2017年のお花見は浜離宮恩賜庭園の桜できまり!!

浜離宮恩賜庭園の桜

 

東京・中央区にある浜離宮恩賜庭園は、江戸時代の代表的な大名庭園です。

国の特別名勝・特別史跡にも指定されていて、海水を引き入れて潮の満ち引きにより趣を変える「潮入」の池があります。

実はここ、お花見の隠れ家的スポットなんです。

開花予想

東京の桜の開花予想は3.26日となっています。

多少前後するかもしれませんが、三月末には咲くでしょう。

現在の開花状況はこちらからチェック!

 

満開時期・期間

見頃は例年4月上旬〜4月中旬になります。

ソメイヨシノと咲く時期が違い種類も豊富なため、長い間桜を楽しめます。

現在の開花状況はこちらからチェック!

 

桜の種類・見どころ

何と言っても驚くのが、ソメイヨシノの少なさ。

サトザクラの「雨宿」、「白雪」、「白妙」、「一葉」、「関山」、「普賢象」などに加え、ウコンやギョイコウなども楽しめます。

通常のお花見ではちょっと見られない桜の種類ですね。

また、品種によって開花時期が少しずつ変わるので、見頃の桜に出会える確率も高いです。

桜が咲く時期には開園時間が延長されるので、のんびりと見物できそうです。

3月末からGWまでの間、開園時間は9:00〜18:00となります。

中の御門は17:00に閉まってしまうので、日中の散策がベストですね。

宴会やお酒の持ち込みは禁止されているので、ゆったりと散歩しながら色々な桜を眺めましょう。

また、時期によっては約30万本の菜の花とのコラボレーションも見物できます。

一面の黄色い菜の花に桜のピンクが加わって、これぞ絶景!

また、都内最大の黒松も園内にはあります。樹齢はなんと300年。

こちらも見応えたっぷりです。

 

最寄り駅・アクセス情報

どの入り口かによってアクセス方法が変わります。

大手門口の場合

都営地下鉄大江戸線で「築地市場」「汐留」で下車、徒歩7分。

ゆりかもめで「汐留」下車、徒歩7分。

JR、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線で「新橋」下車、徒歩12分です。

中の御門口の場合

都営地下鉄大江戸線「汐留」で下車、徒歩5分。

JR「浜松町」下車、徒歩15分です。

水上バスでもアクセスできます。浅草行き、日の出桟橋経由のものに乗ってください。

東京水辺ラインでは両国・お台場行きの「浜離宮発着場」になります。

水上バスのみのご利用でも入園料金がかかるのでご注意ください。

車での場合は近くの汐留駐車場をご利用ください。

 

周辺の観光情報

浜離宮には、桜以外にも素晴らしいスポットが数多くあります。

大泉水(池)にかかる総ヒノキづくりの橋は、元々は六代将軍徳川家宣が庭園の大改修を行った時にかけたもの。

2012年に改修されて美しい姿になりました。

中島の御茶屋は無料の休憩所。風景を茶屋の中から眺めるもよし、和菓子とお茶のセットを注文して疲れた体を癒すのもよし。

江戸時代の人々もここで和歌を詠んだりして休息をとっていたようです。

また、大泉水の水を引き入れている水門も一見の価値あり。

海水を引き入れているわけなので、周りの石垣にはフジツボなどがはりついています。

運が良ければクラゲが泳いでいるのも見れるそうです。

浜離宮から出てランチをしたい場合、どこに行くか迷いますよね。

「カレッタ汐留」は、レストランやカフェなどが約60店舗あります。

浜離宮から徒歩3分程度なので、お腹が減ったら即行動できていいですね。

こちらの46、47階にあるスカイレストランは地上200mの高さ。

浜離宮恩賜庭園を上空から見下ろすことができます。

スカイツリーや東京タワー、東京湾、銀座なども一望できます。

中央区まで来たのならば、やはり築地場外市場には足を伸ばしたいですよね。

移転が決まっているこの市場ですが、新鮮な海鮮丼やお寿司、炭焼きなどがリーズナブルな値段で楽しめます。

おなかを満たすのにまさにうってつけ。

「青空三代目 hafu」さんでいただけるのは「金目鯛の炙り丼」。

上品な脂ののった白身が口の中で溶け出して、あまりのうまさに昇天しそうになります。

こだわりだという醤油ダレが絶品です。

お寿司だったら「寿司大」さん。

終電で行っても5時間待ちとなるほどの超人気店です。

大将は色々おしゃべりしてくれる気さくな人なので、緊張せずに食べることができます。

海鮮はちょっと…という方にオススメしたいのが「豊ちゃん」のカツ丼! 

世界一の味だと言われるほど美味しいのです。

変わったものはなにも使っていないのに、どこよりも美味しいのが不思議です。

また、「築地本願寺」にお参りも楽しいです。

こちらのお寺は正式名称「浄土真宗本願寺築地別院」と言って、京都西本願寺の別院です。

御本尊は聖徳太子が作ったと言われる阿弥陀如来立像です。

「水天宮」は安産の神様で知られています。

海外の方でも腹帯を購入したりするのだとか。

源内本宮が建替工事中のため、有名な「子宝いぬ」はロイヤルパークホテルのロビーに移動しています。

本宮完成とともにまた移動するようです。

カップルでデートのコースに組み込んだら、ちょっと意味深でしょうか? 

友人同士でお守りを贈りあうのも楽しそうです。

日本橋も近く、「三越」や「高島屋」でおでかけの記念品を購入するのもいいですね。







浜離宮恩賜庭園の桜