2017 勢至公園から南極公園へ、花見のはしごが最高に贅沢!

勢至公園の桜

秋田県内で一番早く開花する桜の名所、秋田県にかほ市の勢至(せいし)公園。

28平方メートルの円ん愛では観音潟と竹島潟の周辺に一斉に桜が咲きます。

「新観光秋田30景」にも選ばれているこの公園の桜は、日露戦争からの生還者が凱旋記念で植えたことが始まりです。

早めに春の息吹を感じに行きませんか?

開花予想

今年の桜の開花予想は、今の所平年並みかやや遅めとなっているようです。

2015年は4/5に、2016年には4/6に開花宣言されています。

これは平年より10日ほど早かったのですが、今年は4月中旬に咲く見込みです。

 

満開の時期・見頃

例年の見頃は4月中旬〜4月下旬です。

毎年観桜会の期間中には約5万人の人が訪れます。

ライトアップは日没~21:00の間。

美しく浮かび上がる夜桜が楽しめます。

盛りの頃には特別ライトアップもありますので要チェック!

 

桜の種類・見どころ

ふたつの沼の周囲に約1000本のソメイヨシノが咲き誇ります。

観音潟周辺を取り囲む約1kmの桜並木は歩いていると観世音菩薩像が登場します。

公園一帯に「金浦西国三十三観世音菩薩」として、あちらこちらに観音様がいらっしゃるようです。

竹島潟の中央に浮かぶ島は「大蛇伝説」が残る“禁断の島”でしたが、今では立ち入り可能になっていますので、島から周囲の桜を眺めるのも一興ですね。

なんといってもこの公園の桜の見どころは、桜と鳥海山、静かな水をたたえた二つの沼とのコラボレーションです。

特にまだ雪の残る鳥海山をバックに花びらが舞う様子は、東北の春を感じさせてくれる絶景。

ウォーキングコースがありますので、桜を見ながら軽い運動なども良いですね。

公園内には「聖徳太子碑」や「タブ林(自生林)」などもあり、歩いているだけで楽しめますよ。

出店ではB級グルメとして有名になった「本荘ハムフライ」も販売しています。

本荘ハムフライには厳しい認定条件があり、必須の項目として、「プレスハム(チョップドハム・豚肉100%)を小麦粉、卵、パン粉をつけフライにしたもの、と決まっています。

また、揚げ油にラードが入っているのが好ましいともされています。

昔懐かしの昭和の食卓を彩った味を、一度体験してみるのも良さそうですね。

昨年の「勢至公園観桜会」の開催は4/10〜4/24でした。

今年もそのあたりに開催になりそうです。

 

アクセス情報

JR金浦駅 ”写真:townphoto.net

電車の場合、JR金浦(このうら)駅にて下車、徒歩約5分です。

車の場合、日本海東北道にかほICから約10分。

駐車場は近隣に無料のものが300台ぶんあります。

 

周辺の観光情報

お花見のついでに、「にかほ市金浦物産センター」に立ち寄ってみるのはいかがでしょう。

新鮮な地魚や貝類が手に入り、下処理もしてくれます。

隣接した飲食店ではその魚介類を使用した日替わり定食が食べられますよ。

所在地:にかほ市下谷地79-2(国道7号線沿い)
営業時間:8:30~16:00毎週水曜日定休
電話:0184-38-2366

ちょっと疲れたら、そのお隣の「温泉保養センター はまなす」でひとっ風呂浴びるのも手。

朝の7::00から21:00まで営業しているので、徹夜でドライブしてきた疲れも癒してくれます。

入浴料は300円とリーズナブル。

露天風呂やサウナ、打たせ湯などなどどれから入るか迷ってしまうほどです。

営業:7:00~21:00
所在地 :〒018-0311秋田県にかほ市金浦中谷地20-1
電話:0184-38-2246
交通アクセス:JR羽越本線 金浦駅からタクシーで5分

金浦駅周辺のグルメでは「小池菓子舗」というお菓子屋さんのシュークリームがおすすめです。

窯出しシューはフレッシュバターやジャージー牛乳を使用しており、なめらかなクリームに力強さを感じる風味です。

注文を受けてからシュー皮にクリームをつめるので、ふにゃっとならず口当たりがいいです。

そして面白いのが「たこ焼きシュークリーム」。

なんとまんまるのプチシューが6個、本物のたこ焼きのようにパックに入って売られているのです。

どうみても本物のマヨネーズと鰹節がかかっているように見えますが、鰹節は削ったチョコレート、マヨネーズはホワイトチョコクリームなのです。

また、「あんごま餅」も美味しいです。

一口大の餅の上に、あんこがたっぷり。

その上にごまがたくさんのっています。

関連ランキング:ケーキ | 金浦駅

にかほ市には、日本人で初めて南極探検に挑んだ白瀬矗(しらせのぶ)の出身地であることから「白瀬南極探検隊記念館」が建立されています。

白瀬南極探検隊記念館

オーロラの実写映像や、南極ができるまでのCG映像などを楽しめますよ。

周辺は「南極公園」として整備されており、白瀬が南極探検の時に乗っていた船、「開南丸」の実物大の遊具などもあります。

お子様連れでも楽しめますね。

入館料は大人300円、小中学生以下は200円です。

休館日は毎週月曜日。

休日に当たる場合はその翌日の火曜日がお休みになります。

桜の季節は9:00〜17:00まで開館していますので、ちょっとした冒険心を満たすのも良いですね。

山形方面から車で来られた方は、「道の駅象潟 ねむの丘」に立ち寄ってみてください。

特産品やお土産が手に入るだけでなく、2階のレストラン「眺海」では山の幸、海の幸をふんだんに使った料理が楽しめます。

レストランの名前を冠した「眺海丼」は1944円。

ちょっと豪華な海鮮丼です。

お肉派の人は「秋田百合牛カレー」が950円で味わえます。

お子様ランチもお子様ラーメンもありますよ。

白濁スープに唐辛子の麺を使用した「夕陽ラーメン」もおすすめです。

こちらは810円です。

「道の駅象潟 ねむの丘」の展望塔からの日本海と鳥海山の眺望は最高ですよ!

いかがでしたか? 

にかほ市は日本海と鳥海山に抱かれた風光明媚なまちです。

この豊かでちょっとユニークなまちに、今年の春は桜をダシにしてでかけてみましょう!







勢至公園の桜