ブーツで通勤。 先輩の目が気になる? 3つのポイントで悩み解消!

通勤にブーツってあり?

通勤用とプライベート用でブーツは使い分けるべき?

最近は色々なデザインの靴が出回り、トレンドも毎年細かく変わっていっています。

秋冬から靴の主流となってくるブーツも、毎年新しいデザインや生地のものが出てきます。

一週間の大半をお仕事で過ごしている女性でも、通勤中だって普段と同じようにオシャレに見せたいですよね。

でも、通勤用とプライベート用のブーツは使い分けたほうがベターです。

どんなにいい靴を買っても、毎日のように履いていたらせっかくの可愛いブーツが汚れてしまったり傷がついてしまったりして台無しになってしまいます。

何より、そうなってしまった時に、普段お仕事をしている方なら修理に出したりクリーニングに出したりする暇がありません。

お気に入りのブーツならプライベートだけで楽しむことをおすすめします!

 

通勤用のブーツ選びで気をつけることは?

通勤時に使うブーツで押さえておきたい点は、履きやすさ、サイズ感、デザインの3点です。

ポイント1:履きやすさ

仕事によっては、一日中着用している人もいれば、通勤時のみに履く人もいますが、特に出勤時のみにブーツを着用する人は、脱ぎ履きの簡単さを重視して選びましょう。

ジッパーだけの、シンプルなデザインなら使いやすいですね。

また、一日中ブーツを着用している人も、履きにくいブーツではストレスが溜まり、足が疲れてしまいます。

履きやすく脱ぎやすいブーツを選びましょう。

ポイント2:サイズ感

ブーツはジャストサイズではなく、少し余裕を持ったサイズを選びましょう。

大きすぎるブーツと靴擦れを起こしてしまうので、大きすぎもNGです。
ぴったりのブーツのワンサイズ上がおすすめです。

少し大きめのブーツを選ぶ理由は、むくみと着ぶくれを防ぐためです。

一日中ブーツを履いている人も、通勤中だけの人も、帰る頃にはどうしても足がむくんでしまい、ブーツがきつくなってしまいます。
どんなにむくみ対策をしても夕方には足はむくんでしまうので、少し余裕を持ったブーツを選ぶことが断然おすすめです。

次に着ぶくれですが、冬はタイツを履いたり、特に寒い日にはタイツの2枚履きをしたりする人もいるので、自分の本当の足のサイズよりも少し大きくなってしまいます。

ぴったりサイズのブーツではタイツを履いた時にきつくなってしまうので、ワンサイズ上のブーツを選ぶようにしましょう。

ポイント3:デザインとカラー

会社に厳しい規定がないならいいですが、曖昧な場合は派手なデザインのものは避けたほうがいいですね。

また、先輩の目も気になるならやはりシンプルなデザインを選ぶことがいいと思います。

ブラックやブラウン、ホワイト、ネイビーなど、無難な色を選べば安心です。

長さはロングブーツよりも、ショートブーツやミドル丈のブーツがおすすめです!

特にミディアム丈のブーツは今年のトレンドでもあるので、出勤中でもおしゃれに仕上がることができます。

通勤用にオススメはこれ!

通勤用におすすめのブーツは、オリエンタルトラフィックの「サイドゴアフラットショートブーツ」です。

色はスウェード生地のブラウンとブラック、生地が革のブラックの3つがあります。

サイドゴアなので脱ぎやすさ・履きやすさも良く、デザインもシンプルなのにかわいいので私のイチオシのおすすめです!

また、同じくオリエンタルトラフィックの「グリッターヒールブーティー」もオススメです!
色はスウェード生地のベージュ、グリーン、そしてブラックがあります。
先程おすすめしたブーツと違い、ヒールがあるのでスタイルも良く見えるのが素敵です。

通勤中だってオシャレしたい!

人生の大半を仕事時間に費やしますが、どんな時だって可愛くありたいのが女の子ですよね!

私も、通勤中も手抜きせずにオシャレして行きます。
しかし、先輩を気にして自分の本当に好きなブーツを選べないこともあるんですよね・・・。

そんなブーツは仕方ないので休日に楽しみますが、ブーツは秋冬にしか使えないアイテムなので、たくさん履きたいです!

先程お伝えした3つのポイントをおさえて、毎日オシャレを楽しみましょう!







通勤にブーツってあり?