オンネトーの紅葉 2017 紅葉狩りのあとは、「湯の滝」へ絶対行ってみて!

オンネトーの紅葉

暖かい季節も終わりをつげ季節が移り変わっていく季節になりました。

環境もがらりと変わり風景も変わっていきます。

秋といえば紅葉です。
秋への移り変わりを私たちにいち早く感じさせてくれるのが紅葉です。
黄色や赤、中にはまだ緑も混じっているのでしょうか。

そんな季節の移り変わりを大自然で感じてみませんか?

今回はいち早く紅葉がみられる北海道のオンネトーについて紹介したいと思います。

 

紅葉の見ごろは?

気象状況にもよりますが、例年は10月上旬に見頃です。紅葉の進み具合を確認の上、ご旅行ください。

 

見どころや楽しみ方

オンネトーとは北海道東部の阿寒の周辺に位置する、阿寒国立公園内にある沼(湖)です。

名前の由来はアイヌ語から「年老いた沼」「大きな沼」という意味です。

雌阿寒岳の噴火によってできた沼で、湖水は酸性が強く魚類は住めないがエゾサンショウウオやザリガニが生息しています。

湖面はなんと!見るたびに色が変わるとされています。
そんなことから、「五色沼」とも言われています。

時間・季節など様々な条件で色が変わります。

また、風がなく雲がない日には雌阿寒岳、雄阿寒岳の両方を見ることができます。
雌阿寒岳の登山入り口にもなっているためとても人気な観光スポットになっています。

見どころ

五色に変わる湖面とそこに映る紅葉や山々のコントラストがなんともいえない風景を醸し出してくれます。

まるで写真のなかに吸い込まれたみたいに現実のものとは思えない風景が広がっています。

この季節、雌阿寒岳の登山も人気で、紅葉している登山口から徐々に広がっていく風景もまたすばらしいです。

登山は疲れますが、その疲れが吹っ飛ぶような壮大な風景が広がっていますので、登っても損はありません。

また、オンネトーから3kmほどの場所にある、湯の滝がおすすめです。
なんと、温泉が滝になって流れているのです!
国の天然記念物にも指定されている、めずらしい場所ですので、絶対に見逃せないポイントですね。

苔むした岩肌の上を、湯気を上げながら流れ落ちる滝は、なんとも不思議な光景ですよ。

 

オンネトー周辺にはいろいろな観光スポットがありますが、その中でもオンネトー温泉は硫黄の香りがするミルキーブルーの温泉で、絶対に入っておきたい温泉のひとつです。

しかし、泊まるには小さい施設しかないため、少し離れてはいますが、阿寒湖畔の温泉街に泊まることをおすすめします。

アクセス・駐車場情報

新千歳空港から高速道路と国道241号線を利用して約3時間20分です。

タンチョウ釧路空港~オンネトーが約1時間20分。
女満別空港~オンネトーが約1時間20分。
釧路駅~オンネトーが約1時間45分かかります。

レンタカーも各周辺にたくさんありますのでぜひ借りてドライブがてらいかがですか?

電車とバス

札幌もしくは新千歳空港から特急スーパーおおぞらで約4時間で、新千歳空港からの出発の場合は「南千歳」での乗り換えが必要です。
JR釧路駅~阿寒バス阿寒湖バスターミナル行きで2時間、終点下車しタクシーで20分です。

五色に変わる湖なんてそうそうありません。

 

季節や気象によってエメラルドグリーンや深い青に変わり、そして紅葉時期には黄色や赤の色がさし色になり、さらにオンネトーの風景を綺麗なものにしてくれます。

湖に映る様々な色の山々が静寂の中見ることができ、心が洗われること間違いありませんよ。

日々の疲れを大自然の雄大な景色で発散し、帰りに温泉なんていかがでしょうか?

恋人や家族、夫婦の思い出づくりにぴったりの場所だと思います。

雄大な景色は心に残ること間違いなしです。

そしてその思い出を温泉に入りながらゆっくりと語り合うのもよいでしょう。

秋の北海道、そして五色の湖。
行くタイミングによって景色は違ってきます。

あなただけの湖の顔をぜひ、ご堪能ください。







オンネトーの紅葉