豊田おいでんまつり花火大会 2017 絶対おすすめの穴場スポット5選!日程と見どころ。

おいでんまつり花火大会

毎年7月の最終週に行われている「豊田おいでんまつり」。

地域の絆を深め、たくさんの観光客をもてなすお祭りです。

このお祭りのフィナーレに行われる花火大会が、とっても人気があるのを知っていましたか?

Yahoo!の「花火大会&夏祭りランキング」で「花火師が選ぶベスト10」3年連続6位に選ばれたおいでんまつりの花火を、今年は楽しんで見ましょう。

日程・時間

豊田おいでんまつりは毎年7月の最終週の土日に行われます。

2017年は7月29日(土)。

花火大会はその最終日に行われるので、7月30日(日)の開催になっています。

時間は19:10~21:00。場所は矢作川河畔、白浜公園一帯になります。

雨天決行で、川の水が増水した場合などは中止になります。

順延はありません。

 

最寄り駅・アクセス情報

電車での場合、名鉄三河線豊田市駅から徒歩10分、あるいは愛知環状鉄道新豊田駅から徒歩10分です。

車の場合東名高速豊田ICから国道248号経由で約5.5km約15分です。

ただし当日は交通規制が敷かれるため、車での来場は向いていません。

公共交通機関を利用する方がいいでしょう。

駐車場も用意されていないので、是非電車やバスなどでお越しください。

 

おすすめの穴場スポット

こちらの花火大会は有料の桟敷席がなく、代わりに協賛席があります。

前日の朝から会場を解放するため、場所取りはとっても大変。

15時にはいい場所は全て埋まってしまうと言っても過言ではありません。

いくつか穴場をあげますので、頑張っていい席をゲットしてください。

 

穴場その1:矢作緑地川端公園

仕掛け花火などは見られないのですが、打ち上げ花火がばっちり見えるスポットです。

花火の筒ばからすこし北側で、お子様連れでも安心して観れる場所です。

 

穴場その2:桜城址公園

豊田信用金庫本店前の公園です。

あまり混雑しておらず、しっかり花火を楽しむことができます。

 

穴場その3:八幡公園

打ち上げ会場からは少々離れてしまいますが、そのぶん混雑していないので打ち上げ花火を楽しめます。

 

穴場その4:毘森(ひもり)公園

打ち上げ会場から離れ、豊田市駅よりも西側のスポット。

花火は少々小さくなりますが、穴場中の穴場なのでゆっくり花火を見学したい方におすすめです。

 

穴場その5:久澄橋周辺

協賛席の裏手や脇にちょっとした空きがあったらすべりこめるスポットになります。

一番よく見えるのは「白浜公園」なのですが、ここは前日から場所取りが解禁されると主にあっという間にいい場所が取られてしまいます。

争奪戦に負けた場合は、上記のいずれかのスポットで花火を楽しんでみてください。

 

大会の見どころ

おいでんまつりステージ

そもそもこの花火大会は、「豊田おいでんまつり」の一環として行われる花火大会です。

「豊田おいでんまつり」は、初夏に愛知県豊田市で行われるお祭りです。

1968年に始まった「豊田まつり」というおまつりを母体にしており、おまつりと共に豊田市は合併吸収を繰り返し、「トヨタ自動車」が急成長しました。

おまつりが20回を超える頃に、「地域の人々の絆」「昔からの人々をつなぐ」という側面から、もう一度原点に立ち戻って「総踊り」という踊りとともに「豊田おいでんまつり」として生まれ変わったのです。

そして、その頃からおいでんまつりのラストに花火大会が開催されることになりました。

「おいでんまつり」とは変わったネーミングですが、こちらは三河弁の「おいで(来なさい)」という意味です。

たくさんの人に呼びかけるおまつりなんですね。

「豊田おいでんまつり」自体は6月から始まります。

そのフィナーレが「豊田おいでんまつり花火大会」となります。

そして「豊田おいでんまつり花火大会」は、熟練の職人の手によって打ち上げられる15000発の花火が大迫力!

通常の打ち上げ花火だけではなく、音楽に合わせて打ち上げられる「メロディ花火」は、是非一度現地で体験してほしいものです。

耳と目で思いっきり花火を楽しめますよ。

また、花火大会のラストには会場いっぱいをつかった「ナイアガラ大瀑布」が点火します。

その迫力と美しさはなんとも言い難いです。

ナイアガラ大瀑布

「ワイドスターマイン」という、5基同時に打ち上げる花火も素晴らしいです。

間近で観た人の感想を聞くと、「大迫力だった」「臨場感がすごい」「メロディ花火が斬新だった」などの感想がありました。

これは是非体験したいですね。

スターマイン

 

愛知が誇る花火大会を是非観に行こう!

東海地方でも有数の規模を誇るこの花火大会。

これは是非、「豊田おいでんまつり」自体にも参加して祭り気分を盛り上げてのぞみたいですね。

夏の始まりにこんな素敵な花火が観れたら、今年の夏はちょっといつもよりも楽しいものになりそうですよね。

特にラストの「ワイドスターマイン」と「ナイアガラ大瀑布」をしっかり観れたら、なんだかいいことがありそうです。

今年は先述した穴場スポットをうまくつかって、最高の花火を体験しに行きましょう!







おいでんまつり花火大会