琵琶湖花火大会 2017の日程・有料観覧席、チケットが手に入らない場合の穴場スポット9選!

琵琶湖花火大会

びわ湖のイメージといえばなんでしょう。日本一の湖、鮒寿司、最近ではロックフェスなんかもありますね。

でも、花火大会も有名なんです!その名も「びわ湖大花火大会」。

今年は是非行って見ませんか?

この記事では

  • 開催日程
  • 会場へのアクセス方法
  • 穴場スポット
  • 大会の見どころ

をお伝えします。

日程・時間

びわ湖大花火大会は、毎年8月8日に開催されています。

今年は火曜日ですね。

  • 開催日:2017年8月8日(火) 時間19:30〜20:30 小雨決行。
  • 荒天の場合は8月11日に順延予定。
  • 開催場所:滋賀県大津港沖水面一帯

 

最寄り駅・アクセス情報

電車での場合

メイン会場の琵琶湖岸、浜大津(大津港)、なぎさ公園

JR琵琶湖線大津駅、膳所駅から徒歩約15分
JR湖西線大津京駅から徒歩約10分
京阪電車浜大津駅、島の関駅から徒歩約5分

湖西方面、皇子山運動公園、皇子山陸上競技場など

JR湖西線、大津京駅から徒歩10分
京阪電車、別所駅、皇子山駅から徒歩約5分

となっています。

私は、JR大津駅から中央大通りをぶらぶら歩いて会場に向かうことが多いですが、このコース、通りの両側に屋台がズラッとならんで、花火大会の雰囲気アゲアゲですよ。

事前に有料観覧席を買っておけば席の心配もないので、焼き鳥串なんかを食べながら、だらだらの下り坂を会場まで向かうのが楽しいですね。

車で行く場合

車での場合、大規模な交通規制があります。

浜大津=JR大津駅の周辺や、草津・湖周道路は一方通行になりますし、渋滞もひどいです。

24時まで規制される道路もあります。

駐車場もありませんので、やはり電車での来場が無難です

 

有料観覧席とオススメの穴場スポット

こちらの花火大会は嬉しいことに有料席があります。

約16,000席で、滋賀県営大津港管理用通路や修景緑地などに設置されています。

前売り券は3,800円、当日券4,300円。3歳以上から有料になります。

値段は変わりません。

私は何度か、琵琶湖ホテル前の緑地の有料観覧席で見物したことがありますが、席によっては緑地に植えられた樹木の
枝が、結構邪魔になる場合があります。

せっかく高いお金を払っているのに、これは残念すぎますよね。

席は簡単なパイプ椅子を並べてあるだけなので、こんな残念な席に当たった場合は、椅子ごと席を移動しちゃいましょう!

(ただし、あまり周りの人の邪魔にならないようにね。これだけは気をつけてくださいね)

また、当日券は「JR大津駅前日本旅行」「有料観覧席付近背仮設販売所」でも購入できますので、思い立ったその日に買うことも可能ですね。

でもその思い立った日が当日の昼過ぎ! なんて方のために、穴場スポットをご紹介しますね。

 

穴場その1:矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

こちらはメイン会場から琵琶湖を挟んで対岸の場所です。

反対側から見えるだけで、比較的近くで花火を楽しむことができます。

ただし最寄駅が遠く、そこからバスなどの移動手段も少ないため、車で行かれた方がいいでしょう。

 

穴場その2:比叡山ドライブウェイ夢見が丘駐車場

有料道路の比叡山ドライブウェイですが、「夢見が丘」駐車場にある展望台からは、大津、琵琶湖の夜景が一望できます。

駐車場は132台ぶんあって、比較的遅い時間に行っても大丈夫です。

ロマンチックな夜景+花火のロケーションを恋人と楽しみたいですね。

「比叡山山頂」も綺麗に花火が楽しめるオススメスポットですよ。

夢見が丘駐車場が混雑している場合は上まで登ってしまいましょう。

 

穴場その3:名神高速大津サービスエリア

こちらからも琵琶湖と大津の景色が一望できます。

が、高さの関係で仕掛け花火などはややみづらいです。

 

穴場その4:アル・ブラザ瀬田店

こちらは子供づれにオススメです。

毎年花火大会当日に屋上駐車場を開放してくれているので、安心して花火を楽しむことができます。

屋台やビンゴゲームなどもささやかながらあるようです。

 

穴場その5:びわ湖競艇場

こちらは普段は入場料がかかりますが、花火の当日は無料で入場できます。

大津港からも近く、スタンドの椅子席で花火が楽しめる人気のスポットなので、やや混雑はします。

はやめに場所取りに行った方がいいでしょう。

 

穴場その6:陸上自衛隊大津駐屯地

こちらも花火大会の日に合わせてヘリポートやグラウンドを無料開放してくれています。

少し離れているので湖面を使用した仕掛け花火は観えませんが、打ち上げ花火は綺麗に観えます。

ただし、突然の出動などで無料開放が中止されることもあるのでご注意ください。

 

穴場その7:皇子が丘公園

こちらは会場から少し離れます。

が、小高い丘になっている公園なので、琵琶湖を望めるスポットを見つけて観覧しましょう。

 

穴場その8:びわ湖大津館

こちらは和洋折衷のモダンなホテルの芝生広場。

1,500席の特別観覧席が設けられ、一人3.500円で花火を鑑賞することができます。

ホテルなだけあって、お食事付き観覧席もあり、デートにはぴったりですね。

有料観覧席が前売りで売り切れになってしまった場合、こちらをあえて狙ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

穴場その9:琵琶湖ホテル

こちらもお食事付きのコースが有名。

打ち上げ会場すぐそばにあるホテルなので、花火も大迫力です。

旅行先に考えている方は、こちらのホテルのプランはいかがでしょうか。

ただし、実際に琵琶湖に面した部屋を確保するのは至難の業。

もし、取れたら、超ラッキーと思いましょう。

私も、一度でいいからホテルの部屋から花火を見物してみたいです。

 

大会の見どころ

びわ湖大花火大会は、なんといっても湖面を生かした演出が素晴らしい花火大会です。

「水中スターマイン」と呼ばれる、湖面に扇型を描くように打ち上がる花火や、斜めに打ち上がる花火が見所です。

様々な花火が打ち上がり、それらが湖面に映るその姿は美しいの一言。

この大会以外では絶対に観られない光景です。

湖が見えるポイントから花火を楽しむのを強くおすすめします。

 

ここにしかない景色を是非楽しんで

琵琶湖といえば、なんだか教科書で出てくる湖、程度のイメージしかない方でも、きっとこの「びわ湖大花火大会」は心に残る感動をくれるはずです。

年に一度しかないこのチャンスを逃さないように、しっかり暑さ対策と虫除け対策をして、日本一の湖に反射する花火を楽しみましょう!







琵琶湖花火大会