「たまには俺のことも思い出してくれ」とジャックが申しております。 ハロウィンの元ネタらしいです。

ハロウィン由来

近年では、“仮装するイベント”としてすっかり日本にも定着したハロウィン。
お子様がいるご家庭では、幼稚園や学校などでもイベント行事が企画されたりしているのではないでしょうか。

でも、具体的にいつどんなことをするか、と聞かれてしまうと…なかなか答えられないのが実情ですよね。

そこで今回は、ハロウィンについて起源や由来など詳しくご紹介してまいります。
お子様に「ハロウィンって何?」と聞かれても、もう大丈夫ですよ。

ハロウィンの由来は?

ハロウィンの起源は、古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭や悪魔払いの儀式で、その発祥はアイルランドやスコットランドだとも言われています。

ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。

この1年の終わりの日の夜には、先祖の霊がやってくると信じられ、秋の収穫を祝うとともに、悪い霊を追い払う宗教的な意味合いのお祭りも行われていました。

それが、カトリック系の民族がケルト系民族を侵略したことでキリスト教にも取り入れられ、現在のハロウィンへと形を変えていったのです。

仮装をするのは“魔除け”のためで、先祖と一緒にやってきてしまう悪い霊や魔物と同じ格好をし、仲間だと思わせて魂をとられないようする、ということから始まったようです。

「トリック オア トリート」って?

アメリカではハロウィンの夜に仮装をした子供達がやってきて、「Trick or Treat!(トリック オア トリート)」、日本語にするならば「お菓子をくれないとイタズラしちゃうよ!」といってお菓子をねだります。

これはアメリカで生まれた習慣のようですが、ハッキリとした起源は分かっていません。

中世ヨーロッパで祭りの食料の残りを子供達がもらって歩いたことや、修道僧が家々を回って食料を分けてもらいながら死者たちに祈りを捧げたことなど諸説あるようです。

「ジャック・オー・ランタン」って?

ハロウィンになると必ず目にするかぼちゃのお化け。
中にキャンドルを灯してランプのようにして使いますよね。
それをジャック・オー・ランタンと呼びます。

この名前がついたのには次のような逸話がありました。

pumpkin
昔々、あるところに「ジャック・オールドフィールド」という名の、悪さばかりをする男がおりました。

あるときジャックは、魂を取ろうとやってきた悪魔と出会います。
ですが、ずる賢いジャックは悪魔をうまく騙して、自分が死んでも地獄には行かないという約束を交わします。

そして、その後死んでしまったジャックは、生きているときに悪いことばかりしていたせいで天国に行けず、仕方なく地獄の門へと向かいます。ところが悪魔との約束のせいで、地獄へも入れてもらうことができません。

困り果てたジャックは、「だったらどこへ行けばいいんだ?」と悪魔に尋ねます。すると悪魔は「元いたところへ戻るんだ」と答えたので、来た道をトボトボと戻り始めました。

その道はとても暗く、風がひどく吹いていました。真っ暗では道がよくわかりませんので、ジャックは「わしに明かりをくれ。暗くて道がよく見えない」と悪魔に頼みました。

悪魔は地獄で燃えている火の魂を一つジャックにあげました。
ジャックはその火の魂をカブの中に入れて提灯を作りました。

そして、その提灯をさげて、永遠に、この世とあの世を彷徨い続け、「提灯のジャック(ジャック・オー・ランタン)」と呼ばれるようになったのです。
pumpkin

この提灯を作るという風習は、もともとイギリスで始まり、最初は物語にもある通りカブの中身をくり抜いて使っていたようです。

かぼちゃになったのはハロウィンの文化がアメリカに渡ってからで、その理由は単純にかぼちゃの生産が多かったことに由来するそうです。

一味違ったハロウィンの楽しみ方

今までは“仮装するお祭り”程度の認識だったハロウィンも、起源や由来について知ると、思いがけず外国の文化に触れられてとても興味深いですよね。

ネイティブの方のハロウィンへの思いは、やはり少し違っているようですよ。

お子様がいるご家庭では、ハロウィンの背景を伝えることで、諸外国の文化に興味を持つきっかけになるかもしれません。

今年の秋は、バッチリ仮装も楽しみつつ、違った角度からハロウィンを楽しむことができそうですね。







ハロウィン由来