大濠花火大会2017 穴場スポット決定版8選!開催日程と見どころ

大濠花火大会

九州って美味しいものがとっても多いですよね。

博多明太子に博多通りもん、桜肉に宮崎の地鶏、長崎のカステラ、マンゴーやきんかんたまたまをはじめとしたフルーツ、あと何気にピーマンなどのお野菜もとっても美味しい。

イカのフルコースやもつ鍋もいいですよね。

そんなグルメ旅を夏にするのならば、是非日程に組み込んで欲しいものがあるんです。

それは「西日本大濠(おおほり)花火大会」。

比較的都心部で観られる花火大会で、夏の思い出の一ページを彩ってくれること間違いなしです。

この記事ではそんな西日本大濠花火大会の日程や会場へのアクセス方法、おすすめの穴場スポットなどをご紹介しますね。

日程・時間

毎年8月1日に大濠花火大会は開催されます。

2017年の8月1日は火曜日ですね。

時間帯は20:00〜21:30。

会場は花火大会の名称にもなっている「大濠公園」の池の中之島となります。

 

最寄り駅・アクセス情報

電車で行く場合、福岡市営地下鉄「大濠公園駅」より徒歩で3分、福岡市営地下鉄「六本松駅」より徒歩で10分、空港線「唐人町駅」より徒歩で5分、上毛電気鉄道「赤坂駅」より徒歩で7分となっています。

バスで行く場合、西鉄バス「黒門・大濠公園」停留所より徒歩で5分です。

車で行く場合なのですが、残念ながら駐車場は用意されていません。

大濠公園の駐車場は早い時間に満車になってしまいますので、周辺のコインパーキングを利用してください。

また、駐輪場もありませんので、自転車でのご来場もご遠慮ください。

帰りは大変混雑しますので、やはり公共の交通機関を利用した方がよさそうです。

 

オススメの穴場スポット8選

旅行のついでに行きたいけど有料観覧席までは手が出ない……

どうせなら人の少ないところで観たい……

そんなあなたのためにおすすめの穴場スポットをご紹介します。

 

穴場その1:大濠公園の池のほとり

大濠公園の池のほとり

早朝から場所をとれるならば絶対ここです。

どこよりも花火打ち上げ会場に近いため、ベンチ付近は激戦区ですが、当日の朝に早起きができる自信があればここで観るのがベスト。

ちなみに前日の24時に主催者側の清掃があるので、前日に場所取りをしても全て撤去されてしまいます。ズルはいけません。

 

穴場その2:護国神社の芝生広場

大濠公園から国体道路を挟んだところにある護国神社。

こちらは大濠公園より人出が少なく、芝生広場は花火の鑑賞に最適です。

ただし神社のそばということを忘れず、羽目を外しすぎないようにしましょう。

 

穴場その3:福岡ヤフオク!ドーム

ヤフオク!ドーム

人出は多いスポットですが、公園付近と比べて格段に場所を確保しやすいです。

高台になっている入場口のあたりがベストスポット。

 

穴場その4:福岡タワー

福岡タワーからの夜景

こちらは会場からやや離れてしまいますが、空調の効いた室内でゆったりと花火を楽しめます。

最上階の展望台から花火と夜景を同時に楽しめるなんて贅沢ですね。

 

穴場その5:福岡城跡(舞鶴公園)

福岡城跡

こちらも打ち上げ会場からはやや離れてしまいます。

高台にあるのでそちらから花火を観ることができます。

夜景も同時に楽しめるのでちょっとお得な気分。

 

穴場その6:西公園

こちらは海の近くの公園になります。

ここも少し高台になっているので眺めがよく、花火大会だけではなく大濠公園全体の展望を楽しめるポイントとなっています。

 

穴場その7:南公園

こちらも高台にある公園。

この公園内にある「植物園内展望台」と「西展望台」の二箇所が花火ビューポイントとなります。

 

穴場その8:片江展望台(油山展望台)

会場からやや距離があるものの、まずはこちらは夜景が絶景!

そこに花火が打ち上がるのですから、ロマンチックな気分になること間違いなしです。

ただ車で行かなければいけない場所なので、20台程度の駐車場に停車スペースを確保できたら、というスポットになります。

 

大会の概要と見どころ

この大濠花火大会のすごいところは、池の中之島で打ち上げるので360度どこからでも花火を楽しめるところです。

そのため毎年45万人もの人がこの花火を楽しみにくるのだとか。

都市部といっても公園内ですので、涼やかに花火を鑑賞できます。2016年はなんと6000発もの花火が打ち上がりました。

「これを観ないと今年の夏は始まらない!」という方もいるようで、福岡の方にとても愛されている花火大会なのです。

 

夜景と花火のコントラストを楽しんで夏を感じよう

八月の初めに開催されるだけあって、当日はとても暑い日になると思います。 蝉の鳴く中を涼をとりながら花火が打ち上がるのを待つ……なんだかノスタルジックで、とっても心が軽くなる時間です。

平日の開催ですが、この日ばかりは仕事を早めに切り上げて、ゆったりと花火を鑑賞しませんか? 

きっと日常の嫌なことも、花火とともにすっきりと散ってくれることでしょう。

比較的都市部での開催のため、ディナーを花火を背景に楽しんだりするのも良いですね。

夏の短い夜、素敵な一夜を過ごしましょう。







大濠花火大会