みなとこうべ海上花火大会、2017年の日程と選りすぐり穴場スポット7選!

みなとこうべ海上花火大会

夏になるとやっぱり花火が恋しくなります。

「みなとこうべ海上花火大会」は、神戸港で打ち上がる毎年30万人もが訪れる花火大会。

海と花火のマリアージュは数あれど、この花火大会はそれにプラスして「100万ドルの夜景」まで楽しめてしまいます。

「関西のいってみたい花火大会ランキング」も毎年上位に上がるこの花火大会、是非今年は見に言って見ませんか?

日程・時間

こちらの花火大会は、8月の第1週か第2週の土曜日に開催されます。

日程が出次第追記しますね。

時間は19:30〜20:30ごろまで、打ち上げ会場は神戸港・新港突堤からメリケンパーク沖合です。

雨天決行ですが荒天の場合は中止で、延期はありません。

打ち上げ場所は神戸港の海上です。

メリケンパーク・ハーバーランド・ポート・アイランドの近くの沖合です。

そのため水に強い花火を採用しているので、少々の雨でも花火大会は行われます。

中止の判断は当日の15時ごろに下されますので、そのアナウンスがなかったら決行です。

 

花火大会会場への最寄り駅・アクセス情報

開催場所: 兵庫県神戸市中央区波止場町・神戸ハーバーランド

電車での場合、JR元町駅から徒歩20分。三ノ宮駅からも徒歩20分です。

マイカーでの来場は禁止されていて、交通規制が敷かれます。

シャトルバスが有料ですが出ていますので、近隣の駅などに駐車したのちにバスで会場へ向かうのが得策でしょう。

おすすめの穴場スポット

こちらの花火大会は有料席がありますので、まずはそちらをゲットするのが良いでしょう。

それでも人の少ないところでゆったり観たい方や、デートの一部として取り上げたい、お子様連れなので迷惑をかけないところで観たい、といった方達のために、穴場スポットをご案内しますね。

 

穴場その1:ポーアイしおさい公園(ポートアイランド西公園)

岸壁の南北に続くこの公園は、花火をもっとも鑑賞しやすいスポットのひとつです。

神戸ポートタワーや神戸モザイクなどの夜景とともに花火を眺めることができます。

公園ということもあってトイレなども心配いらず、女性にとっては嬉しい鑑賞ポイントです。

車で来られた方は、花火終了後の脱出にかなり時間がかかるので、覚悟が必要ですね。

 

穴場その2:ポートアイランド北公園

スペースこそあまり広い場所ではありませんが、高い建物などが少なく開放的で花火の鑑賞がしやすいスポットです。

飲食ブースが並んでいて、食事の心配はありません。

コンビニもありませんので、トイレはすませてから向かいましょう。

ベストポイントの海岸に面した最前列はお昼までには埋まってしまいます。

後方は18:00頃でも比較的空いているようです。

 

穴場その3:新港第4突堤から第3・第2突堤をつなぐ道路

こちらは通行者は結構いるのですが、ほとんどの人が通り過ぎるスポットです。

仕掛け花火などはまったく見えませんが、とにかく人との接触が苦手な人向きです。

敷物を持って行ってくださいね。

 

穴場その4:六甲山展覧台

こちらは会場からやや離れた場所。

見物客の多い海側と違い、比較的穏やかに花火を楽しむことができます。

花火も夜景も見下ろす形での観賞になります。

ただし山側のスポットとしては知られている場所のため、展覧台自体の混雑度はやや高めです。

 

穴場その5:ヴィーナスブリッジ

こちらも花火を見下ろすことのできる超人気スポット。

15:00頃には駐車場が満杯になりますので、かなり早めに到着しておかないとだめですね。

ヴィーナスブリッジからの夜景

 

穴場その6:兵庫埠頭

こちらは神戸港の南西部にあり、打ち上げ会場からはやや離れます。

が、そのぶん混雑などからは逃れることができます。

以前は第2突堤付近が穴場として知られていたのですが、近年は第2突堤は有料席が置かれる場所になってしまったので、こちらの方がおすすめです。

ただし普段は荷物の積み込みなどを行なっている場所ですので、浴衣などでの来場はNG。

汚れても気にならない服装で、レジャーシートなどを用意するといいと思います。

通行規制のため車の乗り入れはできませんので、中央市場前駅から臨時バスを使用してください。

 

穴場その7:布引ハーブ園

こちらも山側のスポットになります。

夜景と花火が目線の高さで楽しめる場所です。

花火大会の場所取りは当日の14時までは行えないことになっています。

ルールを守って楽しく花火を観賞しましょうね。

神戸布引ハーブ園へのアクセス方法はロープウェイのみです。

ロープウェイ「ハーブ園山麓駅」より10分、「ハーブ園山頂駅」下車。

「ハーブ園山麓駅」までのアクセス方法

▶公共交通機関利用の場合

市営地下鉄 JR・阪急・阪神・神戸市営地下鉄「三宮」→神戸市営地下鉄「新神戸駅」下車、徒歩約5分
市バス JR「三ノ宮」、阪急・阪神・神戸市営地下鉄「三宮」→市バス(2・18・90・92系統)「布引」下車、徒歩約5分
  JR「三ノ宮」、阪急・阪神・神戸市営地下鉄「三宮」→市バス(64系統)「新神戸駅」下車、徒歩約5分
新幹線 「新神戸駅」下車、徒歩約5分、シティー・ループバス「神戸布引ハーブ園/ロープウェイ」下車、徒歩5分
シティーループ運行路線図

▶車で行く場合(神戸布引ハーブ園および周辺には駐車場がありませんので、ANAクラウンプラザホテル神戸駐車場、新神戸駅前駐車場をご利用ください)

中国自動車道 山陽道 中国自動車道、山陽道から、(※北神戸有料道路を南下)阪神高速北神戸線、「新神戸トンネル」をご利用ください。
阪神高速(神戸線) 阪神高速神戸線(3号)生田川ランプを北上すると、新神戸駅へ到着します。
新神戸駅西側のANAクラウンプラザホテル神戸西側がロープウェイ乗り場になります。
阪神高速(湾岸線) 阪神高速湾岸線住吉浜ランプから43号線を西行して、生田川を北上し新神戸駅へ到着します。
新神戸駅西側のANAクラウンプラザホテル神戸西側がロープウェイ乗り場になります。
阪神高速(北神戸線) 阪神高速北神戸線「箕谷ランプ」から「新神戸トンネル」を南下すると新神戸駅へ到着します。
新神戸駅西側のANAクラウンプラザホテル神戸西側がロープウェイ乗り場になります。

 

大会の概要・見どころ

この「みなとこうべ海上花火大会」の最大の特徴は、なんといっても海上から花火が打ち上げられるというところでしょう。

連続して打ち上がるカラフルな花火が海面にも映り、倍の数の花火が打ち上がっているかのような錯覚を起こさせます。

さらに神戸は港町で、夜景がきらびやか、「100万ドルの夜景」などともうたわれています。

花火を見物するビューポイントによっては、その夜景と花火が同時に楽しむことができます。

港という立地を生かした水上スターマイン、大規模な仕掛け花火など、花火の種類も豊富です。

フィナーレは視界いっぱいに広がるスターマインとなっています。

 

ロマンチックな夜景と夏の風物詩の花火を同時に楽しんじゃおう

神戸という待にはどことなく異国情緒が溢れていますよね。

それはずっと舶来の玄関口だった港あってこそです。

その港で打ち上がる儚くも美しい花火の数々、それは貿易で成長した神戸の夜景と最高の相性を観せてくれます。

デートコースに、この一晩限りのロマンチックな夜を取り入れてみませんか?

上手にエスコートすれば、きっと二人の愛は花火にも夜景にも負けない美しさで輝くでしょう。







みなとこうべ海上花火大会