初めての妊娠:私が感じた3つの不安と4つの喜び

妊娠の不安と喜び

私は現在1児のママです。
妊娠を知った瞬間、それまでの自分とは全然違う感覚になりました。
喜び、不安が一気に襲ってきます。

ここでは、私が感じた不安と喜びを一部ですが紹介したいと思います。少しでも皆さんのお役に立てたらなと思います。

3つの不安

食べづわり

妊娠してまず襲ってくるのがつわりです。 
つわりは強弱ありますが、全ての方に出るのではないでしょうか。

私の場合は、食べづわりでした。
食べづわりとは、何かを口に入れてないと気持ち悪くなり、空腹を感じる症状です。

医師は「我慢してもストレスになり体に悪いからあまり我慢しないでね」と言って下さいました。

太りすぎるのもダメ、でも食べたい心の板挟みで苦しんでいる方もいるでしょう。

つわりは大体の方は5か月くらいに落ち着いてきます。
何も考えずとはいきませんが、歩いて買い物にいく、天気のいい日は公園を歩くなど気持ちもリラックスして体にも良いですよ。

尋常ではないくらいのイライラ感

そして私は尋常ではないほどイライラして妊娠かもと気づきました。
どうしても妊娠すると情緒不安定になってしまいます。

妊娠時、多量のホルモンを生成させながら一人の人間を誕生させる作業がずっと続いています。
ホルモンバランスが崩れ非妊娠時とは全く違う心情になるのは当然です。
私も普段気にしなかったことが物凄く気になり、家族にあたり喧嘩にもなりました。

急に涙がでてきたり、落ち込んだり。そうなるのはあたり前です。
そのことを気にしていてはもっとふさぎ込んでしまいます。
私は、ハッと我に返る時があり、その時間で家族に謝っていました。
すると家族もしょうがないとわかってくれ、私の気持ちもすごく楽になりました。

出産の痛み

臨月になると出産への不安が大きくなってきます。
どのくらい痛いのかが一番気になると思います。
ですがママは、必ずその痛みに耐えられるようになっています!私は早く出したいと必死でいきみました。
そして人生最高の喜びを感じるのです。

4つの喜び

胎動

妊娠時の喜びとして胎動があります。
私は7か月頃にはっきりと胎動がわかりました。
エコーで見ていた赤ちゃんの命を身をもって体験する初めての事でした。
時間を問わず動いて時には寝れない日もありましたが、赤ちゃんも頑張っているのだと実感できる時間でした。

誕生の瞬間

何よりも誕生の瞬間です。
これはそれまでの人生で感じたことのない喜びです。
こちらはご自分で体験し、感じてください。

名前決め

生まれてくる赤ちゃんを想像しながら名前を考えるのはこの上なく幸せです。
実際呼ぶのは少し照れくさく感じましたが、大事に考えてつけた名前です。
自信をもってお母さんだよと気持ちを込めて呼んであげてください。

赤ちゃんの服選び

初めて子供用品専門店に入った時の照れくささと嬉しさもありました。
初めて手にした肌着。
なんて小さいの!とびっくりした記憶があります。
服を選んでいるときのワクワク感、今でも忘れられません。
水通しし、物干しに干した時まさに赤ちゃんがいる家庭みたいですごくほっこりしました。

他にも不安な事や喜びをあげればキリがありません。
不正出血やお腹のハリ、体の不調は病院に行って聞いてください。
何でもないことでも、こちらとしては初めての事ですから大事件のように感じます。
その不安を取り除く為にも大事なことです。

私からアドバイスとして、ネットで調べ何でも信じないでください。
人それぞれ体は違いますので、似たような症状でも全く違う事があります。
体の不調を感じたら、必ず病院に電話か来院してください。
それが赤ちゃん、お母さんにとって一番の方法です。

最後になりましたが、妊娠は人生でも数回経験するかしないかの貴重な時間です。
大変なことだらけですが、お腹の中の赤ちゃんと共にいる時間を幸せに感じる時があります。
そんな時、いっぱい話しかけてあげましょう。
赤ちゃんは聞いています。
これからの赤ちゃんとの人生、穏やかで幸せな時間を過ごせますように。







妊娠の不安と喜び