今年こそは始めたい!お歳暮の贈り物

お歳暮を贈ろう!

社会に出たり、家族を持ったりすると避けては通れない“大人のお付き合い”。その一つにお歳暮が挙げられるでしょう。

私も、今でこそ自然とお歳暮を贈ることが出来るようになりましたが、初めてのお歳暮は分からない事だらけで、色々聞いたり調べたりしたのを覚えています。

そこで今日は、お歳暮の正しい時期についてお伝えします。うっかり時期を逃してしまった方も必見!その場合の対処法も合わせてお伝えしますね。

時期は?

お歳暮は、年越しの「御霊祭(みたままつり)」で祖先の霊にお供え物をしていた習慣の名残で、その供物を嫁いだ娘や分家の者が本家に持ち寄った事が始まりとされています。

その後、現在のようにお世話になった方へ贈り物をする風習へと変わったようです。こうした年末の贈り物の呼び名が「お歳暮」ですので、時期はそのまま“年の暮れ”という事になりますね。

いつから?いつまで?

元々はお正月を迎える事初めの日、12月13日から贈るなわらしがありましたが、現在では地域差があり、早いところでは11月末頃から、関東地方では12月初旬から、関西地方では変わらず13日から等、多少のバラつきがあるようです。

そして、お届けするのは12月31日までとされているところが殆どですが、何かと慌ただしくなる年の瀬に贈るのは失礼という考えから、12月20日までに届くように贈るのが一般的になっているようですね。

時期が過ぎてしまったら?

もし、うっかり忘れてしまったり、手配の都合上年内にお届けできないと判断した場合には、お正月の松の内(1月6日)までに「お年賀」として贈る方法があります。

時期を過ぎてしまったからといって諦めないで、昨年の感謝の気持ちとともに“今年もよろしくお願いします”という気持ちも込めて、新年の贈り物をすると良いですね。

ただし、この場合は先方に、贈答時期を逸して御歳暮を贈れなかったことをお詫びすると共に、年明けにお年賀として贈る旨を、手紙か電話にて一言伝えておくのがマナーです。

そして、もし、お年賀の時期も逃してしまったら…1月7日から節分にあたる2月3日頃までに「寒中お見舞い」として贈るという方法もあります。
でも、あまり時期を逸してしまうと、先方の気持ちも冷めるものです。出来るだけ良い時期に贈りたいものですね。

お歳暮で感謝の気持ちを伝えよう!

お歳暮のように昔からの風習であるものに対しては、その決まり事やルールの多さから、少し及び腰になってしまうかもしれません。

まして、電話やネットなどがありますから、改めてお歳暮を贈るほどでも…と考える方も多いでしょう。

でも、感謝の言葉って、意外と口に出していないものです。特に実家の両親や近しい友人などには、照れくささもあり、長い事「ありがとう」を伝えていなかったりします。

そんな時、お歳暮を利用してみるのはいかがでしょう。お歳暮なら気恥ずかしさを感じる事なく、感謝の気持ちを伝えられますし、もちろん受け取った側も喜んでくれます。

今年は、堅苦しい事は苦手で…とお歳暮から逃げるのではなく、これをチャンスだと思って、どんどん気持ちをお届けしてみてくださいね!

参考センスがいいね!といわれるお歳暮の選び方







お歳暮を贈ろう!