「絵馬」ってなぜ「馬」なの? 正しい書き方を教えて!

絵馬

 

神社でなんとなく目につくところにある「絵馬」

屋根のような形をしていたり四角だったりと形はいろいろですが、そもそもなぜ「絵馬」というのでしょう?

馬と神社がどのような関わりで現在の風習に落ち着いたのでしょうか?

そんな疑問を紐解いていきます!

なぜ「馬」なの?

なぜ「絵馬」と言うのでしょう?

日本では古来より、馬は神様の乗り物として「神馬(しんめ)」と呼ばれ、神聖なものとされていました。

そのため祈願や祭礼のときに、神の降臨(祈願成就)を願って行きた馬を奉納する風習がありました。

ただ、神社はたくさんの氏子さんを抱えています。

お願い事のたびに馬を奉納していたのでは、神社側の管理が大変。馬の世話には労力が必要となります。

氏子側でも、何かお願いや祭礼があるたびに馬を奉納していたら大変です。

そのため、徐々に生きている馬を奉納する代わりに、馬の像や板に馬の絵を描いたものを奉納するようになりました。

これが「絵馬」の起源と言われています。

絵馬の原型は奈良時代まで遡ることができ、室町時代からは馬以外の絵柄も登場しました。

美の神様だったら自分のメイク道具でお化粧をしてあげる絵馬や、イラストを参拝者に書かせるタイプの絵馬も今では豊富ですね。

宮城県の大河原町にある「大高山神社」は桜の名所として知られていますが、ここの絵馬はとっても種類が豊富。

猿・狐・むかで・にわとり・蛸・大根・鎌・蛇。

どれも効能が違って、

猿は「災難・疫病がさる(去る)」

狐は「五穀豊穣・一家繁栄」

むかでは随分珍しいですが、諸毒に害を覗くと言う意味から使われています。お足、つまり金銭が多いと言うことから上方商人に好まれたそうです。

にわとりは子供の夜泣き、疳の虫封じ、火の用心、にわとりが餌をつつく様子から失せ物探しに効力があるとされています。

蛸は病気の平癒祈願。

大根は二股の大根でこれは吉原神社などでも神紋になっているとおり、夫婦和合の象徴とされています。つまり二股の大根を足にみたてて絡み合わせることで、男女の営みを表現しています。

鎌はおできを剃り落とす、風を切って稲を台風から守るという意味。

蛇は水の神様ですから、穀物法城さらに人間の幸せを願うものとなります。
蛇とは日本古来の動物ですが、男性の主張でもあり、なおかつ身分が低く川べりや湿地帯などに住んでいる人物たちをこう呼ぶことがありました。

幸せでなかった人の象徴のため、転じて人の幸せを願う絵馬となったのですね。
また、蛇はネズミを食べるので、蚕の天敵を減らし養蚕が成功する、というご利益もあります。

現代でも神社によっては生きた馬がいるようです。

伊勢神宮、神田明神、多度大社、住吉大社、宇佐神宮、日光東照宮、上賀茂神社、石清水八幡宮、金毘羅宮、小室浅間神社、石切剣箭神社、大和国鹿島香取本宮などで飼育されています。

 

そもそもなんのためにあるの?

絵馬は江戸時代から広まりましたが、前述の通り、氏子がお願い事や祭礼の際の奉納品として神社に奉納するためにあります。

なので、基本的には「書けばお願いを叶えてくれる」というものではないです。

この「書けば願いが叶う」という考えは絵馬が広まった江戸時代が、現世利益や念仏供養の流行った時代だったため、その時代背景から絵馬まで他力本願の「願いを叶えてくれる板」という考えが広まったと思われます。

絵馬を神社に奉納すると言うことは、神様と約束をする、ということです。

お願い事などは、神様が全て叶えてくれるわけではなりません。

絵馬に書くことによってそれを「目標」とし、自分たちが努力して達成するので、神様はそれを見守っていてください、という決意表明のものなのです。

 

なんでも書いていいの?

マナーとしては、黒の油性マジックで具体的にお願い事と自分の素性を書くことが重要だとされています。

笑い話として、「縁結びに霊験あらたかな神社に行ったモテない男が、絵馬に具体的に要望を描いて祈願成就を願ったが、“異性”と書くのを忘れたために、条件に完璧に当てはまる男性と出会ってしまった」なんてものがあります。

また、神様との約束のためのものなので、失礼な言葉や悪口は書いてはいけません。

正しいマナーとしては、

  1. 絵馬の裏側に願い事を具体的に書く
  2. 消えない黒いマジックで書く
  3. お願いは「○○したい」ではなく「○○する」と、言い切った形で書く
  4. これは「合格しますように」「誰々と付き合えますように」だと他力本願のお願い事になってしまいます。
    「これを頑張りますので見守っていてください」という宣言なので、きっぱり言い切ってください。

  5. 名前と住所をしっかり書く
  6. 神様は多数の氏子を抱えています。神様がたくさんいるように、そのぶんお参りに来る方もたくさんいて、その一人一人を神様が把握しているわけではありません。
    そのため、参拝の時と絵馬奉納の時は、自分の素性を明らかにし、より霊験あらたかな効果を狙うのです。

  7. 絵馬の奉納はその絵馬をもらった神社で
  8. 日本の神様というのは嫉妬深かったり荒々しかったりするので、A神社でもらって描いたものをB神社に奉納、なんてのはタブーです。祟りがおきかねません。

  9. お願い事はひとつだけ
  10. たまに絵馬にたくさんお願い事を書いている人がいますが、一年に一度ひとつだけお願い事を書きましょう。
    神様もややこしい願いよりはストレートな願いの方がご利益をくれそうです。

 

どうやって処分してるの?

絵馬は祈願が叶ったら、その神社で「祈願成就しましたので処分をお願いします」と頼みます。

神社では月に一度など日を決めてお焚き上げをしています。

そこで焼却処分をしてもらい、煙が登っていくのをみて神様にお礼を述べるのもいいかもしれません。







絵馬