センスがいいね!といわれるお歳暮の選び方

社会に出たり、家族ができたりすると始まる“お歳暮”のやりとり。

毎年の事だし、お付き合いで贈っているだけだし、いちいち考えるのも面倒だなー…なんて逃げ腰になっていませんか?!

実は、お歳暮などの贈り物はその人のセンスが表れてしまうもの。ないがしろにしていてはいけませんよ。
お歳暮の相場から選び方までしっかり勉強して、“あの人素敵!”と言われるように頑張りましょう!

相場

お歳暮にかける金額は、3,000円〜5,000円というのが一般的なようです。
ただお歳暮は、日頃の感謝を伝える意味で贈るものですから、どのくらいお世話になっているか、という相手との関係によって相場が変わってきます。

例えば、取引先や知人などには3,000円程度の品物を、特にお世話になっていると考えられる勤務先の上司や同居していない両親などへは5,000円程度の品物を贈られている事が多いようです。

中にはとってもお世話になったので10,000円以上のものを贈るという方もいらっしゃいますが、あまり高いものを贈るとかえって相手に気を遣わせてしまったり、また来年も同等の物を期待させてしまったり、という事がありますので、無理をせずできる範囲で贈る事が大切ですね。

品物の選び方

お歳暮を贈る際は、手間を省くために同じ品物を皆んなへ…となってしまいがちですが、受け取る方は性別も違えば家族構成も違うもの。

少々大変ではありますが、それぞれの年齢層や家族構成、好みなどを十分考慮して品物選びをする必要があります。アルコールを飲まない方へビールを贈ったり、一人所帯の方に量の多すぎるお菓子などを贈ってしまったら、嫌味にもなりかねませんものね。

そして品物を選ぶ際に重要なのが、“どこで買うか”ということ。
最近では便利なインターネットを利用して購入される方も多いですが、やはりイメージと違ったり、のしが付けられなかった、などというトラブルも耳にします。

おすすめなのは、

①有名百貨店で購入すること
②自分が素敵だなと思うお店で購入することです。

目上の方や年配の方などは、贈られてきた商品が百貨店の贈答品かを気にする可能性がありますので、包装紙や送り状で購入先がわかるというのは、安心感があります。

また同世代であれば、趣味や趣向が似ているものです。
自分が素敵だなと思うお店は、相手もそう思ってくれる可能性が高いでしょう。

贈ってNGな品物は?

お歳暮には相手に贈っては失礼にあたるものがあります。
「知らなかった」「悪気はなかった」とはいえ、受け取った方は気分を害してしまうかもしれません。
特に目上の方に贈るのは避けた方がいいものがありますので、ご紹介しますね。

靴や履物

・・・「相手を踏みつける」という意味がありますので、贈ってはいけません。

下着や靴下

・・・「貧乏な人に恵んであげる」という風に捉えられることがあります。同じように、商品券などの金券も避けた方が良いでしょう。

刃物類とハンカチ

・・・「縁を切る、切りたい」という意味がありますので、これも絶対に贈ってはいけません。

時計や文房具

・・・「勉強をしてください」と捉えられることがあります。一見実用的で良さそうに思えますので気をつけましょう。

センスがいいね!と言われるには

私たちが日頃もらうプレゼントに対して、“センスがいいなぁ”と思うのはどういう時でしょうか。
もちろん、流行り物だったり有名なお店で買った物だったり、という事もあるでしょう。

でも、一番思うのは“これが欲しかった!”という物をもらった時ではないでしょうか?

今まで相場や選び方などについて勉強してきましたが、それを踏まえた上で一番大事なのは、相手がどんな物を欲しがっているか丁寧に考えることなのです。

“あのご家庭は赤ちゃんが産まれたから、バスタオルやおもちゃがいいかな”とか、“あの方は最近ワインにはまってるって言ってたから、新発売のワインにしてみようかな”とか。
相手の受け取った際の様子を想像して品物選びをすれば、きっと喜んでもらえる一品と出会えるはずです。

こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、どうせ予算は一緒なのです(笑)
それならば、相手が喜んでくれる物を贈った方が、自分のイメージにアップにもつながってお得だとは思いませんか?!

今まで“大人のお付き合い”と思って贈ってきた方も、今年からはぜひ相手も自分も嬉しいお歳暮選びをしてくださいね!