赤ちゃんの冬服はどうしたらいいの? 汗のかきすぎには要注意!

赤ちゃんの冬の服装

寒い冬がやってきます。

話すことのできない赤ちゃんの服装は、ママさんが一番困るとこではないでしょうか。

私も寒くないか、暑くないかなどすごく気にしていた覚えがあります。

暖房の調整や加湿、天候などにより服装は変わってきます。

そして、大人と違う赤ちゃんの感覚ですので尚更わからないものです。

そんなあなたの役に立てればと、ここでは冬場の赤ちゃんの服装について紹介していきたいと思います。

室内での服のオススメ

新生児は大人が来ている枚数プラス1枚、生後1か月~3か月くらいまでは大人と同じ枚数、生後3か月過ぎは大人より1枚少なめに着せるのが目安です。

生後3か月くらいまではともかく、赤ちゃんはとても汗っかきです。

背中に手を入れて汗をかいていたら着すぎのサインです!

①新生児

短肌着+長肌着+カバーオール(ツーウェイオール)

コンビ肌着の場合は短肌着と合わせて着せてください。

②1か月~3か月

肌着を一枚減らします。

汗をかくようになってくるため、背中に手を入れて確かめてください。

気温によって短肌着、長肌着どちらを着せるのか決めるようにしましょう。

また、保温にすぐれた肌着がある場合は、一枚の肌着でも十分です。

その上からカバーオールを着せてあげてください。

③3カ月~

大人よりやや薄着にしてください。

活発に動くようにもなりますし、汗をたくさんかくようにもなります。

汗をかいてしまうと、体の体温をうばい風邪をひきやすくなりますので、薄手の肌着にカバーオールで十分です。

靴下は基本いりません。

ですが、住んでいる地域によっては、とてつもなく冷えることもありますので、気温によって調整してくださね。

赤ちゃんの足の裏はすぐ蒸れてしまいます。

あせもを防ぐためにも調節が必要です。

外出時の服のオススメ

防寒が必要です。

家の中で来ている服装に厚手のカバーオール、靴下、帽子を着用します。

どうしても足首が見えてしまう時が多くなりますが、そんな時はレッグウォーマーがあると安心ですよ。

また、一枚ひざ掛けなどもっていくと良いでしょう。

くるむこともできますし、かけることもできます。

これ1枚持っているだけでかなり違いますよ。

お出かけのときは持ち歩くようにしましょう。

着せ方

基本的な着せ方は前述したとおりです。

新生児など、言葉を話せない赤ちゃんの暑い・寒いの見分け方は、お腹や背中を触り冷たかったら寒い証拠、汗ばんでいたら暑いということになります。

よく、手足の温度で見ることがありますが、眠かったりすると温かくなりますので、あまり参考になりません。

抱っこ紐でのお出かけの場合、ママのアウターでくるむ場合は赤ちゃんのアウターはいりません。

6カ月~11か月の動きが活発になる頃は、上下別の服装になってきます。

ですが、肌着はロンパース型がおすすめです。

動いてお腹や背中が出やすいためです。

1歳からは、動きやすさも視野に服装を決めると良いでしょう。

とにかく動くこの時期。
伸縮性のあるものが好ましいです。

冬だからといっても着せすぎには注意です!

脱水症状にもなりかねません。

汗をかいていないからと水分補給を怠ると、色々な病気を招きます。

常に水分は持っておきましょう。

寒い冬は長く感じますよね。

ですが、雪が降ると外で遊ぶ楽しさもあります。

わたしは札幌に住んでいますが、わが子もいっそう外で穴を掘ったりしていました。

子どもが楽しく、いっぱい遊ぶためには親が適切な服装を決めなくてはなりません。

その土地によって気温は変わってきますので、一概にこうすればよいとは言えないのです。

ですから、周りの子どもを見たり、背中を触るなどして、こまめにチェックしてあげてください。

風邪をひいて家にこもっているなんてもったいないです!

できるだけ外で遊べるように防寒をしっかりして安全に楽しく過ごしましょう。







赤ちゃんの冬の服装