関門海峡 花火大会 2017の穴場スポット! 下関側6選、門司側6選。日程と見どころもあわせてご紹介!

関門海峡花火大会

日本に海で打ち上がる花火は数あれど、「海峡」を挟んで打ち上がる花火は他にはないのではないでしょうか。

「関門海峡花火大会」は、北九州市門司区と、山口県下関市の共同開催で行われる花火大会です。

海峡を挟んで両岸から打ち上がる花火は圧巻の一言。

さまざまな花火が楽しめるので毎年120万人以上もこの花火を観るためにこの海峡に訪れます。

そんな素敵な関門海峡花火大会の日程やおすすめ穴場スポット、アクセス情報などをお届けします!

日程・時間

関門海峡花火大会の開催は、毎年8月13日と決まっています。

今年は日曜日の開催となり、より多くの人出がありそうです。

荒天時は中止になりますので、悪天候にならないようお祈りしておきましょう。

打ち上げ時間は19:50〜20:40。

打ち上げ場所はなんと門司区側と下関側両岸からとなっています。

二ヶ所から打ち上がるだけにゴージャスですが、どちらで観るかは悩んでしまいますね。

下関側の打ち上げ場所は山口県下関市唐戸あるかぽーと地区及び22号岸壁周辺

門司側の打ち上げ場所は福岡県北九州市門司区西海岸埋立地となっています。

 

最寄り駅・アクセス情報

下関側に行く場合

電車の場合はJR下関駅から徒歩で約15分ほどになります。

車で行く場合大変な渋滞が考えられますので、駐車場の確保は必須です。

海響館駐車場、カモンワーフ、唐戸市場などが人気の会場近くの駐車場となっていますが、午前中のうちに行かなければ午後の早い時間に満車になってしまいます。

一駅離れたコインパーキングに車を置いたり、早い時間に駐車して観光するなどの予定を組んだ方が良さそうです。

 

門司側に行く場合

電車での場合は、JR門司港駅から徒歩で約5分ほどです。

車での場合、やはり駐車場の確保が大変です。帰りのことも考えると小倉駅周辺で車を停めておきたいですよね。

ポステ駐車場、タイムズ小倉駅北、エキマエパーク駐車場などが代表的で、他にもたくさんのコインパーキングがありますが、やはりどの駐車場も午後には満車、というケースが多いです。

こちらも午前中に駐車して観光し、夜に花火観覧がよさそうです。

やはり渋滞しますのですこし離れた駅に置くのも手かもしれません。

 

おすすめの穴場スポット

関門海峡花火大会の穴場

会場がふたつにわかれているため、穴場スポットも多くが両岸に分かれて点在しています。

まずは下関側をご紹介します。

穴場その1:巌流島

巌流島

こちらは宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名ですね。

観光地としても有名ですが、花火のビューポイントとしても名高いです。

下関の唐戸桟橋から関門汽船巌流島行きの船が出ていますので、それをチェックしてみてください。

下準備が必要な観覧スポットとなります。

関門汽船巌流島連絡線のダイヤと運賃をチェック!

 

穴場その2:海響館

こちらは施設の出口が打ち上げ会場の方面を向いていて、全面ガラス張りなんです。

冷暖房完備の室内で花火を観るためにやや混雑しますが、場所を確保できれば快適に花火を観ることができます。

市立しものせき水族館「海響館」
公益財団法人 下関海洋科学アカデミー
〒750-0036
山口県下関市あるかぽーと6番1号
TEL: 083-228-1100
FAX: 083-228-1139

【営業時間】

・通常 9:30 ~ 17:30 (最終入館 17:00)
・夜間 18:00 ~ 21:00 (最終入館 20:30) ※夜の水族館開催時

【休館日】

年中無休

【入館料】

区分 大人(高校生含む) 小・中学生 幼児
一般 2,000円 900円 400円
団体(20名以上) 1,700円 700円 300円
夜間の入館料 1,000円 450円 200円

※3歳未満は無料
※夜の入館料は、夜の水族館開催時のみ適応。

 

穴場その3:カモンワーフ及びその周辺

有料観覧席襟の近くにカモンワーフがあり、その周辺のあるかぽーと下関などからも大迫力の花火を楽しむことができます。

カモンワーフ事務局 下関フィッシャーマンズワーフ株式会社

〒750-0005 山口県下関市唐戸町6-1

TEL:083-228-0330(受付時間/9:00~18:00)

 

穴場その4:唐戸市場周辺

唐戸市場 海沿いのウッドデッキ

レジャーシートを持参して行くことをオススメします。

海沿いのウッドデッキは花火がよく見えますよ。

 

穴場その5:海峡ゆめタワー

海峡ゆめタワー

こちらは打ち上げ会場からやや離れてしまうのですが、なんといっても下関側、門司側の両方の花火を一望できるのが嬉しいです。

さらに下関側の花火は真横に見えるんです。

ちょっと珍しいですよね。

所在地: 〒750-0018 山口県下関市豊前田町3−3−1
TEL: 083-231-5600
営業時間:9:30~21:30 (最終入館21:00)

【入場料金】

大人 600円
小人(小・中学生) 300円
高校生 300円
高齢者(65歳以上) 300円
※高校生・高齢者は年齢を証明するものが必要です。

 

穴場その6:火の山公園

花火会場とは離れてしまうのですが、瀬戸内の夜景や日本海と花火のコントラストをしっかり楽しめるビューポイントです。

人気のあるスポットですので、早めについて場所取りをしていた方が得策です。

 

続いて門司側の穴場スポットを教えちゃいますね。

こちら側はとても混雑しますので、少しでもゆっくり観たい方のお役に立つと嬉しいです。

 

穴場その1:風師山の展望広場

ここは地元の人御用達の穴場スポットです。

展望広場から関門海峡が一望できて、それが花火に彩られるのが最高に美しいのだとか。

 

穴場その2:片上海岸

下関の夜景が見渡せて、さらに花火でゴージャスな気分になれるスポットです。

ただし人気があるので、ここも早めに場所を取った方が良さそうです。

 

穴場その3:九州鉄道記念館の西駐車場

周りに高いビルがあるのが不安材料ではありますが、花火を観るのにはあまり問題がありません。

少し歩けば屋台村がある海岸までも出られて、車を駐車したまま花火の鑑賞もできてゆったりできるスポットです。

 

穴場その4:和布刈公園・ノーフォーク広場

こちらは会場からかなり距離があるので、BGMなどはあまり聞こえてきません。

が、ここも門司と下関両方の花火を楽しむことのできるスポットです。

 

穴場その5:めかりパーキングエリア

こちらもやや会場からは遠いのですが、門司側、下関側両方の花火を楽しめるうえにトイレも完備されているのでお子様連れでも安心です。

ただし早い時間に来ないと人気の駐車場なので満車になる可能性が高いですし、帰りの渋滞も覚悟しなければなりません。

 

穴場その6:ブルーウイングもじ周辺

ブルーウィングもじの跳ね橋

こちらは門司港にかかる跳ね橋ですが、花火の打ち上げ期間中は橋があげられています。

その花火と跳ね橋のコラボレーションは、心に残るワンシーンとなりそうです。

 

大会の概要と見どころ

関門海峡花火大会の見どころ

関門海峡で花火が初めて打ち上げられたのは1985年。「下関21世紀協会」が、お盆で帰省してくる方達を迎えるために始めました。

1988年には門司側で「みなと・鉄道100年記念」として花火大会を開催。

この時に合同イベントとして、打ち上げのタイミングを合わせて花火を両岸で打ち上げるようになりました。

下関会場では、5寸玉の打ち上げや水中花火という珍しくこだわりに満ちた演出を楽しませてくれます。

門司会場では大玉の連発を音楽に乗せて、華やかな打ち上げを観せてくれます。

打ち上げ数はおよそ1万3000発。下関側でも門司側でも6500発が打ち上がるのですね。

海峡を挟んで、貿易都市の夜景を眺めながら特大の花火を観られる贅沢なイベントなのです。

 

海峡を挟んだ花火の競演を心に焼き付けよう

海を挟んで両側から花火が上がる、なんて花火大会は世界でも珍しいのではないでしょうか? 

少なくとも日本ではこの関門海峡花火大会だけですよね。

となると、観に行った時の感慨深さは格別なはずです。

お盆の迎え火がわりに夜空に美しく散る花火を、大切な人と観に行きたいものですね。







関門海峡花火大会