、人と触れ合ったりするので風邪をひきやすくなります。

発熱時はもちろん、咳や食欲減退の時は迷わず病院に行きましょう。

 

授乳回数・間隔・離乳食

授乳回数・間隔

離乳食を始めている赤ちゃんが多いため授乳回数は減ります。
一日4~5回が目安です。

夜は授乳しないまま寝ている赤ちゃんもいるでしょう。
2~3回起きるときは昼寝の時間やお風呂の時間など工夫してみましょう。

離乳食の量に比例して量は少なくしましょう。

離乳食

最初は野菜やコメをすりつぶし、伸ばしたものをあげましょう。

アレルギーがあるかもしれないので一口ずつ食べさせます。

中には離乳食を食べない赤ちゃんもいます。

スプーンの感覚に慣れていなかったり、味が嫌いなど理由は様々です。

まだ焦る必要はありません。徐々に慣らしていきましょう。

 

どんな遊びを好む?

私の子の場合、持ち手が棒状になった布製のマラカスがお気に入りでした。

中に鈴が入っており、動かすたびに鳴るのが好きみたいでした。

その他のお気に入りは、タグがいっぱいついたカシャカシャ鳴るハンカチ大のおもちゃです。

これは、タグを引っ張ったり、かじったりして遊んでいました。

動かすたびにカシャカシャと音が鳴るので、ちょっとびっくりしていましたが、慣れるとそれが楽しいみたいでした。

また、音の出る絵本には、とても興味を示していました。

いきなりの大きい音はびっくりするため、音量に気を付けましょう。

6か月になると短期記憶が発達するため、「いないいないばー」も楽しめます。

隠れた時に「今度はいつ顔が出てくるんだろ?」と不思議な顔をして見ているかもしれません。

色々な物、遊びでコミュニケーションを楽しみましょう。

ここまで紹介してきたことはほんの一部です。

赤ちゃんの個性によってもかなり違ってきます。

この頃になると、寝返りが早い遅いなど成長による悩みがつきません。

私の子も寝返りが遅く、悩んだ時期もありました。

現在2歳ですが、いつのまにかできるようになり、いつの間にか歩いていました。

成長はあっという間です。

できた瞬間の感動を見逃さないよう、どんと構えていてください。







6ヶ月の赤ちゃん