ハロウィンってなぁに? 子供に聞かれて困ったら、こう説明して

ハロウィン子供用説明

君は「ハロウィン」って知ってる?
10月になると、カボチャの飾り物がお店に並んだり、仮装をした人たちが町を歩いていたりするよね。

学校や住んでる町でもパーティーをしたりする事があるんじゃないかな?
この行事のをハロウィンっていうんだよ。

実は、ハロウィンは遠い昔に外国で始まった行事なんだ。

今からそのハロウィンについて詳しく説明していくね。

どうやって始まったの?

ハロウィンはもともとヨーロッパに住んでいた“ケルト民族”っていう人たちのお祭りだったんだ。

その年の1年間、無事に野菜や果物がおいしく出来たことを神様に感謝して、それらを捧げるお祭りを開いていたんだよ。

日本の1年の終わりは12月31日だけど、昔のケルトの人たちは、10月31日が終わりの日だったから、その時に1年分の感謝を捧げていたんだね。
ハロウィンの行事が10月31日に行われるのは、こんな理由からだったんだ。

halloween_line_character

この1年の終わりの日には、日本のお盆のように、ご先祖様の霊がお家に戻ってくると言われていたんだけど、ケルトの人たちは、その時一緒に悪い霊や悪魔なんかもついて来ちゃうって考えていたんだって。

そこで、人間も怖い仮面をかぶったりお化けの格好をして、“私たちもあなたたちと同じ悪い霊ですよ。
だから仲間の魂はとらないでくださいね”って、メッセージを伝えていたんだよ。

ハロウィンの飾り付けがコウモリや教会だったり、仮装がお化けや魔女など怖いものが多いのには、こんな習慣があったからなんだね。

それにしても、今の日本でみんなが仮装するのは、遠い昔ヨーロッパの人たちから始まったことだなんて、すごいよね。

何をするの?

この風習は、アメリカに渡ってそこから世界に広まっていったんだけど、最初に伝わった時、アメリカの子供たちはとっても怖がったんだって。

悪い霊や悪魔が来るって言われたら、それは怖いよね。

そこで子供たちも楽しめるようにって変化したのが、今のハロウィンなんだ。

子供たちが怖い格好や仮装をして、「Trick or Treat!(お菓子をくれなきゃイタズラするよ!)」って言いながら、近所のお家を回ってお菓子をもらう、そんな楽しい行事になったんだよ。

halloween_line_candy

どんな行事なの?

他にも、お家ではカボチャで提灯を作ってお守りにしたり、カボチャ料理を食べたり、ハロウィンはみんなで楽しむものなんだね。

pumpkin

お友達にも教えてあげよう!

これでハロウィンについてわかったかな?わかったら、お友達にも教えてあげようね。

「大昔の外国から始まったことなんだよ」「悪い霊から身を守るためなんだよ」って教えてあげたら、きっとお友達もびっくりするよ!

それから、もっとハロウィンについて知りたくなったら、学校の図書館などで本を探してみるといいよ。
絵本のようにわかりやすいものから、専門的な本まで沢山あるから、読んで勉強して、ぜひハロウィン博士になってね!







ハロウィン子供用説明