絶対に失敗しない!新潟県「かぐらスキー場」で過ごすウインター旅行

かぐらスキー場

 

今シーズンもウインタースポーツは楽しめていますか?

ウインタースポーツというのは、準備に時間やお金が掛かってしまいがち…。

それなのに、実際に行ってみたら残念なポイントが多くて満喫できなったなんていうのもよく聞くお話ですよね。

今回はそんな失敗を心配することのない、素敵なスキー場のご紹介です!

せっかく時間とお金をかけているのだから、満喫しないともったいない!

絶対に楽しみたいという方におすすめしたいのが新潟県「かぐらスキー場」です。

ゲレンデの総評価ランキングのトップに君臨する最高のスポット。

まずはそんな「かぐらスキー場」の営業時間から見ていきましょう!

今シーズンの利用可能時期

豪雪地域に位置するこちらのスキー場。

例年、雪不足の心配はなく、11月下旬をオープン予定としています。

そんな「かぐらスキー場」、今シーズンは2016年11月25日オープン!

クローズはなんと5月上旬という超ロング営業!

田代エリアについては12月10日~5月7日までです。

営業時間は平日8:00~17:00で、土休日7:30~17:00で休日の方が、すこーし早めに滑ることができるのでおすすめですね!

またアクティビティとして、快晴時限定で上級者向けにヘリスキーツアーが行われています。

特別な思い出となること間違いなしなので、気になる方は逐一チェックしておくといいでしょう。

上級者向け「ヘリスキーツアー」
【お問合せ・ご予約】
かぐら・みつまた観光協会 TEL:025-788-9006

 

雪質・ゲレンデ

最大標高1,845mに対してベース620m、その差1,225m。

標高差だけでも驚きですが、それだけではありません。

最大斜度32度、最長滑走距離は3km!!

どこを取っても圧巻の一言。

また降雪には恵まれており、中層からは一気にパウダースノーが広がります。

更に特筆すべき点はリフトの運送能力です。

ペア12基・クワッド5基・ゴンドラ1基・ロープウェイ2基が稼働。

1時間当たりの運送数は31,190人!

待ちのストレスも無く、快適に滑ることができます。

かぐらスキー場リフト

 

最大滑走距離6kmのモンスタースポット

かぐらスキー場は、神楽ヶ峰をほぼ全面的に利用した超ワイドなスキー場です。

全コース23本で構成され、バラエティにも富んだダイナミックなスキー場で、各レベルに合わせてコース選びをすることができます。

また各レベルにはそれぞれ1km越えのロングコースも配置されており、エキスパートには最大斜度23度を誇る「ジャイアントコース」・中級者には高速ターン向きの「ダイナミックコース」・初心者にはブナ林を滑っていく「ゴンドラコース」がオススメ!

その他にも名物のパノラマや、連続コブの「テクニカルコース」などが充実しています。

尚、全面ボードの滑走もOKなのがまた嬉しいポイントですね。

 

湯沢I.Cから約8kmのビッグスキー場

関越自動車道 湯沢I.Cを経由し、更にR17を通って「かぐらスキー場 みつまたステーション」へ到着です。湯沢I.Cから現地までは約8kmです。

また月夜野I.Cからもスキー場へ行くことはできますが、距離にして約46km。

特段理由がなければ、湯沢I.Cから向かうのがベストでしょう。

また上越新幹線 越後湯沢駅で下車。駅からは「みつまたステーション」・「田代ステーション」各方面のバスが運行しており、こちらも利用するという選択肢もありますので、ご参考ください。

 

越後湯沢温泉 ガーデンタワーホテルで更に楽しいバケーションを

せっかく旅行へ行くのなら、素敵なホテルにも泊まりたいですよね。

湯沢町は温泉やホテルも多く、選ぶのが楽しくなる半面、なかなか決められないなんてこともあるかもしれません。

押さえるべきは「パック付き」・「現地から近い」・「快適」などなど

多くのポイントが浮上しますね。

個人的にオススメしたいのは「越後湯沢温泉 ガーデンタワーホテル」です!

越後湯沢温泉 ガーデンタワーホテル

厳選された和食や洋食、ビュッフェがとてもおいしいと評判。

また250坪の大浴場・貸切り風呂・サウナ・プールまで完備されています。

更にアメニティも豊富で、宿泊用のアイテムも最小限に抑えられるというのも嬉しいポイントです。

「かぐらスキー場」へ旅行に行かれる際は、こちらのホテルを是非ご利用ください!







かぐらスキー場