お守りの中身は何? 正しい処分の仕方は? 徹底解説!

お守りのマナー

 

神社やお寺にお参りに行くと、ついつい目移りしてしまうのがおみくじとお守りですよね。

特にお守りは祀られている神様、仏様によって種類が様々。

厄除け(魔除け)だったり、開運だったり、健康祈願だったり、恋愛成就だったり……。

そんな数あるお守りですが、あれって中身は一体なんなんでしょうか?

そして購入した後、どうやって処分すればいいのかご存知でしょうか?

この記事では、そういうお守りに関する諸々を大解説しちゃいます!

中に何が入っているの?

気になるのがお守りの中身。

霊験あらたかとはいうものの、いったい中には何が入ってるんでしょう?

これは神社やお寺によって様々な中身のバリエーションがあるのですが、多いのが木か板の破片。

ただの木ではなく、ご神木のかけらが多いようです。

そして、紙に印刷された御神体もあります。

これらのもの全てが、御神体や御本尊の仮の宿。

力をわけてもらい、お守りに宿しているのです。

よく「開けたらバチが当たる」や、「開けてはいけない」などと言われていますが、神社やお寺側では特にそのような取り決めはしておらず、お守りを買った人の信仰心におまかせしている状態です。

以上のことを知っても神様の宿っているところを無粋にこじ開けようとする人はそこまでいませんよね?

崇徳天皇などの「ガチ」の怨霊も祀っている場所がありますので、くれぐれも無礼な真似は慎みましょうね。

 

なぜ鈴が付いているの?

鈴がついている正式な理由はわかりません。

他の国では鈴自体がお守りとなっている国も多く、日本でも魔除けとして使われています。

神社やお寺に参拝する際に鈴の緒(ガランガランと揺らすあれです)を鳴らして参拝することから、神様や仏様の仮の住居であるお守りにもそのミニチュアとしてつけている、という説もあります。

鈴がついているとどこにいくにもちゃらちゃらと音がするので、神様や仏様が「私の信仰者はここだな」と居場所をつかむために使っているという話もあります。

神様や仏様にお祈りするときに、心の中でお願い事の他に氏名と住所を唱えるといい、と聞いたことはありませんか? 

また、絵馬にも住所氏名を書きますよね。

神様たちはとても多忙でたくさんの人たちにお参りされているので、お願いを叶えるためには自分の素性を明らかにしておくときちんと願いを叶えてくれるといいます。

お守りの鈴は現代で言うところのGPSなのかもしれませんね。

 

お寺と神社で違いはあるの?

違いはもちろんあります。

簡単にいってしまうと、製作工程が違います。

お寺のお守りは僧侶(御本尊様ではなくその場で修行して居る人)の祈りが込められたお守りです。

神社のお守りはご祈祷だけではなく、基本的には御神木などを切り出したものになります。

両方ともお清めとご祈祷はされていますが、問題はお寺か神社かということではなく、用途にあったただしいお守りを購入できているか? ということです。

例えば、子供が欲しい人が厄除けのお守りを持っていても意味はないですよね。

いつもお参りしているところのお守りも素敵ですが、オールマイティーな「開運」以外のお守りは専門のお寺や神社で購入するのがいいでしょう。

例えば縁結びといったら神様なら大国主命(オオクニヌシノミコト)。

伊勢神宮が祭神として扱っているのが有名ですが、国護りの神様ですのでどの地域にも祭神としている神社があります。

病気治癒だったらお寺の「薬師観音」を祀っているところがいいでしょう。

薬師観音の持っている薬壺は万病に効くとされています。

自分の今一番叶えたい願い事をきちんと決めて、それからお守りを購入するようにしましょう。

 

正しい持ち方、処分の仕方

お守りは基本的に身近なカバンやいつも持ち歩くものにつけましょう。

神様や仏様が見守ってくれます。

家で保管する場合はタンスなどにはしまわず、家の中でも空に近い場所(高い場所)に置くのがいいとされています。

神棚などでお札を祀る方法のひとつに、天井の方に「天」と書いた紙を貼る、という方法があります。

これは住宅事情で神棚を上階に設置できないときに行います。

あなたの家が集合住宅などの場合は、この方法で保管しましょう。

でも、まずは持ち歩いてみることから始めて欲しいです。

縁結びでしたらどこに良縁が転がっているかわかりませんし、健康祈願だったら事故に合わないとも限りません。

開運だってどこにチャンスが転がっているか……。

なのでカバンが恥ずかしい人は、スケジュール帳や筆箱の中などに忍ばせてみてください。

そして気になる処分の仕方ですが、処分する目安は1年です。

これは効能がきれると言うより、周囲の悪い気にまみれてしまったお守りが本来の効果を発揮できなくなるからです。

1年ごとにお守りを変えることにより、お守りは効能を保ったままあなたのそばにいてくれます。

そしていらなくなったお守りですが、購入した神社やお寺に返納しましょう。

神様や仏様が宿っているのものなのでゴミ箱に捨てる人はさすがにいないと思いますが、敬意を持って接しましょう。

「旅行した時のお守りだから返しにいけない」なんてこともあると思います。

その場合は近所のお寺か神社にいって、「古いお守りがあるのですが」と申し出ましょう。

神社のお守りは「〜〜神社」「〜〜神宮」「〜〜大社」と書いてあり、お寺のお守りは「〜〜寺院」「〜〜寺」などと書いてありますので、お寺のお守りはお寺に、神社のお守りは神社に返納してください。

「一年間ありがとうございました」というご加護とご守護に感謝して返納しましょうね。







お守りのマナー