「めいほうスキー場」は「a5000」だけじゃない!魅力をご紹介。

めいほうスキー場

岐阜県北東に位置する「めいほうスキー場」。

毎年その安定した運営に、利用者からは絶大な人気を誇ります。

また「めいほうスキー場」の名物コース「a5000」は適度な平均斜度8度とその地形から初心者にもオススメのコースで、その距離なんと5,000mに及びます。

今回はそんな初心者にもオススメ「めいほうスキー場」の魅力をご紹介したいと思います。
これからの季節、岐阜周辺で旅行の計画されている方には是非参考にしていただきたいと思います!

a5000だけじゃない!多様な15コース

めいほうと言えば超ロングコース「a5000」ですが、それ以外にも人気のコースが沢山あります。

総数15本あるコースの多くは平均斜度も低く、特に初級者・中級者のプレーヤーに向いているスキー場であると言えます。

しかし、上級者が楽しめないなんてことは全くありません。

テクニカルコース「y900」や最難コース「y800」など、平均斜度20度からなるコブ付き急斜面は上級者でも滑りがいのあるスポットだと言っても良いでしょう。

この初~上級問わず幅広く楽しめるスキー場のため、利用者のレベル層もかなり幅広いと言っていいでしょう。

初心者さんは上手い人のプレーを盗めるチャンスでもありますので、積極的に利用していきたいところです。

また傾向としては6~7割スノーボーダーが多いように感じます。

これは斜面が緩く初心者向けの「第2ゲレンデ」の存在が大きく影響していると考えられます。しかしスキーヤーに向いていないというわけではありません。

ビギナーのためにスクールも用意されていますので、非圧雪エリアの多いこの大自然を満喫したい方であればスキー・スノボ問わず、おすすめのスキー場となっています!

アクセスは車で!!

既述の通り、めいほうスキー場は岐阜県の北東に位置しており、これは郡上八幡ICから約30kmの距離に当たります。

時間にして約30分、また名古屋からであれば約1時間30分と飛行機を利用されてのご旅行の場合では、レンタカーを使って行きたい距離でアクセスは悪くないといったところです。

しかし電車やバスを利用するとなると、車移動の倍以上の時間とコストが掛かりかねないのでおすすめは出来ません。大きな荷物を運ぶことも視野に入れると、かなりハードな旅行になってしまいます!

運動の後は岩盤浴!

めいほうスキー場周辺の地域は温泉・ホテルが充実しており、スキー・スノボをした帰りは温泉にでも浸かりたいところ。

そこでオススメしたいのは「明宝温泉 湯星館」です。

スキー場から車で約10分の距離にあり、疲れをリフレッシュするのにぴったりな温泉です。

またここ一番のオススメが岩盤浴付きであるという事です。

その他にも露天風呂や圧力浴も運動の疲れをいやすのに適しており、入浴代のコスパも悪くは無いので、めいほうスキー場に行かれた際は立ち寄りたい温泉です。

駐車料金が発生するスキー場

スキー場の多くは駐車料金が掛からないというイメージがありますが、めいほうスキー場においては注意しておきたいポイントです。

駐車収容数は約4,000台と広くはありますが、駐車をする際に普通車・軽自動車は1,000円の駐車料金を支払わなくてはいけません。

一応駐車料金が無料となる期間もあるので確認をしておきたいところではあります。

さてここまで「めいほうスキー場」のについてご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

ビギナーでも安心のロングコース、ボーダーに人気の第2ゲレンデ、また上級者必見の難関コース…。

どれを取っても気になるものばかりではないでしょうか。

また関西方面からのアクセスの良さも押さえておきたいポイントです。

そんなめいほうスキー場ですが、例年から行くと今年もおそらく12月中旬オープンとなるでしょう。

平日は8:30~16:30まで、また土日祝は7:00~16:30まで営業をしていますので、ここもしっかり押さえておきましょう。

リフトからのビッグスケールの景観に圧倒されること間違いなしです!







めいほうスキー場