ワインの「ネゴシアン」、「ドメーヌ」、「シャトー」の違いって何?

 

ワインを手に取った時に、「シャトー・◯◯」とついているのを見かけたことはありませんか?

これはワインの蔵元(ワイナリー)のことを指した言葉。

だとすると、ワイナリーの分類の仕方はどんな分け方なのでしょうか。

「ネゴシアン」、「ドメーヌ」、「シャトー」についてメリットや特徴などをまとめてみました。

ネゴシアンとは?

ネゴシアンとは、自分の会社の畑以外の、他の会社や農家の畑で採れたブドウを買い集め、それを中心にワイン造りをしている生産者のことを指します。

後述するドメーヌやシャトーと違い、より多くのブドウを使ってワインを大量生産することができるので、大規模で組織的な生産が可能です。

生産量があがるということは、すなわち収益があがるということです。

また、他の生産者からブドウを買うということは、悪天候や病害などでブドウがあまり採れない年でも、他の地域から買い求め、安定した生産量と品質を保つことができます。

そして常に多くのブドウ農家と契約しているので、コストを抑えたワインを生産することが求められ、それが若干のイメージの低下につながっていることも否めません。

しかし常に安定した品質のワインが手に入る、というのは、ワイン好きからすると嬉しいメリットです。

 

ドメーヌとは?

ドメーヌ

ドメーヌとは、ネゴシアンが大手だとしたらそれより小〜中規模な生産者のことを指します。

とくに自家栽培のブドウを使用してワインを作成している蔵元のことをこう呼びます。

自家栽培のブドウのみを使用しているということは、品質の良いワインにこだわることができるということです。

ネゴシアンのように大規模な生産でないため、ブドウ畑にも生産者の手が隅々までいきわたり、それが各ドメーヌのブランドイメージにもつながっています。

そのぶん品質を安定させるのに多大な苦労があり、自社の畑のブドウがあまり良い品質でない場合、ネゴシアンに売ってしまい、その年はワインを作らない、なんてこともあるそうです。

 

シャトーとは?

シャトーも前述のドメーヌと同じで、自社のブドウ畑を持ち、栽培、構造、熟成、瓶詰までを自分たちでおこなう蔵元のことを指します。

ドメーヌと違うのは、シャトーはひとつの畑をひとつのシャトーが所有しているのに対し、ドメーヌはひとつの畑を複数のドメーヌが分割して所有しています。

もともとシャトーはボルドーのワインの蔵元を主にこう呼びます。

ドメーヌはブルゴーニュの蔵元のことを指します。

スタイルが同じでも生産地と畑の所有の仕方でこのように名前がわかれています。

 

日本にもあるの?

このように生産スタイルや土地によって名称がわかれていますが、日本にもこのような蔵元(ワイナリー)があるのでしょうか?

本場フランスには「五大シャトー」と呼ばれる、有名なシャトーがありますが、実は日本には「三大シャトー」と呼ばれる日本ワインの蔵元があります。

まずはサントリー登美の丘ワイナリー。

国際的なコンクールでここのワインが受賞した経歴もあり、日本を代表するワイナリーといっても過言ではありません。
こちらで作られている「登美・赤」ワインは、なめらかで繊細。

女性的なワインです。

100年以上の歴史を持つこちらのワイナリーは、生産量も品質も安定しており、日本ワインの初心者にもおすすめです。本場・フランスでも評価が高いワイナリーです。

次は日本ワインでは老舗のサドヤ。

こちらで作られるシャトー・ブリヤン・キュヴェ・スペシャルは、採れたブドウを18ヶ月熟成し、5樽に厳選します。

さらに貯蔵用の一升瓶で3年ほど寝かせた後、もう一度移し替えたワインボトルで10ヶ月熟成されて初めて出荷されます。

野性味に溢れた味が特徴で、無駄な雑味が一切なく、超熟させたとは思えないフレッシュな口当たりが特徴です。

最後はシャトー・メルシャン。

こちらはマリコヴィンヤード・オムニスというワインを製造していて、このワインは渋み、果実味、酸味が見事に調和していて、いつ飲んでも美味しいことで有名です。

日本ワインも生産が年々増えていますが、前述したシャトーだけではなく、ブルゴーニュのドメーヌ的な小規模のワイナリーがカルト的な人気を誇っていたりします。

たとえばドメーヌ・ミエ・イケノというワイナリーでは、池野美映氏がひとりで運営しています。リゾナーレ八ヶ岳と提携していて、内部のレストランでその味を楽しむことが可能です。

ドメーヌ・タカヒコは家族経営のドメーヌで、ワインは造る人の思想と畑によって造られるという思想をオーナーは持っています。

そのため製造するブドウはピノ・ノワールのみ。

こだわりのワインは直売やオンラインショップもなく、見かけたら即買いの人気ワインを製造しています。

 

ワイナリーの本気はワイン以外でも!?

近年、アルコールが苦手な人でも楽しめる、「ワイナリーが作ったブドウジュース」が販売されているのはご存知ですか?

ブドウはワイン専用品種のベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、ピノ・ノワールを使用していて、コクや深みがある、ワイン好きが飲んでもたまらないジュースとなっています。

アルコールが苦手な方でも楽しめるので、お子さんのいる家庭ではこのジュースで乾杯、なんて素敵かもしれませんね。