北海道ママのおすすめ、2017旭川冬まつり。見どころ満載。

旭川冬まつり

真冬の北海道はとても寒いです。
しかし、楽しいことも満載!冬だからできることがいっぱい詰まった北海道に来てみませんか?たくさんある雪まつりの中で今回は旭川冬まつりについて紹介していきたいと思います。

旭川冬まつりは札幌雪まつりに次いで大きいお祭りです。
去年の来場者数は90万人を超えました。小さいお子様から大人まで十分に楽しめるようになっています。
寒いからとお家にこもってばかりだともったいないですよ。

開催日程

場所

北海道旭川市の旭橋河畔会場・旭川市宮下通~7条通の平和通買物公園会場などです。

 

日程

2017年2月7日(火)から2月12日(日)の6日間

見どころや楽しみ方

大雪像

メインである大きな雪像。
こちらは過去にギネス記録を取ったこともあるくらい大きなものです。
自衛隊の方達が一生懸命地道に作ってくださいます。
それはそれは圧巻です。
去年は旭川のゆるきゃら「あさっぴー」や「ゆっきりん」がつくられました。
その他にもいろんな雪像があり、楽しめますよ。

氷彫刻

これがすごいんです!
なんと氷彫刻世界大会が実施されます。世界大会ですよ!?
毎年我こそはとレベルが高い彫刻がずらりと並びます。
細部にまでこだわった彫刻が間近でみることができ、夜にはそんな彫刻達がライトアップされます。
本当に綺麗で幻想的です。

花火

毎年祭りの初日と最終日には花火が打ち上げられます。
これが雪像・氷像に光が反射してキラキラとしてすごく感動的です。
夏にはなかなか見られない冬の澄み切った空に華麗に花開く光はみていて胸にぐっとくるものがあります。

アトラクション・イベント

雪で作られた大きな滑り台が登場します。
これは、小さいお子さんでも滑れるようになっています。
また、スノーモービルでチューブボートを引っ張ってもらうものや色々あります。
2015年には大雪像にプロジェクションマッピングが投影され、音と光が融合したイベントもありました。
これも子供からおとなまで楽しめるイベントですね。
見ていて飽きないです。


また、冬まつりと同時に冬マルシェが開催されています。
旭川のあったかいグルメが堪能できちゃいます。
カニなどホカホカゆでたてでおいしいですよ。

なんと!去年の旭川の冬まつりのオープニングセレモニーに旭川出身ということで「とにかく明るい安村さん」が登場しました。今年はどなたが登場するのでしょう。楽しみですね。

アクセス・駐車場情報

公共交通機関から行かれる場合は、JR旭川駅で降り歩いて20分ほどです。
車の場合、駐車場は冬まつり会場にはありません。
なので、市内中心部などの駐車場を探しておく必要があります。

私のおすすめは期間限定で出ているシャトルバスです。
市内中心部や公共交通を行き来できますし、駐車場を探す手間もありません。

ここまでたくさん書いてきましたが、直に行って一度は見てほしいです。
インターネットの写真で見るより格段に心に響きます。
特に夜はとても寒いですが花火やプロジェクションマッピング、光の氷彫像。デートや家族旅行にぴったりです。

私も行った時には感動しまくりでした。
ここも、あっちもと見たいところは尽きません。ですから、時間に余裕を持っていくのが良いでしょう。
寒くなったら冬のグルメで暖を取り、おいしいもので元気を蓄えて存分に楽しみましょう。

存分に楽しむには寒さ対策も必要です。
寒い時でマイナス15度にもなる旭川。

私のおすすめは上下スキーウェアです。
雪に濡れる心配もありませんし、とてもあったかいです。
手袋・マフラー・ブーツ・帽子もお忘れなく。

そして、道は凍っています。車で来る方、歩く方はみなさん気を付けてください。
転んだ時受け身が取れるようにポッケから手を出してあるいてください。頭を打ったら大変です。

では、みなさん。
ぜひ冬まつりにいってみてはいかがでしょう。帰りに動物園に立ち寄るのもいいですね。
安全に気を付けて思い出に残る楽しいお出かけになるよう願っています。







旭川冬まつり