幹事を任されると一人前? 忘年会のコツとマナーについて

忘年会を取り仕切る幹事には、計画性や企画力、協調性など様々な力が求められます。

ですので、そういった能力がまだ備わっていないとされる新入社員などには会社全体の忘年会のような大きな催しごとの幹事を任せることは少ないです。

もしあなたが今回幹事を任されたのであれば、それは一人前の力が備わっていると認められている証拠であると言っても良いと思います。

今回は忘年会の流れや幹事の挨拶のマナーなどを紹介して行きます。

流れ

まずは忘年会の流れを紹介します。必ずしもこの流れではありませんが、私の会社での流れはこんな感じです。

開会の言葉

司会の挨拶です。今から忘年会を始めますと言った言葉を司会からかけていただきます。

乾杯の音頭や挨拶

その会の中で二番目あたりの人物に乾杯の音頭を取ってもらうのが一般的です。
また音頭と挨拶は分ける場合もありますが、忘年会においては、まずは乾杯の音頭を先に取ることの方が多いと思います。

歓談・表彰・余興など

乾杯後は歓談や余興の時間になります。ここで各部の表彰などが行われる場合もあります。

責任者の挨拶

会に出席している中で一番上の立場の人物から挨拶をしていただきます。

締めの挨拶

最後に司会から締めの挨拶をしてもらい、終了となります。
※責任者が最後に締めの挨拶をする場合もあります。

司会

司会は幹事と兼任する場合もありますが、ここではその司会についての言葉を上の流れに沿って少し紹介して行きます。

ポイントは忘年会の場合、一年の締めくくりとして、それぞれ労をねぎらう意味で会が開かれていますので、司会は元気よく笑顔で行うことを心がけましょう。

特に第一声が上手く決まれば、その後の司会は楽になりますので、緊張するでしょうが、落ち着いてこなしていきましょうね。

また、あまり飲みすぎないように注意してくださいよ!
飲みすぎて司会できなくなっては目も当てられませんので気を付けましょう。

開会の言葉

「皆さま、こんばんは!本日司会を勤めさせて頂きます、○○部の△△と申します。
元気いっぱい勤めさせて頂きますので、宜しくお願いします!
それでは、只今より○○会社の忘年会をはじめます」

乾杯の音頭や挨拶

「まず初めに、○○部の△△部長に乾杯の音頭をお願いしたいと思います。
各自グラスの準備をお願いします。それでは△△部長、宜しくお願いします。」

歓談・表彰・余興など

歓談中に余興が入る時に司会から
「皆さま、大変お待たせ致しました!本年も恒例のビンゴ大会の時間がやって参りました!お手元にあるカードの準備はよろしいでしょうか!
番号札を引いて頂くのは○○部の○○さんです。宜しくお願いします。」

責任者の挨拶

ここでは社長に締めの挨拶をお願いしています。
「宴たけなわではございますが、この辺りで○○社長から締めのご挨拶をお願いしたいと思います」

締めの挨拶

締めの挨拶を社長などにお願いしなかった場合、司会や幹事が挨拶を行います。

「宴たけなわではございますが、時間の都合もありますので、この辺りでお開きとしたいと思います。お忙しい中お集まり頂きまして、本当にありがとうございます。おかげさまで素晴らしい集まりにすることが出来ました。
一年間お疲れさまでした。ありがとうございました。」

挨拶

幹事の挨拶のマナーとして、挨拶のタイミングは時々によると思いますが、長く話さない、短く話す。これを特に気を付けて下さい。

単純に話が長い人は嫌われるというだけでは有りません。
忘年会では他の目上の方たちも挨拶を行います。
その方たちより幹事の話が長いとどう思いますか?

同僚の方たちはドキドキしてしまうかもしれませんし、目上の方たちは司会や幹事の話もしっかり聞いている事が多いです。
あらかじめ何を話すかを考えるのは当然として、短く、そして簡潔にまとめるようにしましょう。

大変だけど、社内ネットワークは広がる

幹事はとても大変です。
もしまた指名がきたら少し憂鬱になります。
皆がわいわい楽しく飲んでいるのに、自分は会に集中できませんから。

しかし悪いことばかりではありません。

忘年会の企画段階から社内の様々な人たちと関わりますから、ネットワークは広がりますし、そのネットワークは後々自分の財産になります。
また目上の方たちからも覚えが良くなることは間違いありません。

影で会社の為に苦労してくれたことを分かってくれる人は多いです。

良い忘年会になるかどうかは幹事の采配次第ですので、気合を入れてこなしていきましょう。