男性ウケ抜群! ナチュラルメイクの「素肌感」マスターしよう!

ナチュラルメイク

ナチュラルメイクってなに?

イガリメイクやおフェロメイク、フルーツメイクなど、近年様々なメイクアップ方法が流行り、定番であったりしますよね。

はやりのメイクアップ法をマスターしても、ナチュラルメイクは出来ていないって人、いるのではないでしょうか?

そもそも、ナチュラルメイクとは何でしょうか?

簡単に言ってしまうと、すっぴんに見えて実はそうではないこと。
また、よく見るとしっかりとメイクしていることです。

つまり、ファンデーションとチーク、リップをつけたからナチュラルメイクというわけではないのです!

ただ、メイクが濃すぎるとナチュラルではない。
絶妙な色加減が必要な、奥が深いメイクアップ法なんです。

このナチュラルメイク、「お化粧してます!」という印象が薄いので、男性ウケがいいことも事実です。

清潔感があるメイクアップ法なので、ぜひマスターしてもらいたいメイクアップ法ですね。

初めてのあなたへ・・・

さて、初めて「ナチュラルメイク」をする皆さんにご忠告しておきたいことがあります。

簡単と思ってナチュラルメイクに手を出すと「やけど」します!
メイクで火を使うわけではないのですが・・・。

ナチュラルメイクをすぐマスターできると思って生半可な気持ちで手を出すと、中途半端な印象になってしまい、印象に残らない顔になるってことです。

がっつりメイクと違った難しさがあるのがナチュラルメイクです。
実に奥が深いのです。

注意事項をお分かりいただいたところで、ナチュラルメイクを始める方へのアドバイスとして、キーワードを覚えていただきたいです。

それはズバリ、「素肌感」!

「ナチュラル」を日本語訳すると、「自然な」ですよね。

つまり、自然体なあなたをプッシュして欲しいということです。

ありのままのあなたでいることがナチュラルメイクのキーワードなんです。

ナチュラルメイクはベースメイクが命!

いかに「素肌感」が出ているかがものをいいます。

基礎化粧品を済ませたあとは、化粧下地を1円玉の半分くらいのサイズを手の甲に出して、ほほ・おでこ・顎・鼻に載せていきましょう。

鼻は塗りすぎると化粧崩れの原因になるので少なめに。

パウダーファンデーションを塗っていくのですが、ここで「素肌感」を出すポイントがあります。

パフをCMで見るように肌の上で滑らすのではなく、ポンポンポンと叩くように塗っていきましょう。

ファンデーションが下地に馴染みますし、浮いてこなくなります。

全体的に色味を抑えた印象のナチュラルメイクですが、ベースメイク以外で抑えて欲しいポイントはチークです。

レッドやオレンジなどの濃い色ではなく、コーラルオレンジなど、自分の肌になじみのいいものを選んでください。

手のひらの色と似た色なら自分にあったカラーが探せるのでオススメですよ。

おすすめのブランド

今回、ナチュラルメイクをするためにおすすめのブランドはヴィセです。

ヴィセのアイシャドウはパールが細かく、上品さも出るのでおすすめです。

ブラウンや、ピンクブラウンを選びましょう。

ヴィセは手が出しやすい価格なので初めてするならうってつけです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴィセ リシェ シマーリッチアイズ #004 5.4g【楽天24】[VISEE(…
価格:1512円(税込、送料別) (2016/10/9時点)

ほかにも少し手を伸ばすなら、アディクションがおすすめです。

デパートコスメの中でも値段が安めで、手が出しやすいです。

さらに、アディクションのアイシャドウは色がたくさんあるので自分に合った色が探せます。

タッチアップをしてもらって、メイク研究の参考にするのもいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ADDICTION アディクション ザ アイシャドウ #81 – #99 1g
価格:2025円(税込、送料別) (2016/10/9時点)

ナチュラルメイクを制する者、ほかのメイクも制する!

ナチュラルメイクは奥が深いと言いましたが、いかがだったでしょうか?

私は平日はナチュラルメイク派なのですが、ベースメイクをしっかりさせてから印象が変わったと言われるようになりました。

どんなカラーをお顔に乗せても、お肌の土台がちゃんとできていなければ台無しです。

すべてのメイクアップ法はナチュラルメイクへの道に続いています!

ぜひマスターしてみてください。







ナチュラルメイク