スタッフのおすすめ。クリスマスの子ども教室で盛り上がるゲームはこれ!

クリスマス子ども会のゲーム

こんにちは。わたしは子ども英会話教室で講師をしています。

毎日英語でにぎわう英会話教室…。
子供たちが一生懸命、英語で話そうとする姿がかわいらしいですね。

子供たちはいつも何かを楽しみに頑張っていて、その頑張りに毎日心を打たれます。

最近の子供たちのがんばりポイントは「サンタさん」!

子供たちに夢を与えてくれるし、親にとっては「サンタ」の3文字で事が済んでしまうヒーロー的存在だと思います。

そんなサンタさんがやってくるクリスマスはあと2か月ほど先です。

英会話教室では、そろそろクリスマスパーティーの準備が始まっているのではないでしょうか?

毎年やっているので、もうネタ切れ…なんて主催者もいるかと思います。

今回は、そんなクリスマスパーティーについて、わたしの経験から

• 盛り上がるゲーム
• 景品予算
• プレゼントの内容

の3点をお伝えします!

まずは、盛り上がるゲームです。

子供たちは遊ぶことが大好き!

ちょっとしたことを遊びに変えてしまう天才です。

今回は、クリスマスに少しだけ絡めたゲームをお伝えします。

”DON’T FALL GAME”

私の経験上、一番盛り上がったのは”DON’T FALL GAME”です。

必要なものは新聞紙だけ。

新聞の上に生徒が乗り、スタッフとじゃんけんします。

負けた人は新聞を半分に折り、全員が新聞の上に乗ったらスタッフが5秒数えます。

数えきったら、”Merry Christmas!”と言い、そこまでで落ちなかった人はセーフです。

これを繰り返し、誰が一番残っていられるかを競うゲームです。

幼稚園生から小学校高学年まで楽しめるゲームですので、おすすめです!

2つ目に紹介したいのは、ジェスチャーゲームです。

何グループかに生徒を分けて、一列に並べます。

生徒はスタッフに背中を向けるようにして座らせます。

チームの代表を一人前に呼んで、スタッフからお題を聞きます。

列の先頭に座っている子を振り向かせて、代表にジェスチャーをしてもらいましょう。

ジェスチャーを見た子は、絵を描いて、自分の後ろの子にお題を伝えます。

絵を見た子はジェスチャーを、その後ろの子は絵を描く…というのを繰り返し、最後の子が見事お題を言い当てたらクリアです!

3つ目に、シンプルですがビンゴも盛り上がります。

ただ、小さい子にはスタッフや保護者のサポートが必要なので、数字を言う人と巡回する人とで役割を分けておくといいかもしれませんね。

景品予算ってどのくらい?

景品の予算は、参加人数と規模にもよりますが、だいたい生徒一人につく1000円くらいだと思ってください。

こだわりたくて、海外のお菓子や物をプレゼントするなら、一人当たり3000円~となるでしょう。

ただ、赤字になるのは避けたいので、子供相手のクリスマスパーティーなら参加費500円くらいになるようにしたいですね!

喜んでもらえるプレゼントって?

子供たちに圧倒的に人気のプレゼントは、なんと言っても「お菓子」です!

もちろん、何か物をもらってもうれしいと思いますが、様々な年齢の子が来るのなら、年齢を気にせず買い込めるお菓子がオススメですね。

100円ショップなどに売っているかわいい袋に、たくさんのおかしを詰め込んだら子供たちは大喜び間違いなし!

ほかにも、意外と文房具は大人気です。

クリスマス柄のモノも人気ですが、人気のキャラクターやかわいいデザインのモノも人気が高いですね。

クリスマスパーティーの月の週から使ってくれている子もいるので、渡した側からするとなんだかうれしくなっちゃいます♪

子供たちの笑顔に癒される一日

クリスマスパーティーは、ハロウィンパーティーと同様で一大イベントです。

また、ただ一緒に遊ぶのではなく、子供の新しい面を発見したり、信頼関係を築いたりなど、いい部分もたくさんあります。

スタッフとしては、子供たちのかわいい笑顔に癒される一日ともなります。

企画は大変かもしれませんが、子供たちの笑顔のために、頑張って乗り切りましょう!







クリスマス子ども会のゲーム