札幌の夜景に飛び込んでいく感じ? 「さっぽろばんけいスキー場」 2016-2017情報

さっぽろばんけい

北海道のスキー場として人気の高い「さっぽろばんけいスキー場」。

札幌市中心から約20分で行くことが出来るスキー場として地元スキーヤー・スノーボーダーからも一目置かれているスキー場です。

道外から札幌市街の観光目的で旅行をされる際も、このアクセスの良さから気軽に行くことが出来るスポットとなっています。

今回はそんな「さっぽろばんけいスキー場」の魅力を簡単にご紹介。

スキー場の数が多い北海道で、どこへ行こうか悩まれる方にも必見ですよ~

札幌のど真ん中にあるスキー場

「さっぽろばんけいスキー場」は所在地が札幌市中央区という事もあり、ホテル・食事あらゆるものが充実しています。

途中「札幌大通り」を抜けることになりますが、運が良ければ「札幌雪祭り」が開催している時期と重なり、その楽しさに触れることができます。

またばんけい周辺のみならず、大通りにも多くの観光ホテルが営業しており、後日雪祭りを楽しむといったプランも立てやすいかと思います。

また、ばんけい独自の押さえておきたい素晴らしいポイントとしてよく挙げられるのがナイターです。

ばんけいは中央区というその立地条件の良さから、札幌市街を一望することが可能です。

また営業時間が例年平日は22:00までということもあり、特にナイターではこの眠らない街の光を存分に満喫することが出来、これがばんけいの一番の魅力と言っても過言ではないでしょう。

人気ゆえの難点も・・

「ばんけい」はそのアクセスの良さから旅行客だけではなく、札幌市内のプレーヤーも多く利用されます。

そのため他のスキー場と比較しても圧雪気味で、質が悪いとまでは言いませんが、良くないことの方が多いと言えます。

雪の薄いところはガリガリしがちですし、雪質だけを考えれば他のスキー場で滑りたいかなぁと、特に中級者以上の方は思ってしまうかもしれません。

また、こぢんまりとしたスキー場ではあるため、15種類あるコースの多くが短めに感じるかもしれません。

実際に私も何度か利用させていただいてきましたが「スキー・スノボを楽しむためのスキー場ではないな」と感じました。

しかしこれはスキー・スノボをただ滑るならのお話で、ナイターやゲレンデを駆け上がるレース、コブやモーグルといった普段とは違う雪山の遊びには特化しているスキー場ではあるので、特に友達と一緒に行くのには向いているスキー場であると言えるでしょう。

初心者が多く利用されるスキー場であるため、スクールも多様に用意されています。

ジュニア教室やスキー塾といった子ども向けのコースや、ビジターコースといった大人でも気軽に利用できるものもあります。

オススメはナイターでのビジターコースで、景色を楽しみながらレッスンをしてもらえますので是非チェックしてみて下さい。

確かにレッスンだけの費用を考えればそこそこな値段はしますが、レッスンの費用自体にリフト代も含まれていますので、総合的に見てコストパフォーマンスは悪くないといった感じで、中級者にもオススメではあります。

とにかくアクセス最高!

スキー場の多くは必ずと言っていいほど「アクセスの良さ」を主張しがちですが、「ばんけい」はその中でもトップクラスのアクセスの良さを誇ります。

もし車をお持ちの方であれば、既述の通り市街から30分も掛からずスキー場まで行くことが可能ですし、約1,000台の駐車が可能で、平日は特にスムーズな駐車が可能です。

また仮に車が無い方でも有料のバスがいくつか運行していますので、そちらを利用されると良いでしょう。

道外から旅行で行かれる際はお得なパックが沢山あります。

それぞれ色々なオプションを付けることが可能ですが、これも他のスキー場ではあまり見られない特典ばかりなので要チェックです。

以上、ここまで「さっぽろばんけいスキー場」のオススメポイントをご紹介して参りました。

押さえておきたいのは
「ナイターで夜景を一望できること」
「アクセスがめちゃくちゃ良いこと」の2つです。

気になった方は是非、札幌雪祭りと合わせて計画してみてくださいね!







さっぽろばんけい