動き回って目が離せない! 手先も器用になる9ヶ月目の赤ちゃん

9ヶ月の赤ちゃん

9か月の赤ちゃんは目が離せないほど活発的になります。

また、理解する力もついてくるため相手の反応を見ながら遊ぶことも可能です。

この頃から、遊び方も変わってきて成長を感じられることでしょう。

ここでは平均的な9か月の発達を紹介します。

その赤ちゃんによって成長のスピードは変わりますので、遅いからと言って焦らないよう心がけましょう。

この時期の特徴

身長・体重

男の子は身長67.5~76.0cm、体重は7~10.5㎏。
女の子は身長65.5~74.5cm、体重は6.5~10kgです。

9か月になるとほとんどの赤ちゃんに歯が生えてきます。

まだ生えない赤ちゃんもいるので焦る必要はないでしょう。

心配なら市役所の相談窓口や病院で聞いてみるといいでしょう。

歯が生えてきたら、虫歯に注意です。

まだそんなに気にする必要はないですが、濡らしたガーゼで優しく拭いてあげたり、柔らかい歯ブラシで優しくなでてあげてください。

ハイハイ

ひとり座りも安定してきて膝でのハイハイをする子も増えてきます。

ハイハイし始めると早いもので、最初はよちよちだったのがすぐすたすたとハイハイするようになります。

なので、周りのものは片付け、目を離さないようにしましょう。ハイハイしない赤ちゃんもいますのでご心配なく。

一緒にハイハイの姿勢をすると真似してできることもあります。

9ヶ月のハイハイ

人見知り

この頃からママを強く意識するようになります。

ですから、視界にママがいなく見知らぬ人がいると泣きだすこともあるでしょう。

でもそれは成長ですので心配しないで温かい目で見守ってあげましょう。

記憶力

この頃になると、自分の名前がわかるようになります。

6か月頃からわかっているとされていますが、名前を呼んで喜んだり振り返ったりと反応を見せるのはこの頃からです。

ママにとってもすごく楽しみが増えますね。

授乳回数・間隔、離乳食

授乳回数・間隔

離乳食が進んでいてもまだまだ授乳は続きます。

今までの回数より減っていくでしょう。

離乳食が順調であれば、授乳を嫌がる赤ちゃんも出てくるほどです。

栄養が気になるでしょうが、離乳食で補っていれば全然心配いりません。

しかし、精神的な安心を求めて授乳を催促してくる赤ちゃんもいます。

私の子もそうでした。

大変ですけど我慢させずに与えましょう。

ミルクは調節が必要です。

1回200mlが目安ですが離乳食により回数が減ってきます。

離乳食が進んでいるようなら、フォローアップミルクを飲ませてみてはいかがでしょう。

フォローアップミルクは主なミルクよりもサポート的な役割をしてくれます。

離乳食で補えない栄養をフォローしてくれるミルクです。

無理して飲ませる必要はないですが、赤ちゃんの様子を見て決めましょう。

わからない場合は病院や相談窓口に相談してみるといいでしょう。

離乳食

これまで1日2回だったのが、3回に増え大人と同じ食事回数になってくるでしょう。

授乳している時間を離乳食に置き換えるなど、大人に合わせず赤ちゃんに合わせることでストレスを少なくすることができます。

離乳食の形状も粒の入ったものになるなど内容も大人に近づいてきます。

突然食べなくなる赤ちゃんもいます。

今まで食べていたものをペッと吐き出したり、嫌な顔をしたりします。

これは味覚が発達しているからです。

味を変えたりして対処してみてください。

どんな遊びを好む?

9か月になると記憶力が発達し、真似をするようになります。

バイバイと手を振ると手を振り返そうとします。

また、手先が発達するためつまむことができるようになります。

ティッシュをつまんでいたずらしたり、積み木などをつまんだりと遊ぶ幅も増えてきます。

集中力も増してくるため、一人で遊ぶことも可能になります。

しかし、危険がいっぱいなので離れないようにしましょう。

目が離せない日々は続くけれど、楽しみもいっぱい!

9か月ごろは活発になってくる時期です。

それと比例して危険もいっぱいです。

一人で遊んでいるからと目を離すと思わぬアクシデントが起こるかもしれません。

注意が必要です。

しかし、赤ちゃんの成長は嬉しいものですよね。

手をつないで一緒に歩く日も近いです。

それを楽しみに1日1日を過ごしていくといいでしょう。無理なく楽しく過ごせますように。







9ヶ月の赤ちゃん