泉自然公園 桜 2017 千葉市内にある「日本桜の名所100選」

泉自然公園の桜

 

「泉自然公園」は千葉市内にありながら「日本桜の名所100選」に数えられるほどの見事な桜が2017年の今年もつぼみを膨らませ準備が着々と進んでいます。

千葉県北西部に位置し、休日には駐車場が順番待ちになるほどです。

泉自然公園の桜は「関東さくら紀行」と言う切手にもなるほど、実は桜の名所なのです。

桜の切手でお便りが届いたらステキですね。

伊藤園では期間限定の「おーいお茶」のパッケージ写真にも採用されているそうです。

北総台地に広がる自然豊かな公園内の桜は多くの人々を和ませてくれます。

春以外にも豊かな緑と綺麗な水が「ゲンジ蛍の里」を作り、カタクリの花は桜が咲く前に群生をなし四季を通して野鳥が泉自然公園を盛り立てています。

何時頃から咲くのかな? 開花予想

例年桜の花は3月下旬から咲き始めます。

千葉県はほとんど雪の降らない地域ですが、過去には季節外れの寒波で雪が積もるような日が季節の変わり目の頃、特に内陸部にありました。

泉自然公園の位置する場所はちょうど内房と外房の真ん中になりますので、冬から春への変わり目は天気予報を確認してからのお出かけがいいですね。

現在の開花状況はこちらからチェックしましょう!

桜の開花前の時期にカタクリが満開を迎えます。

カタクリの花は「春の妖精」「春の女王」と呼ばれ可憐な紫の花びらで小さいけれど一生懸命に咲いている姿を見ることが出来ます。

カタクリの花言葉は「初恋」「嫉妬」「寂しさに耐える」、けなげで小さい花だけど寒さに負けない感じがしますね。

ちなみにソメイヨシノの花言葉は「純潔」「優れた美人」一つ一つの小さな花が集まって圧倒的な美しさを作り出しているのですね。

 

やっぱりジャストタイミングがいい! 満開時期・期間

4月の上旬には桜の満開時期をむかえ、駐車場はすぐに満車になってしまいます。

桜の時期以外や平日はすんなりと入ることが出来ます。

そろそろ満開かな?現在の開花状況チェックはこちらから!

お花見広場での桜は満開時にはレジャーシートを広げてお弁当を食べるグループでいっぱいになります。

起伏に富んだ公園ですので、散策をするとそれなりの運動になります。

園内には斜面林に囲まれた谷津に花菖蒲田があり、6月に見ごろを迎えます。

その他「キツネノカミソリ」という野草の群生が夏に見られます。

地味なオレンジ色の彼岸花に似た花ですが、まとまって咲くとみごたえがります。

蛍の飼育所でゲンジ蛍の飼育に取り組んでおり、蛍飼育館のレクチャールームで蛍の一生のパネルが展示してあります。

水がきれいな証拠ですね。

 

どんな桜があるの? 桜の種類・見所

泉自然公園の桜の見どころ

ソメイヨシノ 山桜 大島桜 カンヒザクラ シダレザクラなど1500本の桜があります。

中でも珍しい種類のウワミズザクラは多数の小花をつける桜で泉自然公園には大木があります。

他にも早春に園内で見られる花はこぶし、イチリンソウ、ニリンソウ、すみれなどがあります。

早春には「ルリビタキ」と言う野鳥が観察できます。スズメより小さくオスは美しい青色メスは緑がかった褐色で、夏に本州北部で過ごし四国で繁殖し冬は本州中部部以南で越冬するそうですので、早春の千葉に寄り道をするのでしょうか?

園内にある上の池、島の池、下の池ではくちばしは細く鋭い青い宝石と言われるカワセミを観察できます。

水面から1メートルほどの高さの枝にとまって魚を狙っている姿を見ることができるそうですよ。

水面と水平に飛行するそうですが、その姿をカメラに収めようと常連のカメラマンもいらっしゃるようです。

春らんまんのおすすめコース

どうやって行ったらいいの? 最寄り駅・アクセス情報

千葉市若葉区野呂町「おゆみ野」で千葉市街地からは内陸になります。

JR千葉駅から「成東駅行き」ちばフラワーバス、又は「中野操車場行き」バスで泉公園入口下車10分です。

車では千葉市街地から国道126号線(東金街道)を東金方面へ。駐車場は250台分で駐車利用金は普通車400円です。

泉自然公園は地形を生かした起伏に富んだ公園で、吊り橋があったり谷津があったり「もみじ谷」では15種の木々が色鮮やかに秋を彩ります。池や森では野鳥がさえずり、愛犬の散歩もリードを付けて可能です。 

「日本の桜の名所100選」や「関東さくら紀行」など聞き捨てなりません。

行ってこの目で確かめてみたいですね。華やかな桜の季節は大木が1本あっただけでも明るさを感じることが出来ます。

明るい桜の木々に囲まれたらもう季節は完全に春、気持ちも明るくなります。

写真や切手には表現の限界がありますので、現実の桜を目にして現実の花びらから「純潔」や「優れた美人」を感じて見ましょう。

香りを体感し食欲を満たせば気持ちのも春の明るさを実感することでしょう。

春以外にも野草や蛍や野鳥など興味があったら情報を仕入れておくと次回来るときの参考になりますね。

夏の蛍、秋のもみじ、冬の野草や野鳥も桜と一緒に心に留めておくと損はありません。







泉自然公園の桜