買った服が似合わない… それ、パーソナルカラーが合ってないのかも!

パーソナルカラー

パーソナルカラーっていったい何なの?

お買い物中、かわいいと思った服を試着したら似合わなかった…だなんて経験ありせんか?

丈が合っていなかった、少し大きかった、小さかった、デザインが合っていなかった、など様々な原因はあります。

しかし、もしかすると原因のうちの一つは「パーソナルカラー」にあったのかもしれません。

パーソナルカラーとは、個人個人に合った色味のことを表しています。

大きく分けて、春夏秋冬の色味で分けられています。

スプリング(春)は淡い色味のパステルカラー、
サマー(夏)はパキッとした色味のビビットカラー、
オータムまたはフォール(秋)はこっくりとした色味のクラシカルカラー、
そして冬は重めのダークカラーです。

自分のパーソナルカラーを知ることで、自分に合ったメイクカラーが選べたり、ファッションの幅が広がったりするわけです。

また、自分にぴったりと合った色なので、周りからも「オシャレさん」に認定されます。

知っているだけで嬉しいことだらけなのがパーソナルカラーなのです。

どうやったら自分の「色」がわかるの?

パーソナルカラーの診断は簡単で、インターネットで無料の自己診断もできます。

自分の肌が白っぽいのか、それとも黄色っぽいのか、瞳の色は黒いか、それとも茶色く見えるかなど、自分の体のパーツを鏡で照らし合わせながら診断できちゃいます。

ここで重要なことが、自然光の下で見ることです。

照明の下では自然体の自分を見ることが難しいため、誤った判断をしてしまいますよ!

日中に鏡で自分と見つめあいながら、自分のパーソナルカラーを診断してみてはいかがでしょうか。

自分でパーソナルカラーを診断できるか不安という方は、お近くの百貨店や個人サロンの人に聞いてみてください。

プロの目から診断してもらえるので、確実に自分に合う色を見つけられます。

自己診断でも、お店での診断でも、自分に合った色を見つけた後は「自分に合わない色」も知っておいてください。

合わない色を知っておくことで、今後お買い物の際にパーソナルカラーが大活躍すること間違いなしです!

Youtubeのこの解説が、とてもわかりやすかったです。

実際に役に立つことあるの?

パーソナルカラーを知っても大して役に立たないかもと疑心暗鬼になっている方にはぜひお化粧品の試用をしに行っていただきたいです。

まず、自分に合う色味を手の甲に乗せます。

次に、合わない色味を反対の手の甲に乗せてください。

どちらの色も、黄色なら黄色同士、緑なら緑同士と、色の系統は揃えてください。

見比べてみると、合う色味の方はお肌になじんでいるのに、合わない色味の方はお肌の方がボヤーッとくすんで見えるのではないでしょうか。
これがパーソナルカラーの威力です!

つまり、合わない色でメイクをしてもきれいになるどころか、どこか野暮ったく、パッとしない印象になってしまうわけです。

服やコスメ、アクセサリーを買うとき、髪を染めるときに自分に合っているかどうかを決める指針の一つになってくれるのがパーソナルカラーです。

知っておいて損になることは絶対にありません!

パーソナルカラーで生まれ変わった自分に…!

パーソナルカラーがわかったことで、以前の自分よりオシャレになった気がするかと思います。

自分の好みのデザインや丈でも、色が合っていないだけで一気にオシャレさんから遠のきます。

私のカラーはオータムなので、クラシカルな色味が合うのですが、一目惚れで買ったアイシャドウの色味はスプリングでした。

テスターせずに買ってしまい、自宅でアイホールにのせてみたら全く似合わずお蔵入りです。

パーソナルカラーの存在を知ったのはその数か月後でした。

もし早く知っていれば、無駄な出費はなかったはずです…。

パーソナルカラーを知っておくことで、自分に合ったオシャレができるだけでなく無駄遣いも抑えられますよ!







パーソナルカラー