うわさの「正しい洗顔の仕方」を体験せよ!

洗顔

一般的に洗顔というと朝・晩の1日2回が平均的と思われますが、朝・晩で洗顔の意味が違うということを知っていますか?

せっかく肌をきれいにしたいと頑張っても、洗顔の仕方が間違っていると肌に良くない結果を起こすこともあります。

洗顔とは

では、なぜ洗顔をするのでしょうか。
肌は乾燥を防ぐために皮脂を分泌しています。
ある程度の皮脂は必要ですが、その皮脂は酸化すると老化を招く過酸化皮質になってしまうのです。

また、1日経った肌にはホコリや汚れなどもついていて、その汚れをそのままにしておくと雑菌が繁殖してニキビの原因にもなります。
そういった肌に残しておいてはいけないものを肌から取り除く、ということが洗顔の目的なのです。

正しい洗顔の目的を知らずに過度な洗顔をしてしまうと、肌に必要な皮脂まですっかり落としてしまいます。
それが皮脂の分泌を促し、オイリーの原因になります。

また肌を乾燥から守る角質層の成分を洗い流してしまって肌のバリア機能を崩したりと、お肌にとってはいいことが一つもないという結果になってしまいます。

肌を必要以上に刺激しない

洗顔をする時に気を付けるべきポイントは何でしょうか。

一番大事なことは肌を必要以上に刺激しないことです。

1日に何度も顔を洗ったり、汚れを落とそうとしてゴシゴシとこすってしまったり、念入りに洗顔をして時間をかけすぎてしまったり、熱すぎるお湯や冷水ですすいだり、タオルでゴシゴシと擦るように顔をふいてしまったり・・・思い当たることはありませんか?
これらはすべてお肌に負担をかけることにつながり、せっかくの洗顔がマイナスになってしまいかねません。

また、朝と夜で洗顔の仕方は同じでいいのでしょうか?
夜は、寝る前に1日かけてついたホコリなどの汚れや、メイクなどをきれいに落としてあげる必要がありますが、朝は、寝ている間についた汚れのみを落とすだけでいいのです。

朝も夜と同じような洗顔をしていては、夜寝ている間に回復していた、肌を乾燥から守るバリア機能が失われることにもなりかねません。

正しい洗顔の仕方

それでは正しい洗顔の仕方をご紹介しましょう。

① まず手を洗いましょう。手の汚れをとることで手を清潔にし、顔に汚れをつけないようにするとともに、洗顔料を泡立てやすくします。

② 顔をぬるま湯で洗いましょう。汚れをとって、洗顔料が肌にのりやすくします。

③ 洗顔料をよく泡立てましょう。泡立てることで肌への刺激をやわらげる効果があります。

④ Tゾーンから泡立てた洗顔料をのせて、優しく洗いましょう。

⑤ Uゾーンを優しく洗った後、肌が薄い目元や口元は洗顔料をのせる程度にしましょう。

⑥ ぬるま湯ですすぎましょう。体温より低めの30~35度くらいのぬるま湯で洗い残しがないようによくすすぎます。

⑦ 清潔なタオルでおさえるように水分をとりましょう。

⑧ すぐに化粧水や乳液で保湿をしましょう

おすすめの石鹸等

おすすめの石鹸や洗顔料はネットでもいろいろ紹介されていますが、自分の肌質からいろいろ試してみて、自分に合う石鹸を探していきましょう。

洗顔料を選ぶ時には、洗顔後に肌に余分なものが残らないものを選ぶようにしましょう。
洗顔後のしっとりをウリにしている洗顔料は、洗顔後に潤っている感じがしますが、油分が含まれていることによって、肌に膜が張られて化粧水や乳液の浸透を妨げてしまうことがあります。

美肌は洗顔から

私たちはついつい美肌を目指して化粧水や乳液などに目を奪われがちですが、実は美肌になるためには洗顔が一番大切ということがわかりました。

洗顔の仕方については、摩擦と刺激を避けることが肌に一番だという医師からのアドバイスもあります。
洗顔の意味を知って、お肌はできるだけ刺激せずに正しい洗顔をして、あなたも美肌に生まれ変わりませんか。







洗顔