「車山高原スキー場」で楽しいスキー旅行!2016 – 2017の最新情報

車山高原スキー場

12月はもう後半に差し掛かり、ウインタースポーツまっさかり!!

いかがお過ごしでしょうか?

12月後半といっても、まだまだ楽しい冬スポーツの季節。

「まだまだ沢山遊ぶぞ!」と言う方も多いのではないでしょうか?

今回もそんな皆様に人気のスキー場をご紹介していきたいと思います。

さて今回ご紹介するのは、長野県茅野市北山に位置する「車山高原スキー場」です。

若い層を中心とした利用者も多く、バラエティも豊富!

今シーズン、まだ計画を立てられる方にも是非参考にしていただければと思います。

ではまず今年の営業時間から行ってみましょう!

4月までのロング営業!

車山高原スキー場の営業は例年、12月上旬から4月上旬までとなっています。

今年2016年のレギュラー期間も12月10日オープンで、クローズは3月20日までを予定しており、今後の予定も立てやすいスキー場です。

平日の営業時間は8:45~16:45で、土日祝日は8:00~16:45まで。

平日祝日問わずクローズの時間は同じなので、いちいちスケジュールを気にすることなく計画を立てられます。

ナイターを利用されたい方は12/29〜3/18の土曜日を狙っていくと良いでしょう!

16:00~19:45まで、ナイターならではの車山高原スキー場を楽しめます。

ちなみに12月31日は「オールナイト券」の利用ができますよ。

翌日の5:15までの利用なので、初日の出を見る際には是非利用していきたいところです!

 

人工降雪機フル稼働中!

最大標高1,925mに対し、ベースは1,560mと標高差365mです。

中部山岳の乾燥した気候と標高の高さから12月後半からは天然の雪質を楽しめます。

それまでの間、車山スキー場はスノーマシン70台を駆使し、ゲレンデコンディションの維持を徹底!

オープン初日から満足されているプレーヤーも多いようです。

また全面スノボ滑走も可能なためかスノボ率も高めで、レベルの高いプレーを間近で学ぶにもピッタリのスポットですね。

 

スポーツマンコースを攻略しよう!

車山高原スキー場は全8コースで構成された広大なスキー場です。

まず楽しんでもらいたいのはこちらの「パノラマコース」!

最長滑走距離2,000mもあるコースのトップからは、富士山や南アルプス、北アルプスまでもが望める絶景ポイントです!

平均斜度は15度も無いので、初心者の方や足慣らしにもピッタリのコースです。

またこちらのスキー場で上級者が多い理由…。それは「ビーナスコース」・「スポーツマンコース」・「キャプテンコース」の3コースの存在と言っても過言ではありません。

*競技用としても使用される超本格的な「ビーナス」。

*開始から滑り切るまで急斜面の高難易度・最大斜度38度「スポーツマン」。

*急斜面・コブ斜面のこれまた高難易度「キャプテン」。

腕に(脚に)自信のあるプレーヤーは是非、この3コース攻略してみてはいかがでしょうか?

車山高原スキー場コース

 

移動距離は長めなので、休憩を挟みながら

スキー場へ行かれる際、気になるのはやはりアクセスの良さ、というもありますよね。

車で行く場合、永福から諏訪南I.C経由、または諏訪I.C経由で車山高原です。

諏訪南I.Cからエコーラインで32km、諏訪I.Cからはビーナスラインで28kmと全体で約3時間~4時間での到着となります。

公共交通機関を使われる場合だとJR茅野駅で降りることをオススメします。

JR佐久平駅からでも現地へ行くことは可能ですが、乗り換えがあるので割と面倒に感じるかと思います。

茅野駅からは車山高原前で下車できる路線バスがあり、約1時間揺られることになりますが、街並みも見られますし、移動も比較的楽なのでオススメです!

 

「宿泊施設 激戦区」ならではの悩み

長野県は「スキー場 激戦区」であると同時に、「宿泊施設 激戦区」でもあります。

車山高原スキー場周辺を検索に掛けても、約50件以上もの宿泊施設がヒットします。

ホテルを決められる際、重きを置くのはスキー場との距離、リフト券付かどうか、コストパフォーマンス、内装かと思います。

素敵な宿泊施設も多く、迷わざるを得ない嬉しい悩み事です。

しかし本当に決められない場合のために「白樺リゾート 池の平ホテル」をご紹介します。

館内にはキッズ向けのアスレチックや温水プール、ゲーム・カラオケ・卓球といった施設も完備されています。

スキー場のリフト券付きのプランもしっかり用意されていますので、特にご家族連れにはオススメの宿泊施設です!

車山高原スキー場1日リフト券付き≪池の平ホテルから車で10分≫

ウインタースポーツだけじゃない満喫旅行

さて、ここまで「車山高原スキー場」のご紹介をしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?スキープラン付きのホテルの存在は大きいかと思います。

ゲレンデの内容もかなり濃く、エキスパートクラスのプレーヤーも満足できること間違いなしです。

また楽しめるのはウインタースポーツだけではありません。

周辺にはお土産屋さんも多く、美術館で芸術に触れるのも面白いかもしれません。

世界的に有名な影絵や切り絵、ガラス、オルゴールの美術館では手作り体験もできますので、気になる方は是非旅行のアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか?







車山高原スキー場