京都 嵐山を完全攻略!わたしの観光おすすめコース 

嵐山観光

 

京都の観光って、みたい場所がたくさんありすぎて、どうやって回れば効率がいいのかわかりにくいですよね。

無駄に歩き回ってへとへとになるのは避けたいものです。

そこで、個人的なおすすめ観光ルートをご紹介します。

人力車や観光タクシーでの回り方も教えちゃいますよ!

おすすめのコース

渡月橋

嵐山駅についたら、まずは一番嵐山で人が多いと言っても過言ではない「渡月橋」を早い時間に見てしまいましょう。

嵐山の端っこに位置するこの橋は、四季によって景色が移り変わり、とっても風流です。

ちょっとびっくりされがちなのが、自動車も通れる、ということ。

よく考えたら当然なのですけれど、観光で行くと有名なスポットに乗用車が止まっているのはどっきりしますよね。

その後は「竹林の径」へ。

竹林の径

時間に余裕があるならばこちらへ来る前に「天龍寺」にも立ち寄るといいです。

なんて言ったって世界遺産ですからね。

「竹林の径」は天龍寺と野宮神社の間にあります。

天龍寺

こちらも観光客が大変に多いので、午前の早めの時間から見ておきたいですね。

そして「野宮神社」に向かいます。

「奥嵯峨」と呼ばれるこのエリアには、めずらしい寺社がたくさんあります。

「まるっと1日かけて観光する!」という気概溢れる方はここでいくつか回ってしまうといいかもしれません。

「野宮神社」は縁結びで有名な神社。

野宮神社

縁結びって、人間関係だけじゃないことを知っていますか?

「ちゃんとした会社に就職したい!」とか、そういうお願いでもいいんです。

神様にお参りするときは、自分の「住所・氏名・年齢・お願い事」をしっかり念じながらお参りしましょう。

神様は忙しいので、「あ、この案件わかりやすいな、訪ねていいことを授けてやろう」ってなるんですって! 

住所、ってのがいかにも遠くから出張に来てくれる感じで面白いですね。

ここで「祇王寺」で苔の庭園を眺める、などもいいのですが、「清凉寺」でインド、中国、そして日本に渡って来た御本尊を拝観するのも素敵です。

そこからちょっと歩くと、「町並保存地区」という、古くからの町屋づくりの家が並んだ通りに出ます。

私が観光した時にはちょうどお祭りの大きな灯篭風の提灯を作っている最中で、筆で一箇所落書きさせてもらいました。

中が資料館のようになっている建物があったり、手水鉢の中に金魚が泳いでいたりと、古き良き日本を感じることができる場所です。

そのまま山を登って「化野念仏寺」に行きましょう。

こちらは「西院の河原(さいのかわら)」という有名な「心霊写真スポット」があります。

なんでもこの中で写真を撮ると、必ずと言っていいほど心霊写真になってしまうので撮影は禁止されたとか。

確かにこれは何か出そうな雰囲気……。

奥嵯峨の化野念仏寺

もちろん内部にある御本尊や石でできた阿弥陀三尊なども見どころですので、怖いものが苦手な人でも安心です。

次は「常寂光寺」を訪れましょう。

境内からは嵯峨野を一望できて、しかも庭園にはカエデが200本近く植えられているので、紅葉の時は人で溢れるほどの人気スポットです。

常寂光寺の紅葉

本堂だけでなく、多宝塔や仁王門などが有名です。

仁王門にある仁王像は、足腰の病を癒してくれると言われています。

この辺りで体も痛くなってくるはずなので、念入りにお参りしましょう。

お寺や神社が続いたので、次は俳人由来の「落柿舎」へ向かいましょう。

これは「らくししゃ」と読みます。

去来の落柿舎は、庭に40本の柿の木があって、それが一晩のうちに実を落としたことでその名がついたとか。

落柿舎

そのあとはのんびり渡月橋に戻って来て、周辺のお店でお土産を選んだり、嵐山駅で足湯につかるのもいいですね。

美味しいスイーツのお店もありますので、嵐山の思い出を振り返りながらティータイムもよさそうです。

 

効率よく観光するために利用すべき交通機関

人力車

嵐山の人力車

実は上のコース、人力車でも回れます。

だいたい駅前か渡月橋周辺で客待ちをしていますので、そこで交渉するか、事前に予約を入れて行きましょう。

その場合上記のコースはだいたい120分ぐらいで回れます。

1名で23.500円、2名で32,500円、3名で48,750円です。

そこまでずっと乗っていなくてもいいな、という方は、「渡月橋遊覧コース」というものがあります。

渡月橋から宝厳院、川沿いを巡って渡月橋に戻ってくるコースで、こちらは1名3,000円から。

人が引っ張ってる割にはかなりのスピードで進むので、マナー良くきちんと座って楽しみましょう。

 

タクシー

タクシーで京都観光

もっとたくさん回りたい、でも時間があまりない……という方には、観光タクシーもおすすめです。

運転手さんは地元のドライバーが多いので、道のショートカットから観光案内まできちんとこなしてくれます。

1日ガイドさんを雇うようなものだと思えば、案外安上がりかもしれません。

ちょっとコースから外れるけどここに行きたい、という希望もきちんと聞いてくれますよ。

タクシー会社によっては拘束時間によって割引もしてくれるようです。

 

レンタサイクル

レンタサイクル

そんなに予算もないし、やっぱり自力で見て回りたい! という方にはレンタサイクルがおすすめ。

1日1,000円程度で9:00〜17:00まで借りられます。

付近には「トロッコおじさんのレンタサイクル」、「阪急レンタサイクル嵐山」、「レンタサイクル京都(新八茶屋)」、「らんぶらレンタサイクル」と四店舗の貸し自転車屋さんがあります。

最寄駅から近いところで借りて、自転車で嵐山を回って見てください。山が多いのでちょっと大変かもしれませんが、人の混雑が気にならないほどスイスイ観光ができちゃいます。

【トロッコおじさんのレンタサイクル】
所在地: 〒616-8373 京都府京都市 右京区嵯峨天龍寺車道町
電話: 075-881-4898
営業日:1月4日~12月29日
定休日:12月30日~1月3日
営業時間:9時00分~17時00分

【阪急レンタサイクル嵐山】
所在地: 〒616-0003 京都府京都市西京区嵐山西一川町
営業時間:
初夏~秋は時間を延長!散策をたっぷり楽しめます。
【11月~4月】 9:00~17:00  16:30 貸出終了
【5月~11月】 9:00~18:00  17:30 貸出終了
定休日: 年中無休

【レンタサイクル京都(新八茶屋)】
所在地: 右京区嵯峨天龍寺造路町37-17
電話: 075-861-0117
営業時間: 9:30 〜17:00
定休日: 不定休

【らんぶらレンタサイクル】
所在地:〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-2
電話: 075-873-2121
営業時間:9時~17時(冬期10時~17時)※貸出は15時まで
定休日: 年中無休

またシェアバイクのミナポートならステーションのある場所であれば、どこでも返却できて便利ですね。

ミナポート

アプリもありますので、スマホで簡単に予約できちゃいますよ!

app store

 

着物レンタルで気分を盛り上げよう!

また、京都は古都だからこそ「着物」で楽しみたい! という方のために、着物のレンタルをしているお店も紹介しますね。

まずは「夢京都 嵐山店」さん。
http://kyoto-arashiyamakimono.com/

http://kyoto-arashiyamakimono.com/

こちらにある着物はなんと300種類以上。

「おまかせコーディネイトプラン」という、店員さんが見繕って着せてくれる3,000円のプランから、「フルコースコーディネイトプラン」という羽織も草履も自分でコーディネイトできる5,000円のプランがあります。

カップルで楽しめるプランや男性のみでも着替えられるプランもあって嬉しいですね。

「Wakamurasaki」さんは、修学旅行生(3名以上から)の着物レンタルもしています。

http://www.wakamurasaki.co.jp/

http://www.wakamurasaki.co.jp/

また、ヘアメイクも1.000円から行ってくれるので、気分はすっかりお嬢様。「この着物で観光したいんですけど……」というお客様のために、「持ち込みプラン」というものも行なっています。

こちらは持ち込む着物の種類によってお値段が変わるので、HPを参照してください。

 







嵐山観光