2016 クリスマスは小岩井農場でイルミネーションと濃厚ソフトクリームを!

小岩井農場ウィンターイルミネーション

岩手県の人気スポットである小岩井農場は、今年で125周年となります。
また、建造物21棟が重要文化財に指定されることが決定したことが話題となっています。

そんな小岩井農場では、11月下旬より「小岩井ウインターイルミネーション」が開催されます。

「農場は冬になったら見どころがなくなっちゃうんじゃないの?」と思われるかもしれません。
でも、小岩井農場は冬でも楽しめるんですよ。

小岩井ウインターイルミネーションとは

小岩井ウインターイルミネーションとは、毎年11月下旬より行われている、東北最大級のイルミネーションイベントです。

サブタイトルは、「銀河農場の夜」。
岩手県出身の作家・宮沢賢治が小岩井農場を愛していたことにちなんで、名作「銀河鉄道の夜」をもじっているんですね。
これをテーマとして、様々なイルミネーションが見られます。

日程によっては、花火の打ち上げもありますよ。

2016年の小岩井ウインターイルミネーションの日程

2016年の小岩井ウインターイルミネーションは、11月19日から2017年1月3日まで開催しています。

時間は12時から20時で、期間中の毎週土曜日と最終日の1月3日は、花火開催のため21時まで。

イルミネーションは15時から点灯し、点灯中はレストランや売店も営業しています。

入場料は大人(中学生から)800円、子供(5歳から小学生) 300円です。

小岩井ウインターイルミネーションの見どころ

見どころはもちろん、イルミネーションです。
2016年は125万球のイルミネーションが色とりどりにきらめく景色を楽しめます。
小岩井農場が今年で125年目になるので、球数を合わせているんですね。

「銀河農場の夜」なので、「銀河鉄道の夜」を意識した演出もちりばめられています。

横幅60m・高さ3mの巨大な光のキャンバスは圧倒的です。

銀河鉄道SLは、D51の走る音も楽しめて迫力満点で、子供にも大人気です。

小岩井農場イルミネーションSL

そして、40mの光のトンネル。
シャンパンゴールドの光がロマンチックに来場者を包みます。

モミの木のツリーもイルミネーションで飾られてきらめきます。
恋人や家族と雰囲気あふれるクリスマスを楽しめますね。

毎週土曜日と最終日の1月3日に見られる花火も見逃せません。

小岩井ウインターイルミネーションへのアクセス情報

公共交通機関を利用する場合

盛岡駅前10番乗り場から、路線バス「小岩井農場まきば園行き」か「網張温泉行き」に乗車します。
所要時間は約30分、料金は大人700円子供350円です。

または、盛岡駅からJR田沢湖線に乗車し、小岩井駅で下車し、タクシーに乗車します。
タクシーの所要時間は約15分で料金は約2000円です。

車を利用する場合

東北自動車道盛岡ICから国道46号を秋田方面へ走行し、繋(つなぎ)十文字交差点を右折します。
所要時間は約15分で、駐車場は無料です。


小岩井ウインターイルミネーションを楽しむポイント

小岩井農場では年間パスポートが販売されています。
1年の間にも何回か訪れる機会があるようなら、購入しておくのがおすすめ。
大人(中学生以上)は3回、子供(5歳から小学生)は4回で元が取れますよ。

また、小岩井農場といえば乳製品。

わたしが行ったのは夏時期だったので、牛舎近辺の散策や、牛乳を飲んだりソフトクリームを食べていました。
濃厚でおいしかったのでぜひ食べていただきたいのですが、冬は寒いので避けたいと思うかもしれませんね。

でも、建物の中で食べれば大丈夫です。
どうしてもソフトクリームが無理なら、あたたかい飲み物や食事もありますよ。

澄みきった冬の空には、実によくイルミネーションが映えます。
寒くて気分も沈みがちな季節ですが、光はあたたかい気持ちにしてくれます。

ぜひ、冬の小岩井農場に行ってみてくださいね。







小岩井農場ウィンターイルミネーション