今治おんまく花火大会、2017年の日程と超穴場スポット6選!駐車場と大会の見どころも。

おんまく花火大会

愛媛の夏祭りのひとつ、「おんまく」。

今治市で行われるお祭りです。

今治といえば有名なのが繊細なタオル、そして造船。

観光では「しまなみ海道」がサイクリング愛好家の中で有名だったりしますよね。

その今治で行なわれる「おんまく」の中で、ひときわ人気が高いのが花火大会です。

その花火大会の日程や穴場スポット、「おんまく」のいわれなんかを紹介しちゃいますね。

日程・時間

おんまくは「毎年8月の第一土曜日と日曜日」に開催されます。

2017年は8月5日土曜日に本祭り、8月6日日曜日に後祭りが行われます。

花火大会は二日目の20:00〜21:00。

荒天時は翌日の月曜日に延期となります。

打ち上げ場所は今治港防波堤です。

最寄り駅・アクセスと駐車場情報

電車で会場に向かう場合、JR今治駅から徒歩15分です。

車の場合は、西瀬戸道今治ICから車で5分、もしくは今治小松道路今治湯ノ浦ICから車で15分です。

当日は18:30〜21:30まで交通規制が敷かれます。

車でご来場の場合は、どこが規制されるかチェックして向かいましょう。

また、無料駐車場が解放されます。

日吉小学校、別宮小学校、日吉中学校、今治小学校、常盤小学校、城東小学校はすべて12:00〜22:00の開放、全農えひめは9:00〜22:00の開放です。

全農えひめは障害者特別駐車場もあります。

約1000台ぶんが開放されますが、それでも停められないケースも考えられるので、その場合は近隣のコインパーキングに停めるなどしてください。

 

おすすめの穴場スポット6選

なんとこの花火大会には有料の席も協賛の席もありません。

なので自力で場所を取るしかないのです。

打ち上げ時間が1時間なので、若い人はそのまま見物も可能ですが、小さなお子様づれやご高齢の方を連れていると、やっぱり座ってゆっくり観たいですよね。

そうした方のために、オススメの穴場スポットをご紹介します。

 

穴場その1:近見山展望台

こちらは写真好きな方の間でも有名なスポットです。

花火が大きくみえ、混雑もあまりしていません。

地元では夜景スポットとしても人気が高いので、花火と夜景の両方を楽しめるお得な場所です。

山頂まで車では行けず、駐車場から80m登った場所に「山頂展望台」と書かれた遊歩道があり、その石段を、約5~10分登ると山頂展望台に到着します。

駐車場までの道のり、駐車場から山頂展望台まで、街灯が一切無いので、懐中電灯は必須です。

くれぐれも足元に注意して向かってくださいね。

またトイレは、山頂展望台には無く、駐車場の入口付近に仮設トイレが1つあるだけですので、この点も要注意ですよ!

この動画のように、かなりくねった山道のドライブになりますので、運転には十分注意してください!

所在地 愛媛県今治市近見町5
電話番号 0898-36-1541(今治市役所 観光課)
駐車場 あり/無料 20台
営業時間 24時間

 

穴場その2:市民の森・フラワーパーク

こちらはメイン会場からやや距離があるのですが、場所はなんと!打ち上げ会場の真正面。

花火の全体がみえる嬉しいビューポイントです。

公園ですのでトイレ(障害者用も完備)の心配が無いのが、Goodですね!

所在地 今治市山路662-1
問い合わせ先電話番号 0898-36-1563(今治市役所 公園緑地課)
駐車場 あり/129台 無料
営業時間 24時間
自動車でのアクセス(尾道側から) 今治IC → 約1分 → 目的地
自動車でのアクセス(今治側から) 今治IC → 約15分 → 目的地
バスでのアクセス(尾道側から) しまなみライナー → 今治駅前下車 → 市内バス 約7分 → 片山下車 → 徒歩・約15分 → 目的地
バスでのアクセス(今治側から) 今治駅前 → 市内バス 約7分 → 片山下車 → 徒歩・約15分 → 目的地

 

穴場その3:亀老山(きろうさん)展望台

こちらはしまなみ海道の大島にある展望台。

花火大会を打ち上げ場所の対岸から観ることができます。

瀬戸内海と花火のコラボが素晴らしいスポットです。

ここからの夕日はまさに絶景ですので、早めに到着して花火が始まるまでの間、ゆっくり楽しみたいですね!

所在地 今治市吉海町南浦487-4
問い合わせ先電話番号 00897-84-2111(代)(今治市役所吉海支所 産業建設課)
駐車場 あり/普通車18台・大型6台 無料
営業時間 24時間
自動車でのアクセス(尾道側から) 西瀬戸尾道IC → 瀬戸内しまなみ海道・約60分 → 大島北IC → 約15分 → 目的地
自動車でのアクセス(今治側から) 今治IC → 約10分 → 大島南IC → 約10分 → 目的地
バスでのアクセス(尾道側から) しまなみライナー → 大島BS下車 →島内バス友浦・早川~宮窪~下田水港線 → 亀山下車 →徒歩・約120分 → 目的地
バスでのアクセス(今治側から) 今治駅前 → 亀山下車 → 徒歩・約120分 → 目的地

 

穴場その4:辰の口公園

こちらは会場近くの公園です。

人はやはり多いことが予想されますが、メイン会場の近くよりはやや空いており、到着時間に余裕があるのならば是非場所取りしておきたいポイントです。

こちらのトイレにはベビーシートもありますので、小さなお子さん連れの場合も安心ですね。

公園自体は、さほど広くありませんので、やはり早めの場所取りが必要になります。

所在地 今治市通町1-1-4
電話番号 0898-36-5200 (今治市役所 )
駐車場 無し
営業時間 24時間
アクセス JR予讃線「今治駅」下車 徒歩12分

 

穴場その5:今治城周辺

少し視点を変えて、今治城から花火見物などいかがしょう?

お城は午後5時以降、入場できませんが、お濠周辺から打ち上げ花火が見れます。

お城越しの花火もなかなか風情がありますよ。

今治城とおんまく花火

 

穴場その6:蒼社川の川べり

蒼社川の郷橋から新蒼社大橋にかけての川べり。

花火大会の会場からは少し距離があるので、音と光はズレてしまいますが、人ごみはどうしてもイヤ!という方は試してみてくださいね。

 

 

大会の見どころ

そもそも「おんまく」とは、今治地方の方言で「めちゃくちゃ」「いっぱい」「おもいっきり」「大げさ」などの意味のある言葉です。

港まつりやバリ祭りなどのお祭りは以前からありましたが、今治市民が自主企画、自主財源から自主運営する「おんまく」に統一されました。

これはお祭りを思う存分楽しんで欲しいという気持ちからつけられた名称だったのですね。

また、「おんまく」は商標登録されています。

「おんまくカルビ」などが商標として使用した商品では有名です。

ポジティヴなイメージで祭りや地域の元気を広げようという気概が伝わって来ますね。

「おんまく」では市民参加型の踊り、ダンスなどの他に、太鼓演奏や、姉妹都市の尾道市や太田市との交流イベントなどが行われています。

また、2014年から港湾地域では、タミヤRCカーとミニ四駆のレースも開催。

大人も子供も楽しめるイベントとして人気が高いです。

屋台では四国の名物の「じゃこ天」などが売られていたり、地元のクラフトビールが売られていたりします。

また、今治地方の郷土料理である「せんざんき」の屋台も出ます。

「せんざんき」とは、骨つきの鶏肉に醤油や生姜、ニンニク、お酒で味をつけ、カラッと揚げた料理です。

元々は江戸時代にキジを使用していたと言われています。

今治では広く親しまれている料理ですが、その語感の面白さにはちょっとどきっとしますね。

花火大会はなんと今治市の人口より多い約20万人が見物に集うそうです。

四国随一のお祭りといっても過言ではないですね。

2017年は愛媛国体の年なので、約14,000発の打ち上げを予定しています。

どれだけ派手なものになるのか楽しみですね。

 

おんまくの花火を心から楽しむために

有料の席がない、ということは、すべての人に平等に楽しんで欲しいという気持ちの表れです。

運営には花火基金を使用していますので、そちらで協力するのも地元の方にとっては嬉しいことでしょう。

夜空に打ち上がる花火が素晴らしいロケーションとなって、心の一ページに残るように、マナーを守って楽しく観覧しましょう。







おんまく花火大会