落ち着いて。「産後クライシス」って昔からあったことだから。

産後クライシス

「産後クライシス」という言葉が、主にメディアを通して、目にしたり耳にしたりすることが増えました。

大好きな人と結婚し、二人の可愛い赤ちゃんがやってきて、まさに人生最高の幸せを感じているはず…なのに、毎日夫に対してイライラ。

時には離婚の文字がよぎってしまうことも…そんな状態に思い当たる節のある方、もしかしたらそれは産後クライシスかもしれません。

今回は、産後クライシスの原因や対策について紹介します。
夫婦仲の良いうちに対策を練って、産後の苦しみを少しでも回避してくださいね。

「産後クライシス」って?

産後クライシスとは、もともとNHKの情報番組の作った造語で、「出産後2年以内に夫婦間の愛情が急激に冷める現象」をさします。

“出産後に夫への愛情がどんどん薄れ、夫婦関係が悪化してしまう” そんな状態が続くことを産後クライシスと呼ぶのです。

厚生労働省が母子家庭を対象に調査をしたところ、子供の年齢が0歳〜2歳の時に離婚をしたという家庭は、全体の3分の1を占めていたそうです。

この結果からも分かるように、産後クライシスは離婚に発展する可能性を多く含んでいるのですね。

産後クライシスになる原因

夫に父親の自覚がない、育児に消極的

里帰り出産の場合など、なかなか父親の自覚が芽生えないことがあります。

赤ちゃんが泣いていても知らん顔だったり、空いた時間を自分のために使ってしまったり。

そんな夫に対して妻の愛情は、少しずつ、しかし確実に薄れていってしまうのです。

また、ちょっと遊んだだけで「イクメン」を自称し、自分も同じ立場で育児に参加する責任があることを自覚していない夫に対しても、嫌悪感がつのってしまいますよね。

ホルモンバランスの変化

妊娠中や出産後は、ホルモンバランスがどうしても崩れてしまいます。

すると些細なことでイライラしたり悲しくなったり、感情の起伏が激しくなります。

また、赤ちゃんを守ろうとする気持ちが過剰に働いて、他人に攻撃的になることも。

頭では分かっていても感情を止められない時、ありますよね。

ママの育児疲れ

産後の体の回復もままならないうちから、赤ちゃんのお世話は24時間休み無し。

寝不足もあいまって、ママたちのストレスはピークに達しています。

気持ちに余裕がなくなっていますので、出産前なら許せたことでも、どうしても受け入れられない、という経験がある方も多いのではないでしょうか?

産後クライシスへの対処法

手伝ってほしい事を言葉にする

産後クライシスにならないために最も必要なのは、何と言っても旦那さんの協力です。

そこで重要なのは、具体的に指示を出す事。

旦那さんが自発的に動いてくれるのをイライラしながら待つのではなく、「オムツを替えてくれたら助かる!」「ミルクをあげてもらえる?」などとお願いしてみましょう。

男性にとっては、何もしないのではなく何をしていいか分からなかったり、ただ気づかなかっただけ、という事も多いものです。

家族や施設を頼る

育児も家事も一人で抱え込もうとすればするほど、ストレスは大きく膨れてしまいます。

時には実家の両親や子育て支援サービス、家事代行サービスなどを頼って、リフレッシュする時間を作りましょう。

ママの心に余裕が生まれれば、パパへの良いところも沢山見えて、優しく接する事ができるはずです。

他の家庭と比較しない

子煩悩な友達の旦那さんや、世の中のイクメン像と、自分の旦那さんを比較してはいけません。

よその芝生はいつだって青く見えるもの。

そんなことよりも、旦那さんの良いところ・好きになったところを改めて確認するほうが、自身にとってもプラスになりますよ。

自分にあった解決法を探そう

この「産後クライシス」という言葉。最近よく耳にするようになったため数年前から急増した現象、と思いがちですが、実はずっと昔から起こっている現象なのだそうです。

ただ、昔は夫への愛情が薄れてしまっても、結婚した以上は結婚生活を継続させるという世の中の風潮があったため、ほとんどの場合が表面化されなかったようです。

ところが現代では、女性の社会進出に伴い、仕事や結婚、出産、離婚など様々なことを自分で選択することができるようになりました。

そのため、“愛情がなくなった相手と人生を共にする意味はあるのかしら”と考える女性が増えたのです。

今と昔の結婚観の変化が、産後クライシスという問題を浮き彫りにしたのですね。

昔のように夫の家族と同居したり、叔父や叔母など複数の世帯で生活を共にしたり、ということを推奨するわけではありませんが、義両親と同居する私としては、そういった解決法も一つの手なのではないかと思います。

とにかく、産後クライシスの最大の原因は、ママが一人で抱え込むことです。

ご自身にあった解決法で産後クライシスを乗り切ってくださいね。







産後クライシス