竿燈まつり 2017の日程・有料観覧席チェック!あなたも差し手を体験してみませんか?

秋田竿燈まつり

震災以降「東北六魂祭」などのCMで名前とその独自の姿を見かける秋田の伝統的なお祭り「竿燈まつり」。

夜の大通りを山車と差し手が埋め尽くし、空に向かってそびえる長~い竹竿には無数の提灯が吊り下がり、幻想的な雰囲気を味あわせてくれます。

2017年はぜひ、この竿燈まつりに参加してみませんか? 

開催日程とスケジュール

2017年は8月3日(木)~8月6日(日)に開催されます。

竿燈まつりには「夜本番」と呼ばれるものと「昼竿燈」と呼ばれるものがあり、「夜本番」では観覧席が竿燈大通りの中央に出現し、予約しておくと座って楽しむことができます。

もちろん夜なので、様々な屋台も出店しています。

歩道は観光客でごった返していますが、その混雑を歩くのもまた一興でしょう。

18:50に竿燈が入場。19:25~20:35まで演技をします。

そのあとはふれあい竿燈といって、実際に子供用の竿燈をあげてみることができます。

「昼竿燈」では、「竿燈妙技会」という差し手とお囃子方の技術を競い合う大会が開かれます。

8/4~8/5は9:00~15:40、8/6は9:20~15:00までです。

また、「竿燈体験コーナー」という、ミニチュアの竿燈と幼若の差し手体験が、秋田駅前アゴラ広場にて8/3~8/6の10:00~17:00まで行われています。記念写真も撮影できますよ。

「竿燈屋台村」という出店も秋田市役所の駐車場にて出現します。

8/2~8/6の15:00~22:30です。(8/2は前夜祭)

同じくグルメなら、「ご当地グルメフェスティバル」が竿燈大通りから近い大町イベント会場にて8/3~8/6の15:00~21:30まで開催。

どこで何を食べるか迷ってしまいますね。

 

有料観覧席予約情報

【日程:8月3日(木)~8月6日(日)】

  • 観覧席入場:午後6時35分
  • 竿燈入場:午後6時50分
  • 竿燈演技開始:午後7時25分
  • 終了:午後9時
  • 会場:竿燈大通り(夜本番)
枡席 1枡20,000円 ローソン大町二丁目店前
(1枡定員6名)
S席 2,600円 中央道壁上ひな壇席
A席 2,100円 上記以外のひな壇席および長いす席

*大人、子どもとも同料金。座席を必要としない乳幼児は無料

【観覧席チケットの販売】
観覧席予約センター
Tel:018-866-9977
Fax:018-866-9978

有料観覧席予約受付開始日
団体予約(15名様以上)・・4月3日(月)午前10時~ 申し込み方法詳細はこちら
個人予約(14名様以下)・・5月1日(月)午前10時~ 申し込み方法詳細はこちら

※ 枡席の予約受付は、5月12日(金)までとなっております。1日あたり28枡のため、申込多数の場合は、抽選となりますのでご了承ください。
なお、抽選後、キャンセル等により空きが出た場合、先着順により再度枡席予約を受け付けます(以後、先着順)。

交通規制について

「夜本番」では18:15から交通規制が入り、竿燈大通りが車両の通行不可になります。

車やバスで向かう方はご注意ください。

 

会場へのアクセス方法

電車での場合は、JR秋田駅から市役所方面(山王方面)に徒歩で約15分。

車の場合は秋田道中央ICから県道62号を経由して約20分になります。

駐車場は無料のものが近辺にあります。

秋田県立体育館は140台、裁判合同庁舎は100台、多目的グラウンドは南側75台というように、ほとんどが竿燈大通りとけやき通りの交差点周辺になります。

有料のパーキングも大町や山王にはありますので、混雑時はそちらを利用してください。

 

竿燈の見どころと由来、楽しむためのポイント

そもそも竿燈とは、真夏の病魔や邪気を払うためのねぶり流し行事として、古くから伝わっているものです。

ねぶり流しとは、五穀豊穣や厄除けなどを願う行事です。

1789年にはすでに原型ができており、「秋田独自の風俗」として文献に残されています。今では国重要無形民俗文化財に指定されています。

大若、中若、小若、幼若と種類があり、大若は長さ12m、重さは50kgにもなります。提灯の数はなんと46個。

これを一人の人間が垂直にあげる訳ですから、ものすごい技術が必要となります。

秋田では各小学校や町内会などに竿燈会があり、子供も大人も差し手やお囃子方になります。

女性はお囃子がメインです。

神様に捧げるものですから、差し手は男性と決まっています。

でも幼若や小若にまで下がると、女の子でも差し手になっていることが今では多いですね。

竿燈はぜひ、妙技会(昼竿燈)も楽しんでいただきたいです。

竿燈の妙技は代表的なものでも5つほどあり、その全てが「掌をつかって竿を握り、持ち上げる」ことはしません。

なんと肩や額や腰に竿を乗せ、崩れないようにバランスを取っているのです。

もっともポピュラーな技は「平手」。

かざした手のひらに竿を乗せ、高々と突き上げる技です。

これらの技を競い合い、妙技会の最終日には上位の差し手が競い合って優勝を決めます。

昼間でも大迫力です。

夜本番では、実際にろうそくを灯した提灯で演技を行います。

ここで注目して欲しいのが、差し手のサービス精神。

熟練の差し手は、なんと一枚歯の高下駄を履いて演技をしたり、腰や平手の演技中に派手な扇子を振ったりします。

ただでさえバランスが取りにくいものを、さらに崩れる寸前まで持っていってスリルを味あわせてくれるのです。

観覧席に竿燈が倒れてきても、差し手の周りの人間がサポートして観客にぶつかるのを食い止めます。

が、やはりとっさの出来事でなおかつ重いので、少々ぶつかってしまってもご愛嬌だと思ってください。

むしろ提灯を間近で見れてお得です。

ハプニングも楽しみのうちですね。

そして夜本番に行われる「ふれあい竿燈」。

幼若や小若をお客さん自身があげてみることができます。

子供がメインですが、やはり重いものですので大人がきっちり支えてあげてくださいね。

東北三大祭りに数えられている竿燈まつり。

今年の夏はこの眩惑的な光景を観に行ってみませんか?







秋田竿燈まつり