安倍川花火大会2017年の日程と、絶対押さえておくべき穴場スポット7選!

安倍川花火大会

花火大会といえば「日本三大花火大会」など、いろいろな競技大会や大規模なものがありますよね。

それに負けないぐらい東海地方では最大規模と言われている大きな花火大会が「安倍川花火大会」

静岡県の安倍川周辺(静岡市駿河区)で行われる花火大会ですが、こちらはさすが最大規模というだけあって色とりどりの大輪の花が夜空に咲くのを存分に楽しめます。

夏休みや思い出の一ページに、この花火大会の風景をおさめてみませんか?

この記事では

  • 日程と時間
  • 最寄り駅とアクセス情報
  • おすすめの穴場スポット7選
  • 大会の見どころ

をバッチリ教えちゃいますね!

日程・時間

2017年の安倍川花火大会は、7月29日(土)の開催予定です。

荒天の場合延期となりますが、その場合はHPなどでしっかりと情報を集めておきましょう。

打ち上げ時間は19:00〜21:00、場所は安倍川橋上流の中州が打ち上げ会場です。

観覧の場合は河川敷からになります。

大人気の花火大会なので場所取りはしっかりしたいですね。

 

最寄り駅・アクセス情報

花火当日は交通規制が入ります。

そのため17:00〜22:00まで会場の近くは車が通行できません。

公式の駐車場もありませんので、車で来場の場合は近隣の駐車場に停めることになりますが、その後の渋滞を考えるとあまりオススメはできません。

電車での場合、最寄駅はJR静岡駅、徒歩40分です。

静岡県庁南側から会場まで片道190円のシャトルバスが運行していますので、歩きたくないという方にはそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

静岡県庁まではJR静岡駅から徒歩10分となります。

シャトルバスは往路が16:00~19:00頃、復路が20:00~22:00頃までの運行になっています。

また、タクシーで会場に向かう場合は、混雑していなければ駅から10分程度で着きますので、こちらもオススメです。

 

オススメの穴場スポット7選

本来は花火大会は有料観覧席があるととても嬉しいのですが、残念ながら安倍川花火大会には有料の席がありません。

そのため、自力で全員が場所を確保しなければならないのです。

少しでも観やすくてゆったりできる穴場をご紹介しますね。

 

穴場その1:静岡商業高校前の土手

この土手はどこからみても花火は見えるのですが、ここは安倍川花火大会の本部が置かれている近くになります。

その斜面にビニールシートなどを持参して場所取りをしましょう。

打ち上げの1時間前ぐらいから混雑し始めますので、早めの行動が吉です。

 

穴場その2:田町スポーツ広場周辺

普段は野球などのスポーツを行う場所なのですが、なんといっても広いです。

そのため場所取りも容易で、車を置く場所もあります。

難点は下の方で打ち上がる花火がやや観づらいこと。

仕掛け花火などの観覧には向いていませんが、打ち上げ花火やスターマインなどは問題なく楽しめます。

 

穴場その3:アピタ静岡店

こちらは屋上駐車場にて花火を観覧することができます。

ただし「花火鑑賞用の開放」をしているわけではないので、マナーを守って節度のある利用を心がけてください。

トイレや食事の心配もないので、小さなお子様連れの方に向いているスポットと言えるでしょう。

また、こちらも少々下の方で打ち上がる花火は観づらいことが難点です。

 

穴場その4:中島浄化センター前の土手

こちらも土手ですが、比較的混雑しないのでゆったりとした気分で花火を楽しむことができます。

 

穴場その5:徳願寺

こちらは地元の人も滅多にこない穴場となります。

近くに広い駐車場もあり、車での来場の方は嬉しいですね。

所在地: 〒421-0101 静岡県静岡市駿河区向敷地689
電話: 054-259-7304

 

穴場その6:ファンタジスタ静岡裏の河川敷

こちらはスポーツ広場から少し離れた場所の土手になります。

車では不便ですが、比較的新しい穴場スポットなので人も少なめです。

 

穴場その7:円山花木園

こちらは徳願寺の近くの穴場です。

展望台から夜景が見えて、花火とのマリアージュがたまりません。

本当に山の上にあるので、運転には注意してください。

 

大会の概要と見どころ

安倍川花火大会のみどころ

昭和28年(1953年)に戦没者の慰霊と鎮魂、そして復興への祈りを込めて始まったのがこの安倍川花火大会です。

2017年には64回目となり、その歴史はこれからも刻まれて行くでしょう。

安倍川花火大会の見どころはなんといっても、大型のスターマインや尺玉の打ち上げ、そして創作花火コンクールでしょう。

仕掛け花火も大仕掛け、超大仕掛けとあり、ナイアガラや放射状に打ち上がる花火など飽きることなく鮮烈な景色を観せてくれます。

プログラムにメッセージをのせた個人の花火を打ち上げてもらえる市民花火の企画もあります。

東海地方ではトップクラスの規模で、約60万人がこの花火を楽しんでいます。

フィナーレは圧巻の一言で、特大の花火が次々に打ち上がり、感動すること間違いなしのプログラムになっています。

 

光と炎の共演を夏の思い出にファイルしよう

花火大会にはなんだか人をワクワクさせる魔法がありますよね。

一つ目に打ち上がったものが消える間際に次が打ち上がり、それが連続してフラッシュのように短い時間形を観せてくれる……そんな儚さに人は惹かれてしまうのかもしれません。

今回紹介した穴場スポットの情報や、アクセス情報などをうまく利用して、この夏の思い出を増やしてくださいね。







安倍川花火大会