大雪山の紅葉 2017 ロープウェイから見る天然のジオラマがすごい! 

大雪山旭岳の紅葉

 

暑い夏が終わって今度は涼しい季節となっていきます。

寒くなってくるのは全部が悪いことではありません。

その気温の変化で美しい自然ができるのです。

そう、紅葉です。山々に絵の具を垂らしたかの如く鮮やかに広がる紅葉。

そんな紅葉が日本一早いとされる北海道の大雪山旭岳について紹介していきたいと思います。

紅葉の見ごろは?

気象条件により違いますが、例年は9月中旬から10月上旬です。

旭岳ロープウェイ姿見駅周辺では8月下旬から紅葉が始まり、9月上旬から中旬に見ごろを迎えます。

旭岳ロープウェイ山麗駅付近、カモ沼・わさび沼コースの見ごろは9月下旬です。

このことからわかるように、場所によっては長い期間紅葉が楽しめる場所となっています。

 

見どころ・楽しみ方

旭岳は大雪山の中でも一番の人気スポットです。

周りには温泉宿があり、ゆっくりとできます。

また、トレッキングコースがあり、第一展望台から始まり第五展望台までをめぐるものです。

こちらも人気で、日ごろの運動不足も解消されますね。
ゆっくり歩いて2時間ほどです。

ぜひ、ゆっくりと周りの景色を楽しみながら歩いてみてください。

大雪山というだけあって雪も早いです。

10月になると雪が積もりだします。

そうなると気温もぐんと下がりますし、装備も冬装備にしなければいけません。

ですから、大雪山の紅葉は9月中がおすすめです。

また、山ですので防寒はしっかりしましょう。

地上が暑くても山は寒いです。

そのことを忘れないようお願いいたします。

また、ロープウェイがあり、標高2291メートルの旭岳を標高1600メートルまで運んでくれます。

その最中に見える景色もまた格別です。

ロープウェイの料金は往復大人2900円、小学生1450円です。
見学自体は無料となっています。

少々高いですが、その価値はあります。

高いところから見る紅葉は地上から見るのとは違う顔を見せてくれますよ。

まるで紅葉に包まれているかのように感じます。

姿見の池コースもあり、こちらは1時間ほどで廻れます。

6月下旬でも場所によっては雪が残っているところもあるため雪の上を歩く用の長靴を駅舎で300円で貸し出ししています。

このコースから5分ほどで第一展望台まで行くことができます。
ここからは旭岳を真正面から見ることができます。

雪と紅葉のコントラストはここでしか見ることのできないものと言っても過言ではありません。

雪も感じられ、紅葉も感じられるなんて贅沢な気分になりますね。

 

アクセス・駐車場情報

アクセス

最寄駅は旭川駅です。

旭川から国道1160号経由でロープウェイ山麗駅まで56キロです。
約1時間の道のりです。

バスの場合は、JR旭川駅から一日3往復出ており、JR旭川駅~旭岳までは行き帰りともに1430円です。

旭川空港~旭岳は行き帰りとも1000円です。

道草館前~旭岳は行き帰りとも870円です。

予約制ではない為時間をご確認ください。

 

駐車場

普通自動車150台分、中型以上(バスなど)10台分あります。

11月から5月は駐車料金無料となっています。

それ以外は、普通車・バイクは500円、普通乗用車以外は1500円です。

また、紅葉シーズンの土日は駐車場がいっぱいになり待ち時間が出る可能性があります。そのことを考慮して時間を作ってください。

駐車料金、ロープウェイ料金などお金はかかりますが、ここでしか見ることのできない紅葉があります。

雪とのコラボレーションは見事なものです。

日本で一番早い紅葉だけあります。

ロープウェイから見える木々の色合いと青い空が目に焼き付いて取れないかもしれません。それほど感動的で雄大な紅葉と言えるでしょう。

ぜひ、家族友達との思い出づくりに立ち寄ってはいかがでしょう。







大雪山旭岳の紅葉