2人目の出産。 何を準備すればいい? 上の子はどうする?

二人目の出産

2人目のご懐妊おめでとうございます!

私も二児のママなので、大変さはよくわかります。

一人目の面倒も見なくてはいけませんし、一人目のときのようなまったりとした時間は流れてくれません。

お腹はどんどん大きくなり、思うように動けなくなります。

重ねてつわりや上の子の対応、家事など体はつらくなっていくのにやることは増えるばかりです。

なので、早めに準備できることはやっときましょう!

ここでは、私の経験をもとに準備したほうが良いことを紹介していきたいと思います。

準備はいつからはじめるべき?

妊娠がわかり、安定期に入るくらいで準備開始がいいと思います。

単純に考えてあと4から5か月も準備期間があります。

安定期に入る前に準備もとなると、体に負担がかかりあまりよくありません。

また、上の子への対応も重なってくるため安定期に入ってからの方がよいでしょう。

欲を言うと性別がわかってからの方がよいかもしれません。

なにを買うにしても性別に合わせて色など合わせていくのが多いかと思いますので。

 

必要なものを教えて!

① 消耗品

消耗品

オムツやおしりふき、おむつを捨てる袋、赤ちゃんに使えるせっけんや洗濯洗剤、場合によっては哺乳瓶や消毒関係、ミルクも必要になりますね。

これは、上の子がいてもいなくても必要なものです。

哺乳瓶は生まれてからでないとミルクになるかどうかはわかりませんが、保育園に預ける予定がある方は購入しておいた方が良いでしょう。

② ベビー服

ベビー服

こちらは、性別がわかってからの方がいいかもしれません。

上の子と性別が一緒なら少し買い足すだけでいいかもしれませんが、生まれる季節によっても使える服がなかったりもします。

赤ちゃんの最初の成長は早いものです。

2~3か月で50~80サイズにも急成長します。

季節が変わる前に服のサイズも変わってしまうのでご注意を。

私的には、買い足すときは50~70サイズの服は最低限使う量のみでいいと思います。

各サイズ、5着ほどあれば十分かと思います。

50~60は一緒になっているため、50~70サイズ全部で10着ほどあれば間に合うかと。

私もいっぱい準備をしてしまい、そんなに着ないままサイズアウトなんてこともありました。

色々着せたい気持ちも十分にわかりますが、サイズが落ち着く80まで何を着せようか色々と想像を楽しみながら待ちましょう。

下着は上の子のものがあればそのままで良いかと思います。

あまり使っていないと思いますし、少しの使用感であれば全然問題ありません。

性別が違う場合、全部買いなおすことも検討すると思います。

しかし、それでは、お金がいくらあっても足りません。

小さいうちは性別の区別がつきませんし、そのまま少しの間着せるのもありでしょう。

ですが、違和感がある方は小道具で性別の差をつけましょう。

帽子、靴下やアウターなど目に見えるところで色を変えてみましょう。

③ バウンサーやベビーベッド

ベビーベッド

こちらは一人目のときに買っている場合は購入する必要はありません。

購入していなかった場合、あった方が良いかもしれません。

わたしも一人目では必要なく買っていませんでした。

ですが、上に子供がいると家の中を跳んだり走ったり、おもちゃで周りを気にせず遊んだりします。

注意しても聞くような歳ではありません。

布団にそのまま寝かせておくには少し心配な要素があります。

ケガをする前にバウンサーやベビーベッドで高さを出しておくと良いでしょう。

上の子が踏んでしまうことはなくなります。

事故の確率がぐんと減ります。未然に防ぐことができるものは防いでいきましょう。

 

上の子はどうしよう?

出産の際の入院中に上の子を預かってくれる場所や家で面倒を見てくれる人の確保が必要です。

いつ出産になるかわからないので早めに検討しておくのが良いでしょう。

上の子が保育園に通っている場合、土曜日も預かってくれるよう事前にいっておきましょう。

いきなりですと断られることもないとは言えません。

さらに、日曜日、保育園はたいていお休みです。

家で見てくれる方や他に預かってくれる施設を探しておきましょう。

 

上の子が手伝ってくれるようになれば、喜びも2倍!

二人目の出産は勝手がわかっている分楽かと思いきや上の子がいる分、何倍も大変さが増します。

私の場合、上の子が2歳の時に産んだので大変でした。

上の子のいやいや期と重なり、それはもう毎日がスポーツをしているかのようにバタバタしていました。

ですが、二カ月がたった今は、多少のいやいやはあるものの、弟の面倒を見てくれるようになり、それが自分でも嬉しいみたいです。

鈴の入った人形を振ってあげたり、何か話しかけていたりと最近では助かっている部分もあります。

お兄ちゃんという自覚がめばえてきたのでしょうか。

ですから、これから出産する方も最初は大変かもしれません。

ですが、そのうち上の子も育児を手伝ってくれるようになり助かりますよ。

二人の子どもとの幸せな時間を忙しさでかみしめながら楽しみましょう。

旦那さんも手伝ってくれるといいですね!







二人目の出産