秩父夜祭りは国の文化財! 秩父夜祭2016

秩父夜祭

お祭りと言えば、夏祭りや古来から収穫を願ったり祝ったりなどする豊穣祭などが思い浮かぶと思います。
また花火は夏の風物詩とも言えるもので、夏祭りには毎年浴衣で花火という方も大勢います。

しかし、冬の花火も大変趣があり、素晴らしいものです。

本日紹介する秩父夜祭りは冬に行われるお祭りで、日本最大曳山祭りの一つにも挙げられ、また日本三大美祭としても大変有名なお祭りです。

タイトルにもあるように、秩父夜祭りは国指定重要無形民俗文化財に指定されており、古くは江戸時代、300年以上の歴史を誇ります。

そんな秩父夜祭りの情報を紹介して行きたいと思います。

いつ?

お祭り自体は毎年12月1日から6日まで行われていますが、観光として盛り上がりを見せるのは下記の2日間となります。

2016年12月2日 宵宮
2016年12月3日 大祭

となっていまして、宵宮は前夜祭のようなもので、大祭で最大の盛り上がりを見せ、クライマックスを迎えます。

見どころや楽しみ方

昔から行われているお祭りであり、秩父に住む人々にとっては一年の締めくくりとして多くの人が大変楽しみにしているお祭りです。

宵宮については、前夜祭的な位置づけにあり、朝から山車の引き回しが行われます。
宵宮の宵とは日が暮れて間もないころという意があるようです。

花火も上がりますがこの日は、19時から20時までとなっています。
前夜祭と言っても大変盛り上がりますので、2日間とも参加できる方は宵宮から楽しむことで、翌日の大祭をさらに楽しむ事が出来ますね。

大祭も朝早くから山車の引き回しが行われます。
お祭りの盛り上がりのピークとしては、御神幸行列や各町の山車が秩父神社を出発する午後7時頃から、お旅所に到着するまでの午後10時頃までとなります。

最大の見どころの一つである、秩父夜祭りの花火ですが、その中でもスターマインと言われる花火は毎年大変な盛り上がりを演出してくれています。

スターマインとは連射連発花火のことであり、秩父夜祭りのスターマインは大スターマインと言われるほど大規模なものです。冬の大迫力の花火は是非とも体験して頂きたいと思うほど素晴らしいものです。

アクセス・駐車場情報

秩父夜祭りへのアクセスや駐車場情報を紹介します。
住所 秩父神社 埼玉県秩父市番場町1-3
となっています。
混雑しますので、公共の交通機関を利用することをおすすめします。

電車の場合の最寄り駅は
秩父鉄道 秩父駅
西部池袋線 終点西部秩父駅
当日は臨時列車も出ますので、時刻表などは当日ご確認下さい。

また、お車でお越しの方につきまして、お祭りの主催者側もホームページ内などで、「交通機関で来ることを強くお勧め致します」と、記載しているほど当日はかなり混雑します。

それでもお車でという方は、こちらのマップをご覧ください
https://goo.gl/F2MDPj

例年マップの場所などが駐車場として利用されています。
注意して頂きたいのは臨時駐車場などは場所など変更になることもありますので、お祭りが近づきましたら、もう一度主催者側の情報を確認して下さい。

秩父夜祭りは寒い中でのお祭りです。
師走に入り年の瀬が近づく中で世間が慌ただしくなるころ、一年を振り返りながら冬の夜空に浮かぶ花火を見るのも一興だと思います。

年内最後のひと踏ん張りのエネルギーをお祭りから貰うという人も多いのではないでしょうか。
お時間ありましたら、秩父夜祭りへの参加もご検討下さい。

最後にこちらが秩父夜祭りの動画です。







秩父夜祭