節分の豆まきは2月の行事!鬼も風邪もやっつけよう!

節分

年が明けたかと思ったらもうひと月が過ぎて節分、暦の上では季節の変わり目で春がくることになっていますね。

季節が変わると言ってもまだまだ寒くて油断はできません。寒さが苦手な人も多いのではないでしょうか?

節分に豆まきをするのはなぜ? 「わざわざ寒い冬にやらなくても」と思いませんか?

この世で一番怖いものは鬼?色々な疑問がわいてきますね。とっても大昔からチョット昔まで節分の行事はどんなことをしていたのか探ってみます。

春はいつくるの? 豆をまくのは何時が効果的?

2月3日は「節分」ですね。

「季節を分ける」から「節分」といい、2月2日は冬で2月4日は立春で春であるとするのが暦の上での話です。

お正月の挨拶では「新春のお喜びを・・・」とありますから、2月は春真っ盛りということでしょうか?!

豆まきの目的は鬼を退治することです。

鬼って空想上の生き物ですが、夜になるとやって来るそうです。

秋田のなまはげは姿は鬼のようですが、神の使者だと言われています。

「悪い子はいないか? なまけないで仕事をしているか?」と戒める効果としては夜のほうがいいですよね。

鬼退治をした桃太郎さんは頼りになる(?)犬 猿 きじを連れてきっと昼間のほうが鬼の力が弱いとの作戦で退治できたのですね。

と言うことで新しい年があけて新しい季節を迎えるにあたり鬼をやっつけよう!
と2月3日の夜あたりが暗くなってから「鬼は外、福は内」と豆をまきます。

でも暗い夜は寒さも一層強く感じられるので、「鬼も冬の寒さも一緒にやっつけてしまえ!」ですね。

豆で鬼がやっつけられるの?

豆は炒った大豆を前日に神棚にお供えしたものを一家の主人が「鬼は外、福は内」の掛け声とともにまきます。

神様の力が備わった豆と家族で一番力の強い大黒柱のお父さんの掛け声に鬼がビビッて逃げるはずです。

豆まきは「その年の年男がする」ところもあります。

鬼は目に見えませんが、悪い心や風邪を引き起こすばい菌など人々に悪をもたらす邪気のことです。

恵方巻はその年の良い方向を向いて、海苔巻きを黙って丸かじりする関西の風習です。

海苔巻きの具材を七福神にちなんで7種類使い、福を呼び入れる意味があります。

鬼をやっつけた後に福を体内に取り込むのですね。

豆まきの由来。どこから始まったの?

「まめ」は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があり「悪魔を滅亡させよう!」と言うことです。

鬼も悪魔も一緒で近づいて欲しくないですね。

豆を寒い冬の夜に雨戸を開けて外に向かって投げ終わったらさっさと窓を閉めて布団に潜り込んだ子供の頃の記憶があります。

翌日の朝すずめが大喜びで豆をつついていました。

鬼の出入りする方向を「鬼門」といいその方向は十二支にあてはめると「寅」の方角で、鬼が虎のパンツをはくとされています。

「虎の衣を借りた○○」? 

本来○○には弱いものが入りますが、鬼でも狐でも一家の大黒柱でもパワーを持った年男でも最強オバちゃんでもいいですよね。

中国の旧暦のお正月は春節といい、2月でもあることから中国大陸からの行事だと言われています。

鬼が苦手なものが臭いイワシの頭と痛いヒイラギのトゲトゲとされ、家の角に置いて鬼の侵入を防ぐとされています。

そういえば子供の頃私の家でもやっていました。

中国から伝わった行事なので大昔と現在の生活事情はかなりかわってきていますが、心の中の見えない邪気は昔も今も人間の中にありますのでやっつけてしまいましょう!

パワーのある子供たちに景気よく豆まきをしてもらいたいですね。

昔の夜は真っ暗だったので目に見えない鬼はとっても怖い存在だったのですね。

現在の社会で一番恐れられているのは何でしよう?

やはり目に見えない人の心はランクインしますね、それ以外にも沢山ありそうです。

気持ちもふさぎこみになる寒い冬はどうも苦手で、体を動かす気が起きません。

豆まきをして気持ちを切り替え、スキーや温泉旅行で寒さを逆にとって楽しむようにしてはいかがでしょうか。

美味しいものを食べたり、気持ちが晴れ晴れするようなことを積極的に行い本当の春を待ちましょう。







節分