2017年は見に行きたい!小岩井農場の一本桜  牛乳たっぷりソフトクリームと柔らかジンギスカンも楽しみ

小岩井農場一本桜

 

岩手県にある、小岩井農場。

自然や動物と触れ合える場所としてはもちろん、様々なアクティビティがあることでも有名ですが、ここでは花見を楽しむこともできます。

桜といえば、何千本、何万本もの桜が咲き誇るイメージがありますが、小岩井農場の桜は、一本桜。

正確にはもう少し桜の木はあるのですが、他の有名どころと比べると少ない印象は否めません。

しかし、農場ならではの抜群なロケーションで、地元の人や観光客の目を楽しませてくれますよ。

この記事では、小岩井農場の開花予想や満開予想、見どころなどをお伝えします。

ゴールデンウィーク期間のおでかけ先の候補になりましたら幸いです。

小岩井農場の開花予想

例年の開花は4月下旬から5月上旬となっていますので、2017年も同様の予想でよいでしょう。

詳しくは、小岩井農場ホームページ「まきば園だより」の中の「小岩井農場桜情報」カテゴリーからご確認いただけます。

例年、4月下旬から5月上旬の間に更新されていますので、2017年も時期が近づいてきたら確認できることでしょう。

【まきば園だより桜開花情報】

 

小岩井農場の満開時期・期間

例年、ゴールデンウィーク中、つまり5月上旬に満開となることが多いです。

2017年も同様の予想でかまわないでしょう。

詳しくは、開花予想と同様に「まきば園だより」からご確認いただけますので、時期が近づいてきましたらアクセスしてみてください。

 

小岩井農場の桜の種類・見どころ

エドヒガン

エドヒガン

「小岩井農場の一本桜」はエドヒガンという樹種で、まきば園から約15キロメートルの牧草地にあります。

一本桜は、もともとは牛を日差しから守ることを目的として、今から100年前に植えられたという意外な事実があります。

NHK連続テレビ小説「どんと晴れ」などのドラマのロケ地として利用されることもしばしば。

岩手山を背景に、草地の緑色と桜色の組み合わせが素敵です。

当時の方々にとっては、今のように鑑賞目的で親しまれることになるとは思ってもいなかったかもしれませんね。

上丸牛舎や県道沿いにも桜並木を見ることができます。

午前中に牛と桜のツーショットが見られることもありますよ。

 

小岩井農場へのアクセス情報

公共交通機関を利用する場合

盛岡駅前の10番乗り場から、「小岩井農場まきば園行き」か「網張温泉行き」のバスに乗車します。
所要時間は約30分で、料金は大人700円、子供350円です。

もしくは、盛岡駅からJR田沢湖線に乗車し、小岩井駅で下車します。
そこから、タクシーに乗車で到着です。

タクシーの所要時間は約15分で、料金は約2000円です。

 

車を利用する場合

東北北自動車道盛岡ICから国道46号を秋田方面へ走行します。

繋(つなぎ)十文字交差点を右折で、約15分で到着です。

駐車場は無料です。

一本桜はまきば園より⒈5km離れていますので、まきば園とは別に駐車場があります。

 

小岩井農場の桜を楽しむためのポイント

小岩井農場アイスクリーム

牛乳たっぷりソフトクリーム

農場ですので、草地を歩いても大丈夫な靴を履いていくことをおすすめします。

時間帯によっては肌寒いので、上着もお持ちください。

花見に関する禁止事項として、火気厳禁、牛舎の建物および牧草地内への立入禁止が提示されていますので、守って花見を楽しんでくださいね。

4月下旬から5月上旬のゴールデンウィーク期間中は、春の小岩井農場まつりも開催されます。

子供に人気のキャラクターショーなどがありますので、家族連れでも楽しめますよ。

あたたかい日中などは、小岩井農場の牛乳たっぷりのソフトクリームはもちろん、ジンギスカンもおすすめ。

わたしは北海道出身ですが、小岩井農場のジンギスカンも柔らかくて旨味も出ていておいしかったです。

また、北海道発のローカル番組「水曜どうでしょう」で牛乳早飲み競争が行われた、ファンにとっては聖地とも言える場所です。

早飲みしなくてもかまいませんので、小岩井農場の牛乳のおいしさを味わっていただきたいです。

牧場のみどりと春のさくらに、癒されてきてくださいね。







小岩井農場一本桜