2016 「カムイみさかスキー場」 首都圏から最速でファミリーにぴったり。楽しみ方と周辺情報

カムイみさかスキー場

山梨県笛吹市御坂町に位置する「カムイみさかスキー場」。

都心から一番近いスキー場として、特に都心を中心としたプレーヤーから人気を集めています。

快晴な日も多く、人工のスキー場のため、車での行き来も大変快適なのでオススメのスキー場です。

今回はそんな山梨県「カムイみさかスキー場」のご紹介です!

12月に入り、一段と増してスキー場の注目度が上がってきました。

まだ今年のスキー場選びが決められていない方には、是非参考にしてみて下さい!

早速行ってみましょう!

オープンまでもう少し!!12月中旬!

例年12月中旬を予定しているこちらのスキー場。

2016年の今年も同じくオープンは12月中旬を予定しています。

またクローズは2017年3月下旬を予定していますが、積雪状況では前後するようです!

営業時間は平日・土日祝で異なるため、計画される際はご注意ください。

平日は9:00~17:00、土日祝は8:30~17:00の営業です。

またもう一つの注意点はナイターです。毎年こちらのスキー場はナイターの営業を行われており、比較的人気もありました。

しかしながら今年のナイター営業は行なわないという、少し残念な報告。

ご予定を立てられる際は気を付けて下さいね!

ファミリー向けの安心スポット

ゲレンデデータとしては最高標高1,050m、平均標高850mとその差200m。

その差に対して最長滑走距離は950m。比較的斜度も緩やかで特にファミリーに人気のスポットです。

またビギナーにもオススメのスポットで、大人・キッズともに10:00~12:00の部・13:30~15:30の部があり、また3~6歳向けのスクールも同じく開講しているので、こちらも要チェックですね!

ファミリー向けスキー場

雪質は上でご紹介した通り、人工の降雪機をメインで利用しています。

また標高も重なり、やはり自然の雪には、かないませんが、かなり安定はしているスポットです。

ご家族やお友達と楽しく滑ろう!

「カムイみさかスキー場」は全5コースで構成されています。

全体的には平均斜度15度とかなり緩やかで、最大斜度は「ナイアガラコース」の21度。

名物のコースは「センターコース」です。平均斜度12度・最長距離は500mほどで、家族やお友達と一緒に、楽しく滑りたいスポットですね!

スノボ利用の際は「ファミリーコース」のみ利用が出来ないので要注意ください。

気持ちの良いカービングを楽しみたいプレーヤーは、上記「ナイアガラコース」が一番おすすめです。

アクセスが最大の魅力!

冒頭でご紹介した通り、こちらのスキー場の一番の魅力は抜群のアクセスにあります。

中央自動車道一宮御坂I.CからR137 を経由し河口湖方面へ15分、約8kmで現地到着です。

また標高がそこまで高くないことから、冬用タイヤでなくとも安心して現地まで走行が可能です。

スキー場へ向かう際に安心して走行ができるという点は、特に運転初心にはすごく嬉しいポイントではないでしょうか?

カジュアルな雰囲気のホテルはいかがでしょうか!

スキー場を選ぶ際、気になるのはアクセスと「近隣の温泉施設」ではないでしょうか?

オススメは「チサンイン甲府石和」です。

今年2016年の「トラベラーズチョイス ホテルアワード2016」や「トリップアドバイザー Certificate of Excellence」にも選ばれるなど利用者からの評価も高いホテルです。

また食事やロフト付き、ベビーベッド付きの部屋などもあり、お子さんのいるファミリーに人気が高いホテルなのです。

その他にもスキー場からも近く、無料Wi-Fi完備と大人にも嬉しいポイントも盛りだくさんです。

宿泊施設で悩まれる際は、こちらのホテルを選んでみてはどうでしょうか?


「チサンイン甲府石和」の空き室チェック!

日帰りでも十分満喫のスキー場

ここまで「カムイみさかスキー場」の周辺情報についてご紹介して参りましたが、いかがでしたでしょうか?

安心して現地まで向かうことができる良好なアクセスや、斜度の低さから楽しく滑ることのできるゲレンデなどなど…。

気軽に行けてしまうスポットの中では最もコスパの良いスキー場です。

気になった方は是非、今年のスキー場候補の一つとして加えてみてはいかがでしょうか!







カムイみさかスキー場