一人暮らし & 狭い部屋の暑さ対策!電気代を節約しつつ快適に過ごすコツと便利グッズ!

狭い部屋の暑さ対策

 

一人暮らし用マンションはエアコンが常設されている物件が多く、暑い日や寒い日はついついエアコンを付けてしまいますよね。

冷房や暖房は結構電気代がかかってしまうのが痛いところ。

特に冷房は身体を極端に冷やしてしまうので冷えやすい女子の身体に悪影響を与えてしまいます。

今年の夏はなるべく冷房を使わずに快適に過ごせる暑さ対策を紹介していきますね!

夏のエアコン代ってどのくらいかかるの?

エアコンが一番電気を使う時といえば、設定温度まで室温を上げたり下げたりする間。

設定温度になってしまえばその後はあまり電気代がかかりません。

なので冬の方が外気温とエアコンの設定温度の差が大きく電気代がかかってしまう季節!

その点夏のエアコンはそれほどびっくりするくらい電気代が上がった、なんて事はありません。

一般的な家庭で冷房を一日中使った際の電気代が6畳間で300円だそうです。

1時間12.5円程度ですね。

私が一人暮らしをしていた時の春秋の平均電気代が2000~3000円程度で、夏は家にいる間冷房をつけっぱなしにして4000円超えでした。

冷房代のみで月々2000円前後電気代がかかる計算です。

噂では24時間エアコンをつけっぱなしにしておく方が電気代がお得!と言われていますが、ペットなどを飼っている方に試して頂きたい節約方法ですね。

 

エアコンより扇風機の方がいい?

扇風機はエアコンと比べかなり電気代が安い家電です。

首振りや強風にしても一カ月の電気代は500円程度ほど。

小型のものだと200円前後と安く、あまり電気代を気にせず使用できます。

私も扇風機愛用者で、冷房を温度高めに設定し、扇風機と併用することでとても過ごしやすい室温にでき、なおかつ電気代が節約できます!

夜寝る時は冷房を切り、扇風機を首振りにして寝ますが、朝起きると寒いくらいなので冷房いらずでとてもオススメです。

しかし、「なんだか扇風機はダサい」「インテリアに合わない」と思っている方も多いでしょうが、今はちょっと変わった薄型やタワー型の扇風機や、スタイリッシュやレトロなデザインもあり、とてもオシャレなものも多いので是非チェックしてみてくださいね。

 

オススメ暑さ対策グッズ

直射日光が窓から差し込むと昼間の室内はとても温度が上がってしまいます。

外の暑さの大半は窓から入ってくるので、冷房効率を上げるためには窓面の対策をしなければいけません。

そこでオススメなグッズが断熱シート!

ホームセンターに行けば1000円前後で手に入り、貼るのも簡単です。

熱の侵入を防ぎ紫外線カットしてくれるものもあるので、室内での日焼けが気になる方にもオススメな暑さ対策グッズです。

遮光カーテンも窓の断熱対策に有効です。

外出前には必ずカーテンを閉めるようにするだけで直射日光が室内に入るのを防いでくれ、帰宅時に家の中が蒸し風呂だったなんて事がなくなります。

 

寝苦しい夜のオススメ対策グッズ!

熱帯夜で寝苦しい夜は冷房を付けっぱなしにして眠りたいですよね。

しかし、朝になって思った以上に身体が冷えたりだるくなったりと体調不良にも繋がります。

冷房をつけなくてもひんやりと涼しく眠れるオススメグッズが「冷却マット」!

最近では冷蔵庫で冷やさなくてもいい、塩で作られたソルトジェルタイプのものがかなり冷たく冷えて冷房いらずと人気です。サイズも大きく、値段もとてもリーズナブルなので是非試していただきたい冷却グッズです。

また、扇風機に不満を感じている方に「風が生ぬるい」という方がいると思いますが、扇風機用の保冷剤も商品化されています。

扇風機の後ろに装着するだけでひんやりとした風を発生させてくれる便利グッズ!

これがあるともうクーラーはいりませんね。

http://www.netprice.co.jp/sg/netprice/library/goods_img_view/576485/?start_slide_pos=0

●扇風機にヒンヤリをプラス!冷風強化装置「アイストーン」3個セット

 

室外機に打ち水をすると電気代節約に!

冷房の効いた部屋は快適で気持ち良く過ごせますが、外の気温と室内の温度差が高いほど体調にもひびくもの。

電気代や体調を気にせず過ごす為にもクーラーを使わず涼しく過ごせる知恵を付けるのも大切です。

どうしても冷房に頼ってしまう方は室外機に水をかけて冷やしたり影を作ってあげると冷房効率が上がり、電気代節約に繋がります。

夏の暑い日に是非試してみてくださいね!







狭い部屋の暑さ対策