恵方巻は神様への意思表示。きちんと恵方を向いて気づいてもらいましょう!

恵方巻き

恵方巻には食べ方があるのをご存知ですか? 

福を呼び寄せることに失敗しないように正しい食べ方を知っておきましょう! 

節分の行事は鬼をやっつけるだけではなく、福を呼びよせなければ隙をみて又鬼に入られてしまいます。

日頃嫌なことがあると気持ちが沈みますよね。

自分一人の力ではなかなか立ち直れない時に思い出すのは神様の存在です。

神様に自分の現状を分かっていただき、仲良くなりたいものです。

目に見えない神様にはどうしたら仲良くなれるのか?

昔から人々が色々な工夫をしてチャレンジしてきたことはどんなことか探ってみましょう!

大人も子供も頑張れ! 食べられる幸せ!

恵方巻は関西の習慣で、海苔巻きに七福神にちなみ7種類の具材を入れた海苔巻きです。

一人につき1本を食べる決まりなので、きつい人にはかなりの苦行といえます。

ですが食べられることは命の源が確保されているということでなんと幸せなことでしょう。

家族に合わせて半分の海苔を使ったミニ版やロールケーキで用意してもいいのではないでしょうか?! 

市販のモノ以外でもお子さん用にオリジナルにチャレンジできたら喜んでくれること間違いなしです。

具材も海苔巻き用にこだわらず、チーズやウィンナー、ゆかりやそぼろで色をつけたら楽しそう。

海苔にこだわらず、ハムでミニサイズ巻や、食パンでロールサンドもいいですね。

家族に合わせて用意できたらうれしくて喜んでもらえますよ。

 

恵方を向いて福を呼びましょう!

恵方を向いて

2017年の恵方は北北西、南向きの窓を背中に北を向いたちょっと左が西になります。

家族全員で神様のいらっしゃる方向に向いて「私たちはここですよ!」と意思表示をしてください。

その年により神様のいらっしゃる位置が違いますので、しっかり確認してください。

神様はそっぽを向いている人には全く気が付きません。

気が付いてもらえないと鬼の思うつぼになり、沢山の誘惑があなたを取り囲んでしまいます。

鬼の誘惑はとても強烈で経験のある大人は子供たちに教えてあげるいい機会になりますね。

現在進行形で鬼に囲まれている人は早く神様に気づいてもらえるように頑張りましょう。

ちなみに鬼の誘惑はとてもたくみで計算高いのだそうですので、ご用心ください。

 

笑う門には福来り

朗らかに笑いの絶えないところには福が来ると言われますが、恵方巻は食べ終わるまでしゃべってはいけないことになっています。

しゃべらずに黙々と一気に海苔巻きにかぶりつくのが正しい食べ方だそうです。

願い事をしながら目を閉じて、福を巻き込んだ丸のまま一本の海苔巻きを食べきると福が逃げないと言われています。

真剣さが伝わるのでしょう。

おしゃべりをすると隙ができてしまうからでしょうか、一心にお願い事をしたほうが聞いてもらえそうですね。

一人一人の願い事は全て違うのだから神様も大変ですが、神様も笑いの絶えない明るいところがお好きなようですよ。

笑う門には福来り

 

恵方巻の正しい食べ方を心得て是非家族全員に福が来ますようにお願いしましょう。

豆まきと同様に鬼には外に出てもらい福を呼び入れ、自分の心の中にも平安があるといいですね。

自分にとって嫌なことは日々日常的に起こるので、節分に限らず神様にこちらをむいていてほしいものです。

神様が目に見えないのと同じように鬼も目にみえないものですから、油断をするとすぐに鬼に取りつかれてしまいます。

自分一人ではなく大切な家族全員で神様に守ってもらいましょう。

目に見えない神様と仲良くなる方法は「祈祷」「祈り」なのかもしれません。

日々の努力はきっと見ていてくれます。

反対に鬼とは仲良くなりたくないですが、心の中にふとした瞬間「あらいたの?!」とビックリさせられることがあるかもしれません。

ご用心!ご用心!







恵方巻き